*

【ネタバレ】『ゲティ家の身代金』人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

【ネタバレ】『ゲティ家の身代金』人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

ゲティ家の身代金(2017)
All the Money in the World(2017)


監督:リドリー・スコット
出演:ミシェル・ウィリアムズ、
クリストファー・プラマー、マーク・ウォールバーグ、
ロマン・デュリスetc

評価:60点

ケビン・スペイシーセクハラ告発事件により、お蔵入り寸前になったリドリー・スコット最新作。クリストファー・プラマー緊急参戦で秒で撮影&編集を終わらせ、プラマーをアカデミー賞ノミネートまで引き上げた驚異的作品『ゲティ家の身代金』を観てきた。

『ゲティ家の身代金』あらすじ

1973年に実際に起きた、誘拐事件を脚色し映画化!石油王ジャン・ポール・ゲティの息子が誘拐された!しかし、吝嗇なゲティは身代金を払わないと宣言。難航する交渉。元ゲティ家のアビゲイルはゲティに協力してもらうべく暗躍する…

人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

本作は、吝嗇を極めた強欲の神ゲティおじさんに如何にして身代金を引き出すのかという話だ。

巷では度々、コンサルタント男子をATMとして使おうとしたら、「金を入れなきゃ引き出せないよ」とカウンターパンチに遭う女の話が話題となるが、ゲティおじさんの堅牢さはコンサルタント男子の比ではない。難易度星10個だ。ロシアのATM強欲のように、ATMごとショベルカーで奪っても金を引き出せない難易度がある。

元ゲティ一族の女が如何にしてゲティおじさんを説得するのかという攻防と当の誘拐された坊ちゃんのリアル脱出ゲーム話を巧みに交差させることで、長尺にも関わらず1秒たりとも気を抜けない一級サスペンスとなった。

モチのロン!クリストファー・プラマーは素晴らしい演技を魅せる。役作り期間ほぼ0にも関わらず、強欲の神、圧倒的悪魔感を醸し出す。勝てそうにないのだ。

こりゃ大満足、、、といきたいところ、流石はリドリー・スコットおじちゃんといいたいところだったのだが、詰めが甘かった。

折角、吝嗇を極めた強欲の神としてゲティおじさんを描いてきたのに、終盤のある展開で、「そんなに簡単に折れるの?」と思わずにはいられないシークエンスがあり、それにより物語は崩れてしまった。ブンブンの見逃しかもしれないが(もし知っている方がいましたら教えて欲しいです)、アビゲイルが結局100万ドルゲティおじさんから支援を頂けることになったシーン。妥協妥協の末にこの金額を引き出せたのだが、次のシーンでは急に犯人が要求していた1700万ドルを用意している。どこから残りの金額が出てきたのか?政府やマスコミから借りたのか?全く描かれていない。あるいは強調して描かれていないがために、ゲティおじさんとの交渉がどうでも良くなってしまうご都合主義に陥ってしまっているのだ。

また折角誤魔化せてきたアビゲイルの元夫も終盤に再度出現させることで、意味ありげに見えるが、物語の機能として全く機能しない。出オチで終わってしまっているのだ。やはり、一度製作をストップし、しっかり再考する必要があったのではと思った。

楽しい映画だが、何処かモヤモヤする作品であった。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA(1993) 監督:チャ

続きを読む

【myfff】『アヴァ AVA』盲目描写はアウトだが、映像が凄い!

アヴァ(2017) AVA(2017) 監督:レア・ミシウス 出演:Noée Abita、

続きを読む

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

あの頃エッフェル塔で(2015) Trois souvenirs de ma jeunesse

続きを読む

【速報】第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 ウェス・アンダーソン2作品連続受賞

第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞:Touch Me Not 監督:Adina Pi

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『失われた週末』山口達也擬似体験映画(第1回最優秀賞受賞作品)

失われた週末(1945) The Lost Weekend(1945) 監督:ビリー・ワイル

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子, 長

続きを読む

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャル

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジェイ・ズラウスキー 出演:ヴ

続きを読む

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

北千住ブルースタジオに行ってみた♩ 先日、EUフィルムデーズでペドロ・コスタ監督作『ホース

続きを読む

【MyFFF】『スワッガー Swagger』日本も人ごとじゃない二世の叫び!

スワッガー(2016) Swagger(2016) 監督:Olivier Babinet

続きを読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    すみません、通りすがりなんですが、マーク・ウォールバーグが身代金を400万ドルくらいに値切ってました。そしてゲティ爺から300万ドルくらいふんだくってます。値切って、金をちょっと引き出す。新しい「元CIAエージェント」像やなと思ったので、多分そんな感じです。それくらいしないとマーク・ウォールバーグ、ただの子守り?アビゲイルのサンドバッグ?って感じだったので。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

【デプレシャン特集2】『そして、僕は恋をする』フランスのヰタ・セクスアリス

そして、僕は恋をする(1996) Comment je me sui

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑