*

“Ç”アンドリュー・ニコル10年ぶりの戦争映画「ドローン・オブ・ウォー」

“Ç”アンドリュー・ニコル10年ぶりの戦争映画「ドローン・オブ・ウォー」

ドローン・オブ・ウォー(GOOD KILL)

ドローン・オブ・ウォー
監督:アンドリュー・ニコル
出演:イーサン・ホーク、ジャニュアリー・ジョーンズetc

評価:80点

ラジコンのように操作できる遠隔操縦機が
秋葉原等で気軽に買え、
問題視されているドローン問題。
既にアメリカでは兵器として使われており、
スーダンやイラクといった紛争地帯に
アメリカの個室から爆撃できるようになった。
死の商人を描いた「ロード・オブ・ウォー」
以来10年ぶりにアンドリュー・ニコル
監督が描き出したドローン問題映画
それが「ドローン・オブ・ウォー」だ。

平和でもPTSD(心的外傷後ストレス障害)に…

以前、当ブログでも紹介した「アメリカン・スナイパー」
という作品がある。
戦場の地獄と天国である家族の元を行き来するうちに
生きるのが辛くなってどんどん精神崩壊していく
様子を描いていた。

「ドローン・オブ・ウォー」でも全く同じことが描かれている。
ラスベガスに家を構え、毎日家族の元に帰れる男。
しかし、遠隔操作で敵を倒す仕事に疑問を抱き始める。
たまたま見つけた強姦男。女をいじめて酷い目に
遭わせている男は命令外なので殺せない。
しかし、テロリストの近くにいる民間人、
女や子どもは「しょうがない」とされ
殺すよう命令される。
命令に従わないと不服罪に問われる為、
仕方なく殺す。

毎日、密室で長時間待たされ、
殺すのは罪なき人々。
元々パイロットで、左遷先がここだったが故、
酒におぼれていく恐怖が描かれていく。

「アメリカン・スナイパー」に比べると怖いほど静か。
戦地の音声が聞こえない為、
コンテナという密室で淡々と指令をこなすだけである。
しかし、画面の奥で見える景色にぐさりとくる。
ミサイル発射ボタンを押す。10秒後にターゲットは
爆発するが、丁度少年が通りかかる。
「あっちいけ!」と念じても伝わらない。
任務上死体の数も報告しないといけないため、
むごい。爆発された場所には、
ふきとんだ手が転がってたりする為
本当に身の毛がよだつ思いだ。

血みどろなシーンこそ少ないが、
R-15になるのもよく分かる、
観客の想像力でドンドン
観るのが辛くなってくるのだ。

「アメリカン・スナイパー」に
比べたら遙かに地味だが、
家に帰るまでがこれほどまでに
地獄だと分からせる作品は少ないであろう。

是非とも主人公が何故「帰りの高速道路」が
一番怖いのかを考えて観ることをオススメする。
きっと「アメリカン・スナイパー」で
主人公が家に帰りたがらない理由が
わかるぞ。

関連記事

“Ç”スタローン好演「ロッキー」新章「クリード チャンプを継ぐ男」

クリード チャンプを継ぐ男(CREED) 監督:ライアン・クーグラー 出演:シルベスター・ス

続きを読む

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER2049(2017) 監督:ド

続きを読む

“Ç”みなさん忘れてない?もう一つのセッション映画「セッションズ」

セッションズ(The Sessions) 監督:ベン・リューイン 出演:ジョン・ホークス、ヘ

続きを読む

“Ç”あり得なく、楽しきオペラ体験「CASANOVA VARIATIONS」

CASANOVA VARIATIONS 監督:Michael Sturminger 主演:ジ

続きを読む

“Ç”「弥次喜多道中記」オペレッタ時代劇という奇跡なジャンル

弥次喜多道中記(1938) 監督:マキノ正博 出演:片岡千恵蔵、杉狂児、 ディック・ミネ、

続きを読む

“Ç”したコメpresents「カフェ×映画会」に潜入調査

プレイベント充実のしたコメ新たな取り組み「したコメ映画会」 先日、知り合いからのタレコミで、

続きを読む

“Ç”【カンヌ国際映画祭特集】「軽蔑」2016年のポスターにもなったゴダール映画

軽蔑(1963) LE MÉPRIS(1963) 監督 :ジャン・リュック=ゴダール 出演

続きを読む

【ネタバレなし】「無垢の祈り」地味にヒット中の18禁映画!BBゴローが怖ぇぇぇぇええええ!

無垢の祈り(2016) Innocent Prayer(2016) 監督:亀井亨 出演:福

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~ベトナムの映画ポスターが超絶かっこいい件 お土産に最適です~

ベトナムの隠れた土産 先日ベトナム旅行に行きました。 皆さんはベトナムでどんな土産を 買います

続きを読む

【ネタバレ解説】「光りの墓」アピチャッポン監督に質問してみた

光りの墓(2015) Cemetery of Splendour(2016) 監督:アピチャ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑