*

【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】『ヨーロッパ横断特急』L’homme qui est mort quatre fois

公開日: : 最終更新日:2018/12/06 2018映画 , , , , ,

【アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ】『ヨーロッパ横断特急』L’homme qui est mort quatre fois

ヨーロッパ横断特急(1966)
Trans-Europ-Express


監督:アラン・ロブ=グリエ
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、マリー=フランス・ピジェ、クリスチャン・バルビエールetc

評価:25点

渋谷イメージフォーラムで開催中のアラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブに行って来ました。

『ヨーロッパ横断特急』あらすじ

列車に乗る男二人、女一人は車窓から見える人々の姿から物語を考える。パリからアントワープへと麻薬を運ぶ男の話として、麻痺種紆余曲折ありながら物語が紡がれて行くのであった…

L’homme qui est mort quatre fois(男は4度死ぬ)

アラン・ロブ=グリエ特集。1本目に観た『囚われの女』がブンブン苦手なベクトルでビザールだった為嫌な予感していたが、こちらも合わなかった。

男がキオスクで雑誌レクスプレスを買う。そこにチラリと見える”L’homme qui est mort quatre fois(男は4度死ぬ)”の文字。そして、列車に乗る二人の男と一人の女の妄想犯罪ドラマに合わせ、一人の男のカバン運びが始まるという話。ヌーヴェルヴァーグはお洒落難解映画のイメージが強いが、元々はハリウッドの犯罪映画に対する羨望に溢れた映画群が軸にあったことを思い出させてくれる。そして、明らかに『007』に対抗した素振りを魅せる。そう、この作品は『007は二度死ぬ』の1年前にフライングで公開されたもう一つのボンド映画だった!

しかし、『去年マリエンバードで』『囚われの女』と、人々の記憶の惑いに取り憑かれたロブ=グリエが手がけているので、くどくたるかったりする。本作は当然ながら、麻薬や拳銃、カバンなんかに意味はない。なんなら、敵なんかもどうでもいい。ブツを運ぶプロセスに意味を見出している。

3人の男女のディスカッションにより即興的に物語が構成される。モノは消えたり現れたり、死んだと思った人が突然復活したりする。サイレント映画時代に『ファントマ』が、連続活劇として物語を無理に持続させる為に、めまぐるしく人物配置を変える手法に酷似している。

詰まる所、ロブ=グリエは通俗な連続活劇や娯楽映画に、自身の得意とする思考実験の要素を添えたといえよう。

まあ、理論としては面白いが、映画としてはねぇ、、、

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ酷評】『キングスマン:ゴールデン・サークル』マシュー・ヴォーンに投げつける10の苦情

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017) KINGSMAN THE GOLDEN CIR

続きを読む

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

鱒(1982) LA TRUITE(1982) 監督:ジョゼフ・ロージー 出演:イザベル・

続きを読む

【映画館】キューバの映画館でエジプト映画を観てきた件(Cine YaraとCine La Rampaレビュー)

キューバに旅行してきた 8/13(月)~8/17(金)までキューバに旅行してきました。ペン

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

『モンスター・ハント2/捉妖記2』まさかのトニー・レオン主演!

モンスター・ハント2(2018) 英題:Monster Hunt 2 原題:捉妖記2 監督

続きを読む

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、 上

続きを読む

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(2018) 監督:ポール・ト

続きを読む

【『ブラック・クランズマン』公開決定記念】『パス・オーバー』Amazon プライムビデオで観られる演劇映画

パス・オーバー(2018) PASS OVER 監督:スパイク・リー 出演:ダンヤ・テイモ

続きを読む

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO NG LIWANAG

続きを読む

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅弘章 出演:南沙良、蒔田彩珠

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

『北(ノルテ)-歴史の終わり』ラヴ・ディアスのクリスマス映画はいつもとは違う!

北(ノルテ)-歴史の終わり(2013) Norte, the End

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑