*

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018)


監督:佐藤信介
出演:木梨憲武、佐藤健、本郷奏多、
二階堂ふみetc

評価:40点

アイ・アム・ア・ヒーロー』に引き続き、ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭を制したアクション映画『いぬやしき』が遂に公開された。果たして…

『いぬやしき』あらすじ

冴えないサラリーマン犬屋敷は家族から疎まれ、会社でもうだつが上がらない。ガンが発覚し、余命僅かとなった犬屋敷は公園で大事故に遭遇する。気がつくと機械の身体になっており…

アニメの下手なZIP圧縮

実は先日、アマゾンプライムでアニメ版が配信されていたので10話程鑑賞してから映画館へ行った。本作は傑作であろうと確信していた。アニメ版は、キャラクターの動かし方が下手で脚本も鈍重だった。それを佐藤信介監督が2時間に圧縮したら、さぞかし面白いだろうと思っていた。

しかし、冒頭から不穏な空気が私を包む。犬屋敷の新居の映し方から、「撮影下手すぎないか?」と不安にさせる。家族が新居に向かう。「お父さんやるじゃん」とイカした家を前に娘が言うと、母が「いや、こっちだよ」と地味な家を見せる場面。しかし、映し出された家の後ろにあるボロい建物が存在感大きすぎて、そのボロい家が新居だと勘違いしてしまうような撮影になっているのだ。

そして、セリフは「ロイホ」「まんじゅう」と固有名詞単位でアニメのまんま。キャラクターも、アニメで余分に感じた渡辺しおんというキャラクターをしっかり登場させている。では、上手く再構成できているのかと思うと、これができていない。アニメだと渡辺しおんは、ある種のストックホルム症候群のように獅子神皓(敵役)を庇う。恋愛感情と、機械人間となった獅子神皓に対する恐怖が入り混じる様子を描いていたからこそ、渡辺しおんはかろうじて活きているキャラクターだったのだが、映画版では時間を意識してなのか、事務的に登場させて映画から退場させている。あまりに雑なのではと感じた。

極め付けは、予算の都合か、なかなかトランスフォームを魅せてはくれない。予告編であったようなバトルシーンは最後の最後になるまでない。かといって、そこに行き着くまでのプロセスにキレがないので途中で飽きてくる。

ヤバいぞ、ヤバいぞと思ったらまさにその通り。アクションシーンこそ面白いが、アニメ同様、キャラクターを動かしきれず、脚本も非常に動きが鈍。ただのアニメの下手なZIP圧縮に過ぎずがっかりしてしまった。

P.S.個人的に犬屋敷役をアニメ同様、小日向文世でやってほしかった。木梨憲武は、セリフを《読んでいる》感じが強すぎました。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

シネフィル必見最強のVOD《MUBI》は難易度高いが挑戦する価値あり!

シネフィル必見最強のVOD《mubi》を使ってみた 『スリー・ビルボード』公開のこのタイミングで、

続きを読む

『マンマ・ミーア!』一人の海賊、二人のスパイ、パパは誰だ?

マンマ・ミーア!(2008) Mamma Mia!(2008) 監督:フィリダ・ロイド 出

続きを読む

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA(1993) 監督:チャ

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

【大人の自由研究】m&m’sを食いながら観る2つの『M』

m&m'sを食いながら観る2つの『M』 皆さんは、フリッツ・ラングの『M』という作品をご存知だ

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマの逆襲』睡魔との戦い…まさに逆襲だ!

ファントマの逆襲(1913) Le Mort qui tue(1913) 監督:ルイ・フイヤ

続きを読む

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969) 監督:ギオルギ・シェンゲラ

続きを読む

『レディ・バード』6/1日本公開グレタ・ガーウィグの受験映画

レディ・バード(2017) Lady Bird(2017) 監督:グレタ・ガーウィグ 出演

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑