*

“Ç”映画ファンの集い試写会③「キャロル」ルーニー・マーラの目ヂカラに刮目せよ

“Ç”映画ファンの集い試写会③「キャロル」ルーニー・マーラの目ヂカラに刮目せよ

キャロル(2015)
CAROL(2015)


監督:トッド・ヘインズ
出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラetc

評価:80点

昨日、映画ファンの集い主催の
試写会でアカデミー賞6部門
(主演女優・助演女優・脚色・撮影・衣裳・作曲)
にノミネートされている「キャロル」を
観ました。

あの「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」
原作者パトリシア・ハイスミスが自身の
体験を基にしたレズビアン小説の
映画化である。

「ベルベット・ゴールドマイン」や
「アイム・ノット・ゼア」のトッド・ヘインズ

1950年代の作品のテクニカラー、徹底的に作り込む
絵面を再現して挑んだ本作果たして…

「キャロル」のあらすじ

貧しくクリスマスシーズン、デパートの
売り子をしている女性テレーズ。
そんな彼女の前に現れた美しい
富豪の女キャロルに一目惚れしてしまう。
キャロルがデパートに忘れてきた
手袋をテレーズが届けたことから
意気投合。ドンドン仲良くなり、
ラブラブになるのだが…

ルーニー・マーラの目ヂカラに刮目せよ!

「キャロル」のレトロ感溢れる
映像には誰もが感動するであろう。
太陽光の質感や黄色、赤の使い分けが
非常に美しい。

しかし、本作が凄いところは
そこにはない。
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラー
の演技にある。全く映像演出に頼らず、
原作のキャラクターを忠実に演じており
全く違和感がないのだ。

ケイト・ブランシェット
重厚で高級感のあるボイスで話し、
原作にあったデカダンスな匂いまで
放っている。あまりにも迫力のある
演技で開始数分、あれっ?ルーニー
演技負けしているのではと思うのだが、
それは直ぐさま間違っていることに気づく。

ルーニー・マーラは「ドラゴン・タトゥーの女」
を演じたとは思えないほどの華奢さを
魅せる一方、チョー鋭い目線を
ケイト・ブランシェット扮するキャロルに
投げつける。

時間が止まったかのような、一目惚れする
ルーニーの熱い視線。あんなに迫力ある
ケイトを凌駕します。

今回のアカデミー賞の主演女優賞は
「ルーム」のブリー・ラーソン
一択決定らしいので流石の
ケイトさん勝てそうにないが、
助演女優賞候補の
ルーニー・マーラ(あの…主演の間違いでは?)
は対抗馬であるアリシア・
ヴィキャンデルに勝てそうだ。

確かにアリシア・ヴィキャンデルは
「リリーのすべて」という話題作に出ており、
「エクス・マキナ」のロボット役の
演技がメチャクチャ上手い。
合わせ技を使ってくるので強敵で
あるが、あそこまでの忠実な
原作再現、映画を支配しかねない
キャロルというキャラクターに
負けない演技は評価すべきである、
注目すべきである。

原作は読んだ方がいいの?

キャロル
河出文庫から翻訳版出ているのだが、
物語を楽しみたいのであれば、
読んではいけません。
ほとんど原作通りです。

とはいえ、読んでしまった人でも
納得のいく映像化である。
原作読了のブンブンから言わせると、
確かに時間の尺の関係もあるが、
もうちょっとデパートの裏側観たかった、
「凧」のシーン欲しかったと
ないものねだりしたくなるのだが、
それでも役者と監督の粋な演出に
うっとりするであろう。

そんな「キャロル」は2/11(木)
TOHOシネマズ日本橋他
にて公開。

関連項目

「太陽がいっぱい」レビュー

関連記事

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」メタ発言多し実験映画

映画 妖怪ウォッチ  空飛ぶクジラとダブル世界の 大冒険だニャン!(2016) 監督:ウシ

続きを読む

“Ç”ベルリン国際映画祭金熊賞受賞パナヒ最新作「人生タクシー」東京フィルメックスにて

タクシー(TAXI) 監督:ジャファル・パナヒ 出演:ジャファル・パナヒetc 評価:

続きを読む

“Ç”じじいの討ち入り「龍三と七人の子分たち」

TOHOシネマズ新宿でヤクザ映画「龍三と七人の子分たち」 午前8時の新宿歌舞伎町は、 ゲロとゴミ

続きを読む

【夏休み映画特集】「EL(1952)」ヒッチコックの「めまい」の源泉ここにあり!?

EL(1952) 監督:ルイス・ブニュエル 出演:アルトゥーロ・デ・コルドヴァ、 デリア・

続きを読む

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

東京流れ者(1966) TOKYO WANDERER(1966) 監督:鈴木清順 出演:渡

続きを読む

“Ç”NETFLIXで観る第88回アカデミー賞「ニーナ・シモン 魂の歌」

ニーナ・シモン 魂の歌(2015) WHAT HAPPENED, MISS SIMONE?(201

続きを読む

“Ç”ボンボンが主役じゃないロードムービー「わたしに会うまでの1600キロ」

わたしに会うまでの1600キロ(WILD) 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演:リース・ウィ

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

【Netflix】『フープ・ドリームス』スラムのガキから王になれ!バスケ嫌いも熱狂のドキュメンタリー

フープ・ドリームス(1994) HOOP DREAMS(1994) 監督:スティーヴ・ジェー

続きを読む

“Ç”ピンチョンのドラッグ・ヒッピー・ワールド・ミステリー「インヒアレント・ヴァイス」

悲報:都内公開2館PTA新作「インヒアレント・ヴァイス」 文学好きなら一度は聞いたことある伝説

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑