*

【ゴーモン特集】『とらんぷ譚』M.スコセッシ映画ファン必見!

【ゴーモン特集】『とらんぷ譚』M.スコセッシ映画ファン必見!

とらんぷ譚(1936)
Le Roman d’un Tricheur(1936)


監督:サッシャ・ギトリー
出演:サッシャ・ギトリー、セルジュ・グラーヴ、
ピエール・アッシィetc

評価:90点

今、アンスティチュ・フランセ東京と横浜シネマ・ジャック&ベティでゴーモン特集が組まれている。《ゴーモン》と言っても、《拷問》ではない《Gaumont》だ。1895年から現在まで運営されている、世界最古の映画会社だ。有名なところで言えば『最強のふたり』を配給している。
さて、今回特集されているゴーモン社映画。このラインナップが素晴らしい。サイレント映画時代、連続活劇の巨匠ルイ・フイヤードの『レ・ヴァンピール 吸血ギャング団』に『ファントマ』シリーズ、ジョゼフ・ロージーの『鱒』、モーリス・ピアラの『ルル』に『私たちは一緒に年をとることはない』エトセトラ、エトセトラ…ハードコア映画ファンにとってヨダレヨダレのナイアガラの滝。まさに財布に拷問な企画だ。7月は、他にも『ストリート・オブ・ファイヤー』絶叫上映、に早稲田松竹開催のペドロ・コスタ特集と到底新作に手が回らない私。時間的にもタイトで、削らないといけない。7/15(日)の『とらんぷ譚』は諦めよう…と思っていた矢先、GAGAのVODサイト青山シアターで、配信されていた(激レア映画『レ・ヴァンピール 吸血ギャング団』も1話400円で配信中)。これはラッキーだ!というわけで早速鑑賞してみた…

『とらんぷ譚』あらすじ

サシャ・ギトリー監督自身が書いた小説『詐欺師の物語』の映画化。カフェで男が自分の四十年の生涯を徒然なるままに書き、回想していく。ビー玉を買うためにお金を盗んだ若かれし頃の《彼》は、親に夕飯抜きを言い渡される。朝起きてみると、家族が全滅していた!そう、家族全員毒キノコを食べて死亡したのだ!善人が死に、盗人悪人が生き延びるその皮肉を背に彼は激動の時代を送る。戦争、運命の女を経てやがて彼は詐欺師へと進化を遂げていくのだった…

『ビガイルド』、『ファントム・スレッド』の引用元

以前も語ったことなのだが、本作の冒頭毒キノコシーンはソフィア・コッポラの『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』、ポール・トーマス・アンダーソンの『ファントム・スレッド』の毒キノコシーンで引用されている。あまりにシュールで、滑稽で、画の側面からも面白いこのシークエンスは監督を惹きつけるものがある。

今回、しっかりとした環境で観て、本作は相当な映画に影響を与えていることが分かった。そして、技術的にもメチャクチャ面白い大傑作であった。何と言っても本作の魅力は、爆速まくしたてるような口調、それも主人公の過去語りで進む物語展開だ。

そう、ポール・トーマス・アンダーソンの『マグノリア』のような演出だ。

カフェで、男が自分の回想録を書く。カフェの店員やマダムに語りかけ、そして第四の壁を破り観客にまで語りかけてくる。会話に合わせて、目まぐるしく語り手の過去を上上下下左右左右BA、紙芝居のように魅せていき、ターンテーブルをキュッキュ動かすDJかよ!と突っ込みたくなるほどの逆再生/再生の連続という技まで披露する。

マーティン・スコセッシは多分惚れた

本作を観て、思ったのはマーティン・スコセッシは恐らく本作が大好きだということ。彼のオールタイムベストにも、彼が学生に観て欲しい映画選にも入っていないのだが、明らかにスコセッシの作風は『とらんぷ譚』譲りだ。主人公がまくしたてる口調で、自分の反省を語る。凡人が波乱万丈な人生を経て、闇の帝王になっていく。『カジノ』、『グッド・フェローズ』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で描かれる物語の原石と言えよう。

この手のタッチが好きなブンブンにとって、終始ヨダレが出っ放しでした。着地点の意外性まで含め、最後の1秒まで飽きることがない。マーティン・スコセッシ映画好きはもちろん、映画を学んでいる人は一生に一度挑戦してほしい作品です!DVDはプレミアがついており高いので、青山シアターで観るか、7/15(日)にアンスティチュ・フランセ東京で是非お楽しみあれ!

マーティン・スコセッシのオールタイムベスト

1位:8 1/2(1963,フェデリコ・フェリーニ)
2位:2001年宇宙の旅(1968,スタンリー・キューブリック)
3位:灰とダイヤモンド(1958,アンジェイ・ワイダ)
4位:市民ケーン(1941,オーソン・ウェルズ)
5位:山猫(1963,ルキノ・ヴィスコンティ)
6位:戦火のかなた(1946,ロベルト・ロッセリーニ)
7位:赤い靴(1948,マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー)
8位:河(1951,ジャン・ルノワール)
9位:シシリーの黒い霧(1962,フランチェスコ・ロージ)
10位:捜索者(1956,ジョン・フォード)
※Sight&Sound/2012年時点のランキング

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ考察】『寝ても覚めても』真のパルムドール!謎を解き明かすのはシュレディンガーの猫だ!

寝ても覚めても(2018) ASAKO 1&2(2018) 監督:濱口竜介 出演:東出昌大

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『失われた週末』山口達也擬似体験映画(第1回最優秀賞受賞作品)

失われた週末(1945) The Lost Weekend(1945) 監督:ビリー・ワイル

続きを読む

【ネタバレ考察】『悪魔の季節』ラヴ・ディアス版『ラ・ラ・ランド』に籠められた憤怒

悪魔の季節(2018) 原題:Ang panahon ng halimaw 英題:Season

続きを読む

『アリー/スター誕生』レディオ・ガガの次はレディー・ガガだ!!

アリー/スター誕生(2018) A STAR IS BORN 監督:ブラッドリー・クーパー

続きを読む

【釜山国際映画祭・ネタバレ考察】『マンタレイ』ベルイマンの『仮面/ペルソナ』から読み解いてみる

【釜山国際映画祭・ネタバレ考察】『マンタレイ』変身が2つを1つにする ※本記事は『マンタレイ』のネ

続きを読む

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、 二階堂ふみet

続きを読む

【クラウドファンディング】『PSYCHOMAGIC』ホドロフスキー新作に出資してみよう!

A.ホドロフスキー新作クラウドファンディング始動 昨日3/15(木)より、フランスのクラウドフ

続きを読む

【毎週インド映画11】『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』驚異の20年ロングラン

シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に(1995) 原題:दिलवाले

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008) 監督:アルベルト・セ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑