*

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008)
El Cent dels ocells(2008)


監督:アルベルト・セラ
出演:ビクトリア・アラゴネス、リュイス・カルボ、
マーク・ペランソンetc

評価:50点

5/26(土)『ルイ14世の死』公開を記念して、渋谷イメージフォーラムではアルベルト・セラ監督特集が開催された。ってことで土曜日に『騎士の名誉』と『鳥の歌』と『キューバ・リブレ』の3本だてを行ってきた。アルベルト・セラの存在は全く知らなかったのだが、カンヌ国際映画祭監督週間で注目された監督らしい。『騎士の名誉』が面白かったものの、HPを根刮ぎ奪った為、不安しかなかった。果たして…

『鳥の歌』あらすじ

生誕したらしいキリストを追い求め、三人の勇者は荒野を彷徨った…

スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

カタルーニャの民謡El Cant dels Ocellsに基づく作品。キリスト聖誕を鳥が祝うという内容の曲がベース。実際に聴いてみると、優雅で喜びに溢れた旋律が奏でられているのだが、映画の内容は鎮魂歌。死の香りしか漂わない怪作となっている。

3人の勇者は生誕したらしいキリストを求め不毛な土地、砂漠、氷原をRPGさながらの勇ましさで巡っていく。しかしながら、道中は本当に不毛だった。スライム一体すら存在しない。次第に、士気を失っていくパーティ。寝っ転がり、暴れ始め、自ら《5のダメージ》を受け続ける者が現れる。また「この旅は不毛だ、まるで俺らは奴隷のようだ」と嘆く者も現れる。

観客も、そんな何もやり甲斐を感じないRPGの世界に強制参加させられるのだ。ブンブンも《寝る損・マンデラ》と回復呪文を唱えるが、睡魔に何度か心折られ、目の前が真っ暗になりました。これはキツイ。いくらラヴ・ディアス映画のようなモノクロ淡々とした映画が好きでも、これはなかなかの修行であった。

おまけ:キューバ・リブレ(2013)
Cuba Libre(2013)


監督:アルベルト・セラ
出演:Lluís Carbó, Wolfgang Danz

アルベルト・セラ特集上映『鳥の歌』には18分の短編映画『キューバ・リブレ』がついていた。公式フライヤーによると、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーと彼の映画の常連俳優であるギュンター・カウフマンに対するオマージュとのこと。

まあ、言われなきゃわからないだろう。確かに色彩は『ケレル』を意識しているとはいえ、変な音楽映画として観た方が良さそうだ。

やる気なさそうに、司会者が次のアーティストを紹介するところから始まる。歌手が出てくるのだが様子が変だ。具合が悪そう。そして拍手とともに、彼は歌い始めるのだが、トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンも首をかしげるぐらい、彼はグニャグニャ体を動かし、地面を這いつくばりながら歌う。それをゲイゲイしい眼差しで眺める観客が映し出される(まあファスビンダー的だ)。そして、ライブのクライマックスに近づくと、謎の真っ白おじさんが舞台に上がる。デュエットかな?と思いきや、何故かおっさんは歌手にボディタッチしながら揺れるだけ。そして、何故かカメラは白いおっさんを避けるように歌手の顔をアップで撮る。フォーカスは乱れ、幾ら何でもライブ映画としてアウトでしょうという程の混沌が歌手の微妙な歌声と絡み合い、そして映画は終わってしまう。

なんだったんだ、この20分。劇場の電気が付く前に、観客の何人かは困惑と怒りを抱えながら劇場を出ていく。正直、ブンブンも『鳥の歌』『キューバ・リブレ』のダブルパンチに困惑しか起きなかった。『ルイ14世の死』を来週に観るのはやめようとすら思った。

アルベルト・セラは困惑の監督であった。

↑このブログをMonsterのCuba-Libre味飲みながら執筆しました。ラムの風味こそ弱い気がしたが、Monsterコーラ味だと思えば大満足のクオリティです。仕事を頑張りたい時にオススメです。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ解説】『触手』は悦楽に溺れたメキシコ社会を反映したエロ映画だ!

触手(2016) 英題:THE UNTAMED 原題:La region salvaje

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

【ネタバレなし】『ラブレス』ズビャギンツェフ最新作はマジでLOVELESSだった

ラブレス(2017) 英題:LOVELESS 原題:Нелюбовь 監督:アンドレイ・ズ

続きを読む

『きみの鳥はうたえる』日本のジム・ジャームッシュが再び…

きみの鳥はうたえる(2018) 監督:三宅唱 出演:柄本佑、石橋静河、染谷将太etc

続きを読む

【実話】『泣き虫しょったんの奇跡』何かに熱中している人必見!完璧な感動ドラマ

泣き虫しょったんの奇跡(2018) 監督:豊田利晃 出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、

続きを読む

【土屋太鳳映画に挑戦!】『人狼ゲーム ビーストサイド』美味しくなかったぉ…

人狼ゲーム ビーストサイド(2014) 監督:熊坂出 出演:土屋太鳳、森川葵、青山美郷、

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

【ネタバレ考察】『ハン・ソロ』スター・ウォーズ版ドン・キホーテだ!

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018) Solo: A Star Wars Stor

続きを読む

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選! 先日、日本が強豪コ

続きを読む

【絶賛】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』侮るなかれ!瀬々敬久が放つ大傑作!

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017) 監督:瀬々敬久 出演:佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あや

地球の急ぎ方〜うさぎしんぼる展2018に行ってきた〜

うさぎしんぼる展2018 先日、『3D彼女リアルガール』を観にい

『判決、ふたつの希望』これって、『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題に似てるよね?

判決、ふたつの希望(2017) The Insult 監督:ジ

【ネタバレ】『愛しのアイリーン』吉田恵輔が客席に長岡花火をぶっ放す大傑作!

愛しのアイリーン(2018) 監督:吉田恵輔 出演:安田顕、ナ

【ネタバレ】『プーと大人になった僕』ニート推奨映画ではない!パラノイア克己映画だ!

プーと大人になった僕(2018) Christopher Robin

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑