*

カイエ・ドゥ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・ドゥ・シネマ ベストテン2016発表!1位は「トニ・エルドマン(TONI ERDMANN)」

カイエ・ドゥ・シネマ2016発表

フランスの老舗映画誌
カイエ・ドゥ・シネマが今年の
ベストテンを発表した。
カイエ・ドゥ・シネマのベストテンは
キネマ旬報や日本の映画評論家の
出すベストテンとは違い、
積極的にゲテモノや後のカルトが
ランクインすることが多く面白い。
あの「スプリング・ブレイカーズ」を
入れたこともあるぐらいビザールな
ベストテンが期待できる。

今年は10本中8本がカンヌ国際
映画祭で上映された作品と、
異例なほどカンヌものに
傾倒している。
それでは1位からみて行きましょう!

1位:トニ・エルドマン
(TONI ERDMANN)

監督:マーレン・アデ
出演:Peter Simonischek,
Sandra Hüller etc

惜しくもカンヌ国際映画祭
主要部門を無冠で終えるものの、
批評家の推しが半端ない作品。
異国で暮らす女性の前に父が
現れて邪魔をする3時間の
老害ブラックコメディーだ!
日本での配給は決まっているので、
早ければ来年の6月ぐらいに
観られると思われます。

2位:エル(ELLE)

監督:ポール・ヴァーホーベン
出演:イザベル・ユペール、
Laurent Lafitte etc

今年のカイエは、カンヌで無冠だった
ゲテモノを推す傾向がある。
ヴァーホーベンのゲテモノも
その一つだ。
強盗にレイプされた女の
心情変化を描いたブラックコメディーは
なんとアカデミー賞外国語映画賞カナダ
代表にも選ばれる熱量。
賞とは無縁なあらすじなのに、
何故評価されるのか気になるところだ。

3位:ネオンデーモン(THE NEON DEMON)

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング、
カール・グルスマンetc

ニコラス・ウィンディング・レフンの
フェチズム全開な作品。
観た人曰く、ストーリーはないに
等しく、とにかくフェティッシュな
映像に痺れるそうだ。
日本公開は2017年1月13日。

4位:アクエリアス(Aquarius)

監督:クレベール・メンドンサ・フィリオ
出演:ソニア・ブラガ、
メイヴ・ジンキングス、
イランジール・サントスetc

これまたカンヌで無冠の作品。
立ち退きを迫られた老婆と
建設会社の明るく、でもねっとりと
陰湿な攻防戦に引き込まれる。
カッコイイラストに注目。
日本公開は未定。

5位:Ma Loute

監督:ブルーノ・デュモン
出演:ファブリス・ルッチーニ、
ジュリエット・ビノシュ、
ヴァレリア・ブルーニetc

「プティ・カンカン」の成功に味を占めた
ブルーノ・デュモンがまたも挑戦する
デヴィッド・リンチっぽい寓話。
貧富、観光客と現地民の対立
軋轢をシニカルに、滑稽に
描いた作品。
日本ではアンスティチュ・フランセで
上映するか否かなので、
観たい人はよく動向を監視する必要がある。

6位:ジュリエッタ

監督:ペドロ・アルモドバル
出演:エマ・スアレス、
アドリアーナ・ウガルテetc

賛否両論が極端に分かれているらしい
ペドロ・アルモドバル作品。
12年前に失踪した娘に会おうと
過去に向き合うという内容だが、
シンプルでストレートすぎる愛
表現に、分からない人は全然
理解できないのだそう。

7位:Rester Vertical

監督:アラン・ギロディー
出演:Damien Bonnard,
India Hair etc

日本でも特集上映を組んだ方が良いほど、
フランスの批評家はアラン・ギロディー監督
大好きである。
羊飼いと男のビザールな恋愛ものです。

8位:La Loi de la jungle

監督:Antonin Peretjatko
出演:Vincent Macaigne,
Vimala Pons etc

ガイアナのスキー場で事故が起き、
負の連鎖が起きる有様を描いた
コメディー。
カイエ・ドゥ・シネマのベストテンは
時折、えっつコレが?という
タイプのコメディーを選ばれることがあります。

9位:キャロル(Carol)

監督:トッド・ヘインズ
出演:ケイト・ブランシェット、
ルーニー・マーラetc

「太陽がいっぱい」のハイスミスが
書いた、レズビアン小説の傑作の映画化。
とにかく、ケイト・ブランシェットと
ルーニー・マーラーの目や仕草で
表現する「愛」描写がすさまじい作品だ。

10位:Le bois dont
les rêves sont faits

監督:クレール・シモン
パリの都市生活から離れ、
ヴァンセンヌの森で
静かに暮らす富めるフランス人や
貧しいフランス人、移民やゲイなどを
インタビューしたドキュメンタリー。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【第29回東京国際映画祭】10/15(土)チケット争奪戦開始TIFFで観るべき作品15選!

第29回東京国際映画祭 10/25~11/3開催! 今年も東京国際映画祭の シーズンがやっ

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって? よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何? って訊かれる。 実は両

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家邦画部門~

1.鴛鴦歌合戦 学校の映画の授業で先生が「笑えるけど泣ける」と絶賛していた。 タイトルは厳つ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録2「メコン大作戦」撮影日数7日!?もはや香港・中国アクションはハリウッドを超えている!!

メコン大作戦(2016) Operation Mekong(2016) 監督:ダンテ・ラム

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録12「アクエリアス」ただの立ち退きバトル映画ではありません!

アクエリアス(2016) AQUARIUS(2016) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリ

続きを読む

“Ç”トーキョーノーザンライツフェスティバル2月開催、ブンブンのオススメは「ビートルズ」!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2016来月開幕 来月2/6(土)~2/12(金)に渋谷ユー

続きを読む

【ネタバレ】「湯を沸かすほどの熱い愛」シネフィル大絶賛なところに苦言を申す!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016) 監督:中野量太 出演:宮沢りえ、オダギリジョー、杉咲花e

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑