酷評

2021映画

『るろうに剣心 最終章 The Final』ゼロ年代時代劇に愛を込めて空中分解

本作のテーマは、「過去の罪は償えるのか?」「恨みはいかにして浄化されるべきか?」である。剣心は善人ではあるが、過去に人斬りで大量殺戮を行なっている。人を殺したという事実は変わらない。降らせた血の雨の跡は拭い去ることができず、過去の亡霊のような存在として縁が現れるのだ。一方、縁は恨みを拭い去ることができない。暴力でしか痛みを拭い去ることができない状態になっている。それが目には目を、歯には歯をの戦争を巻き起こしてしまう。アクション面ばかり注目されがちだが、ドラマ面はコロナやパワハラ問題で憎悪と過去がしがらみとなって人々が傷つけ合っている今に通じるものがあるのです。

2021映画

【アカデミー賞】『ソウルフル・ワールド』幸せであることを強要されるディストピア

学校で音楽を教えるジョー・ガードナー。生徒は協調性ゼロで耳苦しい不協和音が響き渡る。彼はトロンボーン使いのコニーを指差す。くすんだ金属の色合いのリアルさに身を乗り出す。そしてジョー・ガードナーはジャズクラブに行くのだが、これが凄まじい。仄暗い空間の中で、彼の憧れのミュージシャン・ドロシアのサクソフォーンがキラリと光る。陰影礼讃の極みに圧倒される。街に出れば、消防車が現実と寸分違わないリアルさで突っ込んでくる。リュミエール兄弟の『ラ・シオタ駅への列車の到着』を公開当時初めて目の当たりにした観客さながらの衝撃は魂の世界の前衛的ヴィジュアルとの融合により観る者を飲み込む。

2021映画

【ネタバレ酷評】『すばらしき世界』:ショーシャンクの空に、その後

西川美和はそんな受刑者出所後の苦悩を時にコミカルに描いて魅せる。役所広司演じる主人公・三上は旭川で十年以上の服役を終える。軍事演習のように勇ましく歩き、過剰に大きな声で挨拶をする彼に禍々しさを覚える。爆弾が爆発しそうなハラハラドキドキが画面を支配する。彼は、久しぶりのシャバに「今度こそはまともに生きよう」とポジティブな表情を浮かべ、新たな人生を歩み始める。自分の母親をテレビディレクターの男・津乃田(仲野太賀)が近づいてきたこともあり、前向きだ。しかし、そんな彼の希望は不協和音によって打ち砕かれる。スーパーに行けば万引き犯に間違えられる、免許の更新に行こうとすれば教習所に通わねばならない。脳に持病がある彼の精神は、不安定でフラストレーションが溜まると暴力的に振る舞ってしまう。彼には人を助けたい心はあれども力が制御できず、不良に絡まれていたおっさんを助けようとしてチンピラをフルボッコにしてしまい、それが原因でテレビの案件がなくなってしまったりするのだ。そんな彼の心理を興味本位、ゲスな心で解剖しようとする2人のテレビ関係者。幼少期に親の愛を受けず施設に入れられたのが原因ではとズカズカ彼の精神領域に土足で踏み入れていくのだ。