*

“Ç”映画でモテる女を口説くのはつらいよ「反恋愛主義」

“Ç”映画でモテる女を口説くのはつらいよ「反恋愛主義」

反恋愛主義(JUST SEX AND NOTHING ELSE)


監督:クリスティナ・ゴダ
出演:ユーディト・シェル、カタ・ドボーetc

学校の授業で観たハンガリー映画。
当時EUに入ったばかりのハンガリーが
アメリカン・ラヴコメディへの憧れあふれる
作品だ。

ハンガリーの風景、せーチェニ温泉や
地下鉄を横目に、女性脚本家が
子どもを作るために奮闘する話。

しかし、婚活をするという訳ではなく、
子どもを作るためにセフレをゲット
しようとする話だから驚きだ。
そして、ある男の扱いが
この作品の中で酷くて
かわいそうに思ったぞ!

笑い男「アリ」はつらいよ

アメリカへの憧れを描いている「反恋愛主義」。
その中で差別されている人がいる。

「アリ」だ。
彼は主人公ドラを真剣に愛しているトルコ料理屋の男、
彼は周りのどの人物よりも彼女のことを考えてくれる。
例えば、ドラからセックスの相談を受ける場面。
丁度、アリはトルコに帰る予定が入ってしまっていた。
しかし、彼は時間を工面してドラに会いに行く。
ドラが帰ってと言うと、
帰り、別の日に改めて登場する。

しかしながら、彼はドラと結ばれない。

ドラは、かつてはモテていた「ヤング≒アダルト」的女。
プライド高く、今は独身なのに意地張っている女だ。
故に、いくらアリがアタックしても突破できない。
面白い男なんだけれどね~

アメリカンコメディにおける笑い男

アメリカのコメディ映画において、
エキゾチックな登場人物や小人は愛描写を
シリアスに魅せない緩和剤としてよく使われる。

例えばアダム・サンドラー主演の
「子連れじゃダメかしら?」では、

アフリカ人が「お見合いで失敗し、
仲が悪くなった男女が旅行先でばったり鉢合わせする気まずさ」
を和らげている。そしてこの作品では、
劇団のドロドロとした人間関係にファンタジーの
側面としてアリを置くことで物語を明るくしていると言えよう。

確かに、作品自体ド・ラクロの
「危険な関係」の舞台を上映するまでの期間に、

主人公がまるで「危険な関係」同様、
好きではない人と自己欲求のために
関係を結んでいくという複雑な構成となっている。
「アリ」の要素を抜いたら、
重々しいラヴ・ストーリーになりかねない。

故に、この作品を
「CSAK SZEX ES MAS SEMMI(Google翻訳:Just Sex And Nothing Else)」
と語っている以上、
コメディを作り出す存在として
必要だったと言える。

だが、私は差別的だと感じた。
「桐島、部活やめるってよ」と比較すると、
映画部のオタク青年が「鉄男」
を観にきた同級生に惚れ、破れる。

これは、明らかに主人公が勘違い
している描写を入れているが故に
必要な要素としての「失恋」が描かれている。

具体的に同級生は「鉄男」を
観たくて映画館に入った訳ではない
描写を入れることで、
短絡的にオタク=失恋に結びつける
ことを回避している。

しかし、「反恋愛主義」ではアリに
物語上必要ではない、
包丁芸、や裸踊りを盛り込み、
最終的に「失恋」させる。
コメディ要素として使い、
必要がなくなったところで捨てるという
使用法をしているが故に差別的である。

とはいえ、前作
「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」から
作風を180度変えたクリスティナ・ゴダの
力量は認めざるえない。彼女の次回作に期待である。
「反恋愛主義」予告編

関連記事

ハンガリー映画「WHITE GOD」レビュー
アダムサンドラー主演作「ステイ・コネクテッド」レビュー

関連記事

“Ç”アレッ、カレルさんですか?「フォックスキャッチャー」

Foxcatcher 監督:ベネット・ミラー 出演:スティーブ・カレル、 チャニン

続きを読む

“Ç”おめぇら捜査官失格!「シークレット・アイズ」(「瞳の奥の秘密」リメイク作)

シークレット・アイズ(2015) Secret in Their Eyes(2015) 監督

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉒】「男はつらいよ 噂の寅次郎」寅さん今昔物語に嵌まるの巻き

男はつらいよ 噂の寅次郎(1978) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,前田吟,

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

【ネタバレ】「ポッピンQ」プリキュアの後継を作ろうとして…キワモノ爆誕!

ポッピンQ(2016) POP IN Q(2016) 監督:宮原直樹 出演:瀬戸麻沙美,

続きを読む

【ネタバレなし】TIFF2016鑑賞記録4「メッセージ」ヴィルヌーヴのばかうけ映画はSFではない??

メッセージ(2016) ARRIVAL(2016) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エイ

続きを読む

“Ç”北斎の女もエロマンガを書く?「百日紅~Miss HOKUSAI~」

百日紅~Miss HOKUSAI~ 監督:原恵一 出演:杏、松重豊etc 最近、日本で

続きを読む

“Ç”久しぶりの園子温自主制作映画「ひそひそ星」第16回東京フィルメックスにて

ひそひそ星 THE WHISPERING STAR 監督:園子温 出演:神楽坂恵 評

続きを読む

【酷評】『リベンジgirl』桐谷美玲が可哀相、ドナルド・トランプもドン引きのブラック政治コメディ

リベンジgirl(2017) 監督:三木康一郎 出演:桐谷美玲、鈴木伸之、清原翔etc

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ヘイトフル・エイト」オマージュはアルトマンではなく「遊星からの物体X」??

ヘイトフル・エイト(2015) HATEFUL EIGHT(2015) 監督:クエンティン・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑