*

『勝手にふるえてろ』妄想か現実か?この愛の葛藤わかるー

公開日: : 最終更新日:2018/01/03 2018映画 , , , , ,

『勝手にふるえてろ』妄想か現実か?この愛の葛藤わかるー

勝手にふるえてろ(2017)


監督:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知、北村匠海etc

評価:80点

映画ファンの集いで評判高かったので急遽観に行きました。

『勝手にふるえてろ』あらすじ

綿矢りさの同名小説を映画化。中学時代から、イチのことが好きで社会人になってからも彼に想いを馳せていた。そんな彼女に会社の同期「二」が告白してくる。正直タイプではない。しかし、彼女は妄想のカレシと現実のカレシどちらを取るか悩みはじめてしまう…

思わぬ傑作!

東京国際映画祭の時から合わないだろうなと毛嫌いしていた。確かに、綿矢りさは島田雅彦が賞賛している作家の一人だけに、興味ある。しかし、予告編を観ると、どうにも肌が合わなそうだ。恐る恐る私は映画館へ足を運びました。そしたら、これが中々の傑作。久しぶりに三木聡のような映画を観た!という感じでした。

松岡茉優扮する喪女が延々に落語調で恋の一人相撲するだけなのだが、このギャグの切れ味が痛々しくそして思わず笑ってしまう。次々と召喚されるアクの強いキャラクター、二に片桐はいりに古舘寛治に笑いを休める暇がありません。

原作は未読なのだが、シエスタのある職場、アンモナイトの異常巻とボキャブラリー、インスピレーション掻き立てられる語彙とセンスに圧倒される2時間でした。

また本作はただ勢いで押し切る映画ではないことを言っておきたい。今まで一途の片想いだった女が、どうでもいい男にコクられる。妄想のカレシか、現実のイマイチカレシか苦渋の選択を強いられる彼女の葛藤は心が痛くなるもの。特に現代社会では、映画やドラマで描かれるラブストーリーの大半はイケメンと美女しか出てこない。ブスだったり、醜男、フツメンは恥だと言わんばかりにきらきらとした恋模様が世の中を包んでいる。私も、この手の恋愛に悩まされたことがあるので、よしかの苦悩はよく分かる。そして、その苦悩をミュージカル調シュルレアリスムな空間で包みきった大九明子の技量、そして松岡茉優の怪演に拍手喝采したくなりました。

大九明子のフィルモグラフィーを見るとまだ、色物インディーズ映画ぐらいしか撮っておらず、シネフィルからもあまり注目されていない。しかし、今後さらなる化け物映画を作りそうな予感がする。

先入観に囚われずチャレンジして正解でした。

ブロトピ:さとり世代ブログの更新報告
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ解説】『インクレディブル・ファミリー』ブラッド・バードはマーベルの先を行く

インクレディブル・ファミリー(2018) Incredibles 2(2018) 監督:ブラ

続きを読む

【ネタバレなし】『カメラを止めるな!』有給を使ってでも、地を這ってでも観て欲しい7つの理由

カメラを止めるな!(2017) ONE CUT OF THE DEAD(2017) 監督

続きを読む

【EUフィルムデーズ2018】『ホース・マネー』コスタのWAKANDA FOREVER、刻の牢を裂く

ホース・マネー(2014) Cavalo Dinheiro(2014) 監督:ペドロ・コスタ

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『トラスト・ミー』は○○○の使い方が凄い※ネタバレ記事

トラスト・ミー(1990) TRUST(1990) 監督:ハル・ハートリー 出演:エイドリ

続きを読む

【キューバ映画特集】『セブン・デイズ・イン・ハバナ』実はベニチオ・デル・トロ監督デビュー作

セブン・デイズ・イン・ハバナ(2012) 7 DIAS EN LA HAVANA(2012)

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【毎週インド映画9】『モンスーン・ウェディング』金獅子賞を制したインド映画

モンスーン・ウェディング(2001) MONSOON WEDDING(2001) 監督:ミー

続きを読む

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

『ランペイジ 巨獣大乱闘』おさるのジョージ シカゴへ行く

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018) RAMPAGE(2018) 監督:ブラッド・ペイトン

続きを読む

【カルト映画】『The Room』駄作界の『市民ケーン』

The Room(2003) 監督:トミー・ウィソー 出演:トミー・ウィソー、ジュリエット・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑