*

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

北千住ブルースタジオに行ってみた♩

先日、EUフィルムデーズでペドロ・コスタ監督作『ホース・マネー』を観るために有給を取った。映画は夜からだったので、昼に何か観ようとネットサーフィンしていたら、北千住でジャック・ロジエ特集が組まれているという情報を耳にした。

ジャック・ロジエとは、ヌーヴェルヴァーグの異端児で、10年に一本ペースでしか長編映画を作らない寡作な監督でもある。彼の才能は、ゴダールを熱狂させ、トリュフォーを嫉妬させたとまで言われている。フランス映画史を読み解く上で重要な監督の一人なのだが、、彼の作品を観るのは非常に難しく、TSUTAYAには置いてない上に、DVDは数万を軽く超える。特集上映ぐらいでしかお目にかかることのできない前作鑑賞難易度Aランクの監督なのだ。

それを今北千住でひっそりと、しかも35mmフィルムで上映されている。これはいくしかないでしょ!ってことで行ってきました♩

北千住ブルースタジオの行き方


北千住から、少し歩いた辺鄙なところにあるため、行き方を示しておきます。まず、北千住駅西口(マルイがある方)に出ます。そして、まっすぐ商店街を突き進みます。


左手にTSUTAYAが見えてきたら左折します。すると「ほんちょう商店街」が現れるので、まっすぐ進んでください。

右手に「東京芸術センター」が見えてくるので、そこへ入りましょう。2Fがブルースタジオです。



チケットは1Fの券売機から購入できます。

施設情報

入場料金



1回券:1,000円
6回券:5,000円
8回券:6000円
15回:10,000円

ジャック・ロジエを1,000円で鑑賞できるのは嬉しい♡

施設


公式サイトによると下記のような設備となっています。

客席は移動観客席220席、スタッキングチェア73席、車椅子スペースの合計294席。35㎜映写機2台に、音響は6.1チャンネルドルビーステレオデジタルサラウンドEX。

中に入ると、まるで大学のホールのような空間が広がっていました。六本木EXシアターを思わせる鉄骨感。巨大スピーカーは、無骨に置かれています。幕間に流れるリラックスミュージックが、反響し、心地よい空間。上映15分前になっても、客はブンブン一人だけ。まるで、人類が滅亡した後の核シェルターで、太鼓昔の人類のカケラを観るかのようなワクワク感があります。結局、上映開始時には私含め6人しかいませんでした。いくら平日13:00の回とはいえ、これは勿体無い…

映写室では、映写技師がセコセコとセッティングを行なっていました。テンションが上がります⤴︎⤴︎

ブルースタジオ公式サイト

→NEXT:『アデュー・フィリピーヌ』感想

ページ: 1 2

関連記事

【『ペンタゴン・ペーパーズ』公開記念】『フォッグ・オブ・ウォー』から観るマクナマラの素顔

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白(2003) THE FOG OF WAR:

続きを読む

【ネタバレなし】『RAW ~少女のめざめ~』思春期の成長を深く洞察した傑作

RAW ~少女のめざめ~(2016) RAW(2016) 監督:ジュリア・デュクルノー 出

続きを読む

【ネタバレ酷評】『パシフィック・リム:アップ・ライジング』結局、ボイエガだけで十分じゃん!

パシフィック・リム:アップ・ライジング(2018) Pacific Rim: Uprising(2

続きを読む

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

鱒(1982) LA TRUITE(1982) 監督:ジョゼフ・ロージー 出演:イザベル・

続きを読む

【 #今夜は青春 】『ストリート・オブ・ファイヤー』シネマート新宿応援上映に潜入してみた

『ストリート・オブ・ファイヤー』シネマート新宿応援上映に潜入レポート 昨日、シネマート新宿でカ

続きを読む

【ネタバレ解説】『ピーターラビット』群兎の血が騒ぎ出す傑作!

ピーターラビット(2018) PETER RABBIT(2018) 監督:ウィル・グラック

続きを読む

【myfff】『アヴァ AVA』盲目描写はアウトだが、映像が凄い!

アヴァ(2017) AVA(2017) 監督:レア・ミシウス 出演:Noée Abita、

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキ特集】『シルバー・グローブ』トンデモFPS映画現る!

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987) 原題:Na srebrnym globie 英題:On

続きを読む

【MyFFF】『1:54』ダークホース!フランスの陸上部スポ根映画はブンブンの人生そのものだった件

1:54(2016) 監督:ヤン・イングランド 出演:アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン、

続きを読む

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

チャルラータ(1964) CHRULATA(1964) 監督:サタジット・レイ 出演:マド

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑