*

【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ

【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ

アブラハム渓谷(1993)
Vale Abraão(1993)


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:レオノール・シルヴェイラ、
ルイス・ミゲル・シントラetc

評価:65点

「映画遠足」2本目は、
オリヴェイラの代表作として
有名な「アブラハム渓谷」。
DVDは現在絶版となってしまい、
Amazonでも2万円を超える
プレミア価値
がついている
作品である。
(輸入を試みようと思っても
4万を超えるのでマジで
レアもんですw)

188分とオリヴェイラ最長(?)
の作品時間、渾身の作品
なので、目をかっぴらいて
観ましたw
※川崎市市民ミュージアムで
9/19(月・祝)14:00より
また上映するようです。

「アブラハム渓谷」あらすじ

フローベルの「ボヴァリー夫人」
もとに、ポルトガルの文学巨匠
アグスティナ・ベッサ=ルイスが
アレンジしたものを映画化!

14歳のあどけない少女エマ。
彼女がやがて成長し医者と結婚するのだが、
夫は多忙でなかなか家にいないので
寂しくなり、様々な男に溺れる
ようになる…

危険過ぎるナレーション

映画にとって、ナレーションや
独白のシーンは危険だったりする。

特に本作は、フローベルの
「ボヴァリー夫人」を意識しているので、
下手すると「小説やん!」と突っ込まれ
兼ねない。

しかし、本作はあえてナレーション
全開で描かれる。

しきりに、物語の世界観を
ナレーターが逐一説明。

そのナレーションを
追うように物語は進むのだ!

最初は、「この作品ヤバイんじゃないの?
小説やん!」と思っていたブンブンですが、
これが3時間もたつと
オリヴェイラ特有の
土地の歴史、ないし一人の女の
歴史の重さを担わせる演出
なんだなと妙に納得し、
まるで熟成されたワインを
嗜むがごとく味わい深い
作品と変貌を遂げました。

エマが美しい

本作の主人公エマの演出が
美しいからこそ本作は
成り立っていると言えよう。
セシル・サンス・デ・アルバ扮する
14歳のエマは、大人を軽蔑している
無知な少女である。

潔白を象徴する白い衣裳に
「着させられている」彼女の、
潔白の裏ににじみ出る
ニヒルさ表現が本当に
上手い。

そして、そんな彼女が
年を経ると
「クレーヴの奥方」や
「ブロンド少女は過激に美しく」など
オリヴェイラ作品には欠かせない女優
レオノール・シルヴェイラ
演じるわけだが、
「大人の女性」へとしっかり
変わっているのだ。

「愛」に対する無知さは
そのままに少女から女へと
変貌を遂げていくエマという
女。軽蔑が限りなく透明に近い
ブルーになっていく様子は観ていて
心地がいい。

また、エマが産む子供が、これまた
14歳のエマのように「軽蔑」を隠そうとして
隠しきれてないところが
これまた素敵である。

そんな彼女を、モネや
ルノワールの印象派絵画
を彷彿
させる光と自然の構図に
すっぽり嵌まったら、
それこそ究極の美といえよう。

ただ…ストーリーは…

ただ、あまりに情報量が多かったので、
ブンブン、ストーリーを追うのに
必至でした。

特にブンブンの世代は、
生まれた頃からパソコンがあり、
中学時代にはスマホがあった
世代であるが故に、
エマのデカダンスっぷりには
理解しがたいものを感じた。

今の時代、スマホやパソコン、
テレビで簡単に「愛」や「性」を
しれてしまう為、エマの一生
「愛」の哲学を築けない描写は
分かろうとしても非常に
困難でした。

なので、また20年後ぐらいに
本作と再会して再考していきたいな
と思ったブンブンでした。

トリビア:ナレーターは…

「映画遠足」の呑みで、
オリヴェイラ通の方が教えてくれたのだが、
この作品のナレーターは撮影の
マリオ・バローゾ
とのこと。

オリヴェイラに「じゃあ、お前ナレーターな」
と指名されたとのこと。
全くの演技素人、ナレーター素人
が担当しているだけに、
これまた味わい深いものと
なっていました。

ロケ地に行こう!

本作や「アンジェリカの微笑み」の
ロケ地になったドウロ川渓谷。

この地域は「アルト・ドウロの
ワイン生産地域」
として
世界遺産登録
(2001年:文化遺産)
されています。

登録基準は
(ⅲ)現存するか消滅しているかにかかわらず、
ある文化的伝統又は文明の存在を伝承する
物証として無二の存在(少なくとも希有な存在)である。

(ⅳ)歴史上の重要な段階を物語る建築物、
その集合体、科学技術の集合体、
あるいは景観を代表する顕著な見本である。

(ⅴ)あるひとつの文化(または複数の文化)を
特徴づけるような伝統的居住形態若しくは
陸上・海上の土地利用形態を代表する
顕著な見本である。
又は、人類と環境とのふれあいを
代表する顕著な見本である
(特に不可逆的な変化によりその存続が危ぶまれているもの)

の3つです。

この地域は2000年の歴史を持つ
ポートワイン生産地で、登録範囲は
実に2,500平方キロメートル
(佐賀県より少し大きいぐらい)。

「アブラハム渓谷」に出てきた
階段状のブドウ畑を始め、
伝統的なワイン製造の文化が
チャペルや道路など
住民の生活と融合を果たしている。

そんなドウロ川に行ってみたい!
と思った方!
残念ながら日本のポルトガル
ツアーではあまり組み込まれていない
ので自力で予定を組む必要があります。

海外のツアー予約サイトVELTRAに
によると、ポルトから1日観光
ツアーが出ているので、
ポルトに3日ぐらい滞在し、
その間でツアーを組むのが
一番行きやすい方法だと
思われます。

大体、1万3000円ぐらいで行けますので、
ポルトガルに来た際は
是非行ってみてはどうでしょうか?

関連記事

“Ç”映画ファンの集い試写会①「白鯨との闘い」THE船酔いムービー

白鯨との闘い 監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース、ベン・ウィショーetc

続きを読む

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」:そのポケモンマスター凶暴につき

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016) Fantastic Beasts and

続きを読む

“Ç”やくざ、三つ星シェフ目指す「二ツ星の料理人」ブラッドリークーパー、病み役多しw

二ツ星の料理人(2015) BURNT(2015) 監督:ジョン・ウェルズ 出演:ブラッドリー・ク

続きを読む

“Ç”ジミヘンの知られざる半生「JIMI:栄光への軌跡」

JIMI:栄光への軌跡(JIMI:ALL IS MY SIDE) 監督:ジョン・リドリー 出

続きを読む

【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想

ジャスティン・ティンバーレイク+ ザ・テネシー・キッズ(2016) JUSTIN TIMBERL

続きを読む

フランス映画「美しき諍い女(1991)」

監督:ジャック・リヴェット 出演:ミシェル・ピコリ、エマニュエル・ベアールetc

続きを読む

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter 監督:アフィア・ナサニエル

続きを読む

“Ç”竹内力現る「ターナー、光に愛を求めて」

「MR.TURNER」 監督:マイク・リー 出演:ティモシー・スポール、 ドロシー・アトキ

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~スロベニア上陸作戦編 前編:ザグレブからポストイナへ~

午前3:30ブンブンの戦いが始まった。というのも今日はクロアチアから隣国スロベニアへ逃亡し、ポストイ

続きを読む

制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

ブンブンの留学先での帰国レポート テーマは「映画館学」。 やたらと高い日本の映画料金

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【日本未公開】『サマ ZAMA』帰りたい、帰れない、、、単身赴任男の苦悩

サマ(2017) ZAMA 監督:Lucrecia Marte

『スカイスクレイパー』ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

スカイスクレイパー(2018) Skyscraper 監督:ロ

【ネタバレ】『若おかみは小学生!』一歩違えばガチホラー!脚本家・吉田玲子またしても快進撃

若おかみは小学生!(2018) 監督:高坂希太郎 出演:小林星

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あや

地球の急ぎ方〜うさぎしんぼる展2018に行ってきた〜

うさぎしんぼる展2018 先日、『3D彼女リアルガール』を観にい

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑