*

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

アレッポ 最後の男(2017)
原題:آخر الرجال في حلب
英題:LAST MEN IN ALEPPO


監督:フィラス・ファイヤド

評価:60点

第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされるものの、制作陣がアメリカ入国を拒否されてしまった哀しい境遇を背負つ作品『アレッポ 最後の男』を観ました。アレッポ情勢を描いた作品と言えば、『ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊』で描かれた衝撃の地獄絵図を思い浮かべるが果たして…

『アレッポ 最後の男』概要

内戦中のアレッポにカメラが潜入した。ホワイトヘルメットの活躍、そして日々爆撃に怯える地元民をカメラが捉えた。

長編版『ホワイト・ヘルメット』

正直、短編ドキュメンタリー『ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊』と大差ありません。切り口は全く同じなので、単純に長編に引き伸ばしたような作品だ(監督は違うんだけれどね)。ただ、本作を観ると、『この世界の片隅に』が「ぬるい」、「耐えるだけで成長が無い」と批判される理由が少し分かる。

今や平和ボケ真っ最中の日本。しかし、世界には毎日強烈な爆撃に悩まされている場所があるのだ。アレッポでは、2011年のアラブの春が飛火し起きたシリア騒乱が泥沼化し、政府軍と反体制派の抗争が過激化。そこにロシアが介入したことにより、毎日激しい爆撃が行われ、街は壊滅状態となっている。

そんな地獄絵図の中、ボランティア団体ホワイト・ヘルメットが次々と人々を助ける様子が描かれている。ホワイト・ヘルメットは政治的兼ね合いで批判されることもあるのだが、この中ではそういった話は抜きにして、淡々粛々と人助けをする様子が描かれている。良くも悪くも、現場を捉えようとしている。

そして、そんな地獄の中、人々は金魚を買い、僅かな水の中で一生懸命育てようとする場面が映し出される。そう、これは、アレッポ版『この世界の片隅に』だったのだ。

『ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊』と比較してしまい、もう少し深くまで切り込んでほしかったなとは思う。戦場を撮れば、どんな作品であれカタルシスが生まれる。ある種戦争ポルノでは無いかと思ってしまうのだが、それでもこれは平和ボケした人に真実を伝える、大切な報道だと言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞予想~作曲賞&歌曲賞~

オリジナル作曲賞 ・トーマス・ニューマン「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・カーター・バーウェル「

続きを読む

【 #カメ止め 】『カメラを止めるな!』2度目の鑑賞、それは完全にスタッフ目線!

まさしくポンデミック!『カメラを止めるな!』旋風 ※警告:本作は『カメラを止めるな!』の感想記

続きを読む

GW暇だったのでラヴ・ディアスの10時間半映画『あるフィリピン人家族の創生』を観た結果…

あるフィリピン人家族の創生(2005) 原題:Ebolusyon ng Isang Pamilya

続きを読む

【ネタバレ解説】『ザ・スクエア』オストルンド監督の重い槍を受け止めよ!

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017) THE SQUARE(2017) 監督:リューベン

続きを読む

キネマ旬報ベストテン2016年度 外国映画1位は「ハドソン川の奇跡」

キネマ旬報ベストテン2016年度発表 1/10 12:00に皆さん映画好き お待ちかねキ

続きを読む

第90回アカデミー賞受賞予想③~助演男優・助演女優賞~

第90回アカデミー賞受賞予想③~助演男優・助演女優賞~ 今回は助演男優賞と助演女優賞を予想していき

続きを読む

『ランペイジ 巨獣大乱闘』おさるのジョージ シカゴへ行く

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018) RAMPAGE(2018) 監督:ブラッド・ペイトン

続きを読む

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンのオールタイムベスト ポーランド映画

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンのオールタイムベスト ポーランド映画 ワールドカップ

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマの偽判事』社会の恐怖はまだまだつづく!FIN

ファントマの偽判事(1914) Le Faux Magistrat(1914) 監督:ルイ・

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑