*

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

アデュー・フィリピーヌ(1962)
Adieu Philippine(1962)


監督:ジャック・ロジエ
出演:ジャン=クロード・エミニ、
ステファニア・サバティニ、
イヴリーヌ・セリetc

評価:75点

『アデュー・フィリピーヌ』あらすじ

兵役を2ヶ月後に控えた男ミシェルは、テレビ局でカメラマンとして働いている。そんな彼は局の前にいた女二人をナンパし、一緒にコルシカへ行く…

ビザールなバカンス映画

とてつもなくビザールで素晴らしいバカンス映画でした。

兵役間近の青年が主人公。テレビ局のカメラマンとして働いている。彼のキャラクターなりを冒頭タイトルロールでじっくり描くのだが、これが面白い。カメラの移動、プロデューサーの罵声、カメラの先に映るパフォーマーの音がジャズのような掛け合いで絡み、独特な、まるでジャズのようなリズム感を生む。ナンジャコリャ!

そして、主人公はやる気がないテキトー人間だということが、このジャズの坩堝に垣間見える。そして、男はテレビ局の外の出待ち女にナンパする。「俺っち、局のもんだが、中みねぇか?」そのまま4人ゲットだぜ!となる予定が結局ゲットできたのは2人。本作のヒロインだった。

男一人、女二人という黄金比。

どういうラブ・アフェアが行われるのだろう?これが、実にシュールな展開を迎える。

そもそも、もし映画学校でこんなのを作ったら、教授からボロクソに言われるだろう。「会話になっとらん」「カット切りすぎ」「結が長すぎ」と。

もはや、ジャック・ロジエは映画作りなんか興味がないのでは?と不安になる程暴力的投げやりな演出で事が運ぶのだ。

会話は全て言葉のドッヂボール。ナンパ男は、女二人と飛行場に行く。女が手相を見るくだりで、「運命線ある?」と疑問文を投げつけた次の瞬間、何故かカフェのシーンになり、男が実家に帰るエピソードが始まるのだ。輩と車に乗って、爆走する、何故かバック走行をする。輩は歌うのだが、唐突に音が消え、そしてまた歌が始まる。アヴァンギャルドだ。この手のミュージカルシーンはさらに続く。

また、女二人が男を巡って愛のバトルが勃発するのもラスト20分くらいと遅く、しかも突如収束する。物語が終始爆走怒りのデスロードなのだ。

ただ、妙にこれが体験したこともない鼓動となり楽しくなってくる。永遠に観てられる。この感覚、どっかで見覚えが、、、と思ったら、『ひなぎく』だった!二人の女の子の立ち振る舞いから、ジェットコースターのような物語展開まで『ひなぎく』だった。これは嫌いになるはずがない。観て大正解でした。

この特集はコンプリートしたいぞ!!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

ページ: 1 2

関連記事

ノスタルジックな映像体験「インターステラー」プラハのIMAXシアターCINEMA CITY FLORAにて

監督:クリストファー・ノーラン 出演:マシュー・マコノヒー、 アン・ハサウェイetc

続きを読む

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018) THE CLOVERFIELD PARADOX(2

続きを読む

【映画館】マルタの映画館Eden Cinema 1930年代の映画館を思わせる賑わい

映画館リポート Eden Cinema マルタ島にあるシネコン Eden Cinemaに行っ

続きを読む

【デプレシャン特集2】『そして、僕は恋をする』フランスのヰタ・セクスアリス

そして、僕は恋をする(1996) Comment je me suis disputé... (m

続きを読む

【演劇】『蛸入道 忘却ノ儀』庭劇団ペニノ謎の儀式に…出会った

蛸入道 忘却ノ儀(2018) 作・演出:タニノクロウ 出演:飯田一期、木下出、 島田桃依、

続きを読む

【ネタバレ解説】『インクレディブル・ファミリー』ブラッド・バードはマーベルの先を行く

インクレディブル・ファミリー(2018) Incredibles 2(2018) 監督:ブラ

続きを読む

【Netflix】『生きのびるために』これは『この世界の片隅に』アカデミー賞ノミネート落選も納得だ

生きのびるために(2017) The Breadwinner(2017) 監督:Nora T

続きを読む

【後半ネタバレあり】『クワイエット・プレイス』マイケル・ベイ、アカデミー賞の舞台に立てるか?

クワイエット・プレイス(2018) A Quiet Place(2018) 監督:ジョン

続きを読む

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表 定期的にブログサイト《男の魂に火をつけろ!》で

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008) 監督:アルベルト・セ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『グッバイ・クリストファー・ロビン』くまのプーさんには黒歴史が…あった…

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017) Goodbye Chr

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみ

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑