*

カイエ・ドゥ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・ドゥ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・ドゥ・シネマ2016発表

フランスの老舗映画誌
カイエ・ドゥ・シネマが今年の
ベストテンを発表した。
カイエ・ドゥ・シネマのベストテンは
キネマ旬報や日本の映画評論家の
出すベストテンとは違い、
積極的にゲテモノや後のカルトが
ランクインすることが多く面白い。
あの「スプリング・ブレイカーズ」を
入れたこともあるぐらいビザールな
ベストテンが期待できる。

今年は10本中8本がカンヌ国際
映画祭で上映された作品と、
異例なほどカンヌものに
傾倒している。
それでは1位からみて行きましょう!

1位:ありがとう、トニ・エルドマン
(TONI ERDMANN)

監督:マーレン・アデ
出演:Peter Simonischek,
Sandra Hüller etc

惜しくもカンヌ国際映画祭
主要部門を無冠で終えるものの、
批評家の推しが半端ない作品。
異国で暮らす女性の前に父が
現れて邪魔をする3時間の
老害ブラックコメディーだ!
日本での配給は決まっているので、
早ければ来年の6月ぐらいに
観られると思われます。

2位:エル(ELLE)

監督:ポール・ヴァーホーベン
出演:イザベル・ユペール、
Laurent Lafitte etc

今年のカイエは、カンヌで無冠だった
ゲテモノを推す傾向がある。
ヴァーホーベンのゲテモノも
その一つだ。
強盗にレイプされた女の
心情変化を描いたブラックコメディーは
なんとアカデミー賞外国語映画賞カナダ
代表にも選ばれる熱量。
賞とは無縁なあらすじなのに、
何故評価されるのか気になるところだ。

3位:ネオンデーモン(THE NEON DEMON)

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング、
カール・グルスマンetc

ニコラス・ウィンディング・レフンの
フェチズム全開な作品。
観た人曰く、ストーリーはないに
等しく、とにかくフェティッシュな
映像に痺れるそうだ。
日本公開は2017年1月13日。

4位:アクエリアス(Aquarius)

監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ
出演:ソニア・ブラガ、
メイヴ・ジンキングス、
イランジール・サントスetc

これまたカンヌで無冠の作品。
立ち退きを迫られた老婆と
建設会社の明るく、でもねっとりと
陰湿な攻防戦に引き込まれる。
カッコイイラストに注目。
日本公開は未定。

5位:Ma Loute

監督:ブルーノ・デュモン
出演:ファブリス・ルッチーニ、
ジュリエット・ビノシュ、
ヴァレリア・ブルーニetc

「プティ・カンカン」の成功に味を占めた
ブルーノ・デュモンがまたも挑戦する
デヴィッド・リンチっぽい寓話。
貧富、観光客と現地民の対立
軋轢をシニカルに、滑稽に
描いた作品。
日本ではアンスティチュ・フランセで
上映するか否かなので、
観たい人はよく動向を監視する必要がある。

6位:ジュリエッタ(Julieta)

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:エマ・スアレス、
アドリアーナ・ウガルテetc

賛否両論が極端に分かれているらしい
ペドロ・アルモドバル作品。
12年前に失踪した娘に会おうと
過去に向き合うという内容だが、
シンプルでストレートすぎる愛
表現に、分からない人は全然
理解できないのだそう。

7位:垂直のまま(Rester Vertical)

監督:アラン・ギロディー
出演:Damien Bonnard,
India Hair etc

日本でも特集上映を組んだ方が良いほど、
フランスの批評家はアラン・ギロディー監督
大好きである。
羊飼いと男のビザールな恋愛ものです。

8位:ジャングルの掟(La Loi de la jungle)

監督:Antonin Peretjatko
出演:Vincent Macaigne,
Vimala Pons etc

ガイアナのスキー場で事故が起き、
負の連鎖が起きる有様を描いた
コメディー。
カイエ・ドゥ・シネマのベストテンは
時折、えっつコレが?という
タイプのコメディーを選ばれることがあります。

9位:キャロル(Carol)

監督:トッド・ヘインズ
出演:ケイト・ブランシェット、
ルーニー・マーラetc

「太陽がいっぱい」のハイスミスが
書いた、レズビアン小説の傑作の映画化。
とにかく、ケイト・ブランシェットと
ルーニー・マーラーの目や仕草で
表現する「愛」描写がすさまじい作品だ。

10位:夢が作られる森
(Le bois dont les rêves sont faits)

監督:クレール・シモン
パリの都市生活から離れ、
ヴァンセンヌの森で
静かに暮らす富めるフランス人や
貧しいフランス人、移民やゲイなどを
インタビューしたドキュメンタリー。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

第37回ラジー賞 結果速報 「バットマンVSスーパーマン」とヒラリードキュメンタリーが最多4部門受賞

第37回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察

『シェイプ・オブ・ウォーター』を考察 昨日、東京国際映画祭で観たギレルモ・デル・トロ監督作にし

続きを読む

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017) 英題:Let the Sunshine In 原題

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「The Shape of Water(水の形)」オタクの鏡ギレルモ・デル・トロが受賞!第74回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第74回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 今年のベネチア国際映画祭は、東京国際映画祭の作品選定

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録6「あなた自身とあなたのこと」初ホン・サンスは「君の名は。」だった…

あなた自身とあなたのこと(2016) Yourself and Yours(2016) 監督

続きを読む

【速報】第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルムドールは「THE SQUARE(広場)」スウェーデンのゲテモノ映画

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:THE SQUARE (リューベン・オストルンド)

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~脚本・脚色賞~「スポットライト」&「マネー・ショート」

脚本賞 ・マット・チャーマン&コーエン兄弟「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・ジョナサン・ヘルマン

続きを読む

“Ç”明日!第87回アカデミー賞受賞発表! ブンブンの予想MATOME

アカデミー賞発表間際! ついに明日2/23(月)の9時からアカデミー賞 授賞式が始まりますね~

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞予想作品賞&監督賞 「スポットライト 世紀のスクープ」vs「マッド・マックス」

作品賞ノミネート一覧 ・「マネー・ショート華麗なる大逆転」 2016/3/4(金)公開 ・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER204

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑