*

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカとギター弾き」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカとギター弾き」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka

Blanka
監督:長谷井宏紀
出演:Cydel Gabutero, Peter Millari etc

評価:85点

日本勢少なすぎてマスコミから無視されている
ヴェネチア映画祭。本祭唯一の日本勢、
写真家の長谷井宏紀監督作品「Blanka」
観てきました。オリゾンティ部門ではなく、
学生コンペに出品なんですね~

イタリア資本、フィリピンロケ

日本映画の悪いところ…それは
海外ロケをすると駄作に
なる点だ。

スタッフが観光したかっただけだろー
と思わせる「おのぼりさんショット」が多すぎるのだ。

しかし、この「Blanka」はイタリア資本による合作で、
フィリピンロケ。全編フィリピン語にも
関わらず、邦画臭さをゼロにした作品なのだ!

フィリピン・マニラのスラム街で、
物乞いや泥棒をして暮らす少女マニラが
ある日盲目のギター弾き老人からお金を盗もうとしたら、
老人と心を通わせるようになり、3万フィリピン・ペソ
(日本円で1万ちょい)で買える「お母さん」を
目指して稼業する話。

意地悪なことを言うと、海外では
「メトロ・マニラ 世界で最も危険な街」
「アクト・オブ・キリング」のように
外国人が別の国で映画を撮るのは
珍しくない以上、スタートラインに
立ったに過ぎない。しかも、この手の映画は
いかにシリアスに描くかが重要なのだが、
この作品はちょっと甘口。そんなにマニラ
甘いもんじゃないよと言いたくなるが「学生コンペ」
に出品していることを考えると
十分グランプリは見込める作品だ
ソッリーゾ・ディベルソ賞受賞
※ 孤立した個人を社会が受け入れることの大切さを描いた映画と監督に贈られる賞

ってか、こんな作品を日本人が、しかも初監督作で
撮っていること自体日本人のブンブンから観て5億点だ!

ストーリー自体は直球勝負。
悪い女の子(しょうがないんだけれどね…)と老人の出会い。
心を通わせ、互いにないものを補い合い愚直に生きていく。
でも、理不尽な出来事が二人をむち打ち修羅場を迎える。

少女Blankaの「はだしのゲン」張りの力強さが
ドキュメンタリータッチと調和し、
リアリティを生んでいる。
また、盲目老人の優しい顔が頭に焼き付きます。

下手に飾らない演出に、
子どもならではのお茶目なやりとりを挟んで
本当に初監督作?と思ってしまうほどにブンブンの
心を鷲掴みにする作品だ!

監督の長谷井宏紀は写真家とのこと。
低迷気味の日本映画界も別の局面から
打破できそうでブンブン嬉しい1本でした(*^_^*)
9/11(日本時間)まで
FESTIVAL SCOPEで鑑賞可能だぞ~

2017/4/21更新:日本公開決定

2017年夏より、シネスイッチ銀座他にて公開が決まりました。

FESTIVAL SCOPE使い方
ポーランド映画「Baby Bump」レビュー
ボクシング×ダンスのスポ根映画「The Fits」レビュー

関連記事

地球の急ぎ方~北欧編:魔女の宅急便の舞台!ガムラスタンへ行ってみた なんとノーベル博物館もあるぞ~

北欧卒業旅行記: ガムラスタン(GAMLA STAN) 先日、卒業旅行で スウェーデン・ス

続きを読む

“Ç”ハイテクに飼われた時代に…「ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界」

ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界(MEN,WOMEN&CHILDREN) 監督:ジ

続きを読む

【ネタバレなし】「バンコクナイツ」空族快進撃!「サウダーヂ」アジア編!

バンコクナイツ(2017) BANGKOK NITES(2017) 監督:富田克也 出演:

続きを読む

“Ç”「21グラム」 「レヴェナント」のイニャリトゥ作品を観よう!

21グラム(2003) 21g(2003) 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『フェイ・グリム』こんな続編誰も予想つかないw

フェイ・グリム(2006) FAY GRIM(2006) 監督:ハル・ハートリー 出演:パ

続きを読む

“Ç”ディカプリオの、ぬぁああああああ!「レヴェナント 蘇えりし者」

レヴェナント 蘇えりし者(2015) THE REVENANT(2015) 監督:アレハンド

続きを読む

“Ç”カンヌを制した黒沢ワールドはいかに?「岸辺の旅」

岸辺の旅(JOURNEY TO THE SHORE) 監督:黒沢清 出演:深津絵里、浅野忠信

続きを読む

“Ç”【解説】「光りの墓」公開記念アピチャッポン幻の作品日本上陸「世紀の光」

世紀の光(2006) Syndromes and a Century 監督:アピチャッポン・

続きを読む

“Ç”【トークショー】24時間テレビや祭を蹴った者たちの「ムカデ人間3」ファンイベント

ムカデ人間3 The Human Centipede 3 (FINAL SEQUENCE)

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「ファインディング・ドリー」重度の認知症への神対応を観る

ファインディング・ドリー(2016) FINDING DORY(2016) 監督:アンドリュ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑