*

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説

レット・ザ・サンシャイン・イン(2017)
英題:Let the Sunshine In
原題:Un Beau Soleil Intérieur


監督:クレール・ドゥニ、
出演:ジュリエット・ビノシュ、
グザヴィエ・ボーヴォワ、
フィリップ・カトリーヌ、
ジョジアーヌ・バラスコ、
サンドリーヌ・デュマ、
ニコラ・デュヴォシェル、
ジェラール・ドパルデューetc

評価:100点

クレール・ドゥニ、、、日本では冷遇されまくっている監督で「パリ、18区、夜。」や「美しき仕事」と傑作が多いにもかかわらず、アンスティチュ・フランセの特集上映ぐらいでしかお目に掛かることができない。そんなクレール・ドゥニの新作「Un Beau Soleil Intérieur(内なる美しき陽光)」が東京国際映画祭で上映された。オールタイムベストに「美しき仕事」を入れている矢田部さんのごり押しだろう。フランス本国では、酷評の嵐(というより仏映画サイトAllocineのレビューを読むとクレール・ドゥニ自身、日本における河瀬直美のように嫌われ監督っぽい)なのだが果たして…

「レット・ザ・サンシャイン・イン」あらすじ

中年のシングルマザー・イザベルは次々に男を変えまくる魔性の女。彼女に口説かれた男は、秒で彼女の虜になる。そう出会う男すべてを狂わせるガールだ!しかし、そんな彼女の心には虚無感が渦巻いており…

観る官能小説

開始5秒で、4年前「アデル、ブルーは熱い色」を男友だち、女友だちとで観た時レベルの気まずさがブンブンの背筋を切り裂いた。

本作はまさに観る官能小説だ!冒頭、いきなりジュリエット・ビノシュが長回しの空間で、写実的なAFFAIRをするところから始まる。男友だちの彼女に申し訳なくなった。

そして、美しき画フェチの心を鷲掴みにする空間、BAR、MÉTRO 、VOITURE と舞台を変え、ビノシュが男を魅惑しまくる。嗚呼なんて甘美なんだ。

そして、モザイクのように紡がれるジュリエット・ビノシュ扮する出会う男すべて狂わせるガール(ver.アラフォー)の深い心情、心の深淵を観客に魅せてくれる。

一度会話をすれば、初めて会ったタクシーのあんちゃんですら落とせる女。お持ち帰りもベリベリイージーモードだし、女友だちもいる。

しかし、ふと後ろを振り返ると、本当に感情を共有できる友だちも恋人も居らず、心は常に飢えている。まるでヴァンパイアのように人々の性を吸って生きているが、40歳を超え今にも死にそう。だが、自身のプライドが邪魔をし、本心が全く語れない。

映像があまりにも美しいせいもあり、非常に切なく絶望的な作品でした。ラストの粋さもあり、困ったことに今年のベストテンに入れたい悩ましい作品でした。

恐らく日本公開はしないと思うので、興味ある方は、アンスティチュフランセのサイトを要チェックだ!

P.S.それにしても、グザヴィエ・ボーヴォワ

それにしても今年は、グザヴィエ・ボーヴォワ映画が東京国際映画祭で沢山観られる。「マリリンヌ」と本作で彼が登場し、また彼の監督作「ガーディアンズ」も上映される。ボーヴォワファンにはたまらない映画祭ですな!

第30回東京国際映画祭レビュー

【TIFF2017】「花筐」は大林宣彦渾身のギャルゲー映画だった件!注目ヒロインは山崎紘菜!
【TIFF2017】「レット・ザ・サンシャイン・イン」クレール・ドゥニの観る官能小説
【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界
【TIFFネタバレなし】『シェイプ・オブ・ウォーター』金獅子受賞!デルトロが放つ聲の形
【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察
【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇
【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び
【TIFF2017】『レインボウ』巨匠タヴィアーニ兄弟がやらかしたダメダメ映画
【TIFF2017】『スウィート・カントリー』ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作
【TIFF2017】『ハウス・オブ・トゥモロー』日本公開希望!こんなバンドみたことがない!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ解説】「ムーンライト」はジェームズ・ボールドウィンの世界だった件

ムーンライト(2016) MOONLIGHT(2016) 監督:バリー・ジェンキンス 出演

続きを読む

「Hunt for the Wilderpeople」クレヨンしんちゃん思わせる田舎に泊まろう!

Hunt for the Wilderpeople(2016) 監督:タイカ・ワイティティ

続きを読む

【ネタバレ解説】『マザー!』日本の配給会社が公開を諦めた!アロノフスキーが描く”アレ”

マザー(2017) MOTHER!(2017) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ジェ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】アフリカ映画「ひかり」はFFでありSWだった件

ひかり(1987) YEELEN(1987) 監督:スレイマン・シセ 出演:イシアカ・カネ

続きを読む

【MUBI】『昔のはじまり』ラヴ・ディアス驚異の5時間半

昔のはじまり(2014) 英題:From What Is Before 原題:Mula sa K

続きを読む

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野由記子、 大沢まりをetc

続きを読む

「狂い咲きサンダーロード オリジナルネガ・リマスター版」観終えた後、バイクに乗りたくなる…

狂い咲きサンダーロード  オリジナルネガ・リマスター版(1980) Crazy Thunder

続きを読む

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

母たちの村(2005) Moolaadé(2005) 監督:センベーヌ・ウスマン 出演:フ

続きを読む

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017) 監督:ウシロシンジ 出演:上白石

続きを読む

【寅さんフルマラソン④】「新・男はつらいよ」小林俊一版!ハワイ事件勃発

新・男はつらいよ(1970) 監督:小林俊一 出演:渥美清,倍賞千恵子, 横内正, 財津

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑