*

【夏休み映画】『ボヤージュ・オブ・タイム』Netflixから世界の果てまで行って…

【夏休み映画】『ボヤージュ・オブ・タイム』Netflixから世界の果てまで行って…

ボヤージュ・オブ・タイム(2016)
Voyage of Time(2016)


監督:テレンス・マリック
ナレーション:ケイト・ブランシェット

評価:40点

夏休みだ!バカンスに入ったブンブン、初日は実家に帰りました。特にやることもないので、Netflixを開いてみたら、テレンス・マリックのスピリチュアルなドキュメンタリー『ボヤージュ・オブ・タイム』が入荷しているではありませんか!日本では、公開環境が非常に悪く、中谷美紀の日本語吹き替え版しか上映されず、それもTOHOシネマズ シャンテレベルでしか公開されなかった。本作は、音響と、スクリーンがものを言う作品だけに、公開当時、苦言を呈す映画ファンが多かった。また、本作は40分のIMAX版も存在していたのだが、これすら上映されない悲惨な状況であった。ブンブンも、当時あまりに公開環境が悪く、スルーしてしまったのだが、何かの縁、父親と一緒に観てみました。

『ボヤージュ・オブ・タイム』概要

テレンス・マリックが、現代文明と大自然の営みの関係性から《生》の起源をたどる…

映像、音楽は好きだが…

ブンブン、人間がコントロールできない自然の営みを観るのが好きなので、定期的にこの手の映画を欲する。そして、本作は、そんなブンブンの心を癒す。まさしく観るアーユルヴェーダであり、抑圧され暑苦しい現代社会から解放してくれる。

多分、マルチや宗教勧誘でこの映画をアロマ香る空間で流したら、コロッと人を洗脳できてしまうのではと思う中毒性はある。『地獄の逃避行』の頃から一貫して拘ってきた《光》、そして『シン・レッド・ライン』、『ニュー・ワールド』、『ツリー・オブ・ライフ』、『トゥ・ザ・ワンダー』としつこく描いてきた文明と自然の対比が、ついにドキュメンタリーという形で雑音抜きに抜き出されているのだからテレンス・マリックのスピリチュアルな世界に嵌った人は、惹き込まれること間違いなしだ。
しかしながら、この作品で描かれていること、そして現代文明パートでの演出がどうも二番煎じが強すぎる。町で物乞いをする人々、障がい者、中東かインドかの喧騒とした人と人の交わりから現代文明を批判し、「人々は、もともと動物出会った。野生だった。」という理論を打ち出していくスタイルは、『コヤニスカッツィ』と同じだ。しかし、映像が綺麗、音が凄いという想定内の驚きを超えるものは何もない。カッツィ三部作で描かれていた、文明と自然に対する批評の切り口の域から1mmも出ていないため、古臭さを感じてしまった。また、現代パートの色彩は明らかに2000年代以降のゴダールだ。ゴダールの演出は、あまりに斬新かつ無闇に真似すると、自己満足の臭いがキツくなってしまう。ゴダールの《映画という枠組みを壊してやる》という気概、批評の強調ポイントとしての演出というものを100%理解した上で使い、120%以上のクオリティを出さないと、途端に安易なオマージュになってしまうのだ。本作でのゴダールっぽい色彩で、現代文明の歪さを強調する手法は、かなり安易な演出だったと思った。そもそも、映像美にあれだけ拘っているテレンス・マリックが、《汚》なる映像から美を作り出すのは無理がある気がした。
それにしても…本作の興行収入が微妙だったのか、新作『ソング・トゥ・ソング』が全く公開される気がしない。いつも通りエマニュエル・ルベツキの浮遊感溢れる映像の中で、ライアン・ゴズリングが彷徨う映画なのだが…劇場で観たいぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

『孤狼の血』遠いようで近い県警対組織暴力の世界

孤狼の血(2018) 監督:白石和彌 出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一etc

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『ネッド・ライフル』ベタなエディプス・コンプレックスなのだが…

ネッド・ライフル(2014) NED RIFLE(2014) 監督:ハル・ハートリー 出演

続きを読む

【ネタバレ考察】『SEARCH/サーチ』全編スクリーン内ミステリーから考える次世代の映画フォーマット

SEARCH/サーチ(2018) Searching 監督:アニーシュ・チャガンティ 出演

続きを読む

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

北千住ブルースタジオに行ってみた♩ 先日、EUフィルムデーズでペドロ・コスタ監督作『ホース

続きを読む

【悲報】映画ファンよ…TOHOシネマズ、1ヶ月フリーパスポートやめるってよ

【悲報】映画ファンよ...TOHOシネマズ、1ヶ月フリーパスポートやめるってよ 先日、2018

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マッテオ・ガローネ 出演:アニ

続きを読む

【ネタバレ考察】『ハン・ソロ』スター・ウォーズ版ドン・キホーテだ!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018) Solo: A Star Wars Stor

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【アニエス・ヴァルダ特集】『ラ・ポワント・クールト』:『幸福』の原石ここにあり!

ラ・ポワント・クールト(1955) La Pointe Courte(1955) 監督:アニ

続きを読む

【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画

モンスーン・ウェディング(2001) MONSOON WEDDING(2001) 監督:ミー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『暁に祈れ』ほぼドキュメンタリー!タイの獄中でLivin’ on a prayer

暁に祈れ(2017) A Prayer Before Dawn

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選 時はクリスマスシー

【ネタバレ酷評】『来る』トンデモクリスマス映画!妻夫木聡と岡田准一が見たものとは…?

来る(2018) 監督:中島哲也 出演:岡田准一、黒木華、小松

『恐怖の報酬 オリジナル完全版』ドキンちゃんのドキ☆ドキ☆パニックに5億点!!

恐怖の報酬 オリジナル完全版(2018※映画自体は1977年) SO

【『シュガー・ラッシュ:オンライン』公開記念】今こそ観たいクソ映画『絵文字の国のジーン』

絵文字の国のジーン(2017) The Emoji Movie

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑