*

“Ç”「スター・ウォーズ」と「妖怪ウォッチ」に戦い挑む「映画 ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」

“Ç”「スター・ウォーズ」と「妖怪ウォッチ」に戦い挑む「映画 ちびまる子ちゃんイタリアから来た少年」

映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年

映画 ちびまる子ちゃん
監督:高木淳
出演:TARAKO,ローラ、劇団ひとり、中川大志、
パパイヤ鈴木、渡辺直美、トータス松本etc

評価:55点

世間はクリスマスモード
ちびっ子たちも念願の冬休み到来で
ウキウキしている頃だろう。
この時期の映画も充実しており、
アニメだと「I LOVE スヌーピー」、
映画 妖怪ウォッチ」、
大作だと「007/スペクター
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」など
目白押しである。

そんな最中、多くの注目作に戦いを挑んだ作品が
ある。それは「映画 ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年」
だ!あのサザエさんと双璧を成す日曜日・国民の顔「ちびまる子ちゃん」
だ。あの「ちびまる子ちゃん」が、グローバルをテーマにした
作品を作ったそうなのだが果たして…

グローバル化にしては危険すぎるキャスティング

本作、なんとあの大富豪「花輪君」の家に外国人が大量集結、
んでまたまた花輪財閥の力でまる子たちの家へホームステイ
させる。そんな外国人役のキャスティングが、
国際文化学部のブンブンから見ると非常にヤバい。
まず香港人の声優をローラが務めている、
おいおい彼女はバングラデシュ人、日本人とロシア人の
クオーターだぞ。さらにイタリア人は中川大志、
インド人は劇団ひとり、ハワイ人はパパイヤ鈴木、
ブラジル人は渡辺直美だ。

ここは、ちゃんとハーフか日本語ペラペラな
外国人使おうぜ、ハワイ人だったら最低でも
クリス・ハートを使うとかさ…
なんだけれど、実際観ると役者が本気で
演じており全く違和感がない。
特に、劇団ひとりが演じるインド人
観ただけじゃ絶対劇団ひとりと
分からない程ステレオタイプの
インド人を熱演していた。
パパイヤ鈴木も、ハワイにいそ~
な雰囲気を醸し出している。

まる子の相手方のイタリア人を
演じた中川大志の片言も
リアリティがある。

ローラは流石に無理があったが、
危険すぎるキャスティングは
見事グッドなラインを超えて見せた。

「ちびまる子ちゃん」は昭和のレプリカ

本作を観ると、今となっては想像つかない
出来事が次々と起きる。
まる子のファッションのダサさ(CHILD T-シャツのダサさは格別)、
黒電話、人捜しに電話帳を使う様子、
浴衣を作りに個人経営の布屋を訪れる様子。
今となってはフランチャイズやスマホ、ネットの世界の
台頭により失われた昭和日本の文化が、
「ALWAYS 三丁目の夕日」の様に露骨ではなく
さりげなく演出されているところに見応えを感じる。
子どもと観に行って、観終わった後に、
「昔はね、友だちと会うのに分厚い電話帳を
使ったのよ」みたいなコミュニケーションが取れる
ではないか。どうやら本作は海外に売るようだ。
流石に、あのステレオタイプすぎる外国人像は
どうかしている、特にブラジル人とインド人から
苦情が来そうだが、誇張しない日本の生活を
映す点では申し分ないであろう。

とはいっても、とはいっても、
ちびまる子ちゃんは日曜日のお茶の間で
観るもの。ドラえもんやクレヨンしんちゃんのように、
壮大な物語になることなく、
ただただ外国人のお友達と10日間過ごすだけ。
シリアスな問題も起こらず、花輪財閥の手腕に
支えられる様子のみが映し出されるのみ。
スター・ウォーズ」「妖怪ウォッチ」差し置いて
本作を観る人が多いかと言えば、厳しい結果が
返ってくるのは必至と言える。

ただし、もしあなたがちびまる子ちゃんのファンで
あれば一見の価値ある。なんと、まる子のおばあちゃんの
衝撃的な素顔が観られるぞ~w

余談だが「ブラジルから来た少年」の予告編張っておく。
ナチスハンターの話ですw↓

関連記事

“Ç”男向け道徳教科書「フレンチアルプスで起きたこと」

Turist 監督:リューベン・オストルンド 出演:ヨハネス・クーンケ、リサ・ロブン・コングスリe

続きを読む

“Ç”世界で最も哀れなホラー映画は?「死霊の盆踊り」

死霊の盆踊り(Orgy of the Dead) 監督:A. C. スティーヴン 出演:ウィ

続きを読む

“Ç”アカデミー賞助演女優賞最有力アリシア・ヴィキャンデル出演作「EX MACHINA(エクス・マキナ)」

エクス・マキナ(2015) EX MACHINA(2015) 監督:アレックス・ガーランド 出演:

続きを読む

“Ç”シネコンより爆音な映画館知りたい?「百円の恋」

アップリンクすげ〜   アップリンクで、昨年留学につき見逃した 「百円の恋」を観てき

続きを読む

“Ç”ゴダールがストーンズを撮る??「ワン・プラス・ワン」

ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌(ONE PLUS ONE) 監督:ジャン=リュック・ゴダール

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家洋画部門、1位はベルイマンの幻カルト作品

ブンブン映画ベストテン2015家洋画 今年はあんまり洋画の旧作を 観られなかったと感じている

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉟】「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」東大生の情事サポート

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 平田満,初井言榮,

続きを読む

「県警対組織暴力」、「日本で一番悪い奴ら」の原点!

県警対組織暴力(1975) Cops vs. Thugs(1975) 監督:深作欣二 出演

続きを読む

“Ç”9月のイチオシ映画:ビル・マーレイのアノ作品が登場

9月のイチオシ映画(ミニシアター系) 9月にもなると、 TOHOシネマズの6000ポイントで 使え

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

『暁に祈れ』ほぼドキュメンタリー!タイの獄中でLivin’ on a prayer

暁に祈れ(2017) A Prayer Before Dawn

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選

特集:ブンブン推薦!知られざるクリスマス映画3選 時はクリスマスシー

【ネタバレ酷評】『来る』トンデモクリスマス映画!妻夫木聡と岡田准一が見たものとは…?

来る(2018) 監督:中島哲也 出演:岡田准一、黒木華、小松

『恐怖の報酬 オリジナル完全版』ドキンちゃんのドキ☆ドキ☆パニックに5億点!!

恐怖の報酬 オリジナル完全版(2018※映画自体は1977年) SO

【『シュガー・ラッシュ:オンライン』公開記念】今こそ観たいクソ映画『絵文字の国のジーン』

絵文字の国のジーン(2017) The Emoji Movie

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑