*

【Netflix】『テイク・ユア・ピル』驚愕!薬物史から紐解かれるADHD史

【Netflix】『テイク・ユア・ピル』驚愕!薬物史から紐解かれるADHD史

テイク・ユア・ピル スマートドラッグの真実(2018)
Take Your Pills(2018)


監督:アリソン・クレイマン

評価:80点

Netflixドキュメンタリーは毎回クオリティの高いものが多く定期的に観るようにしている。最近アカデミー賞でNetflixオリジナルドキュメンタリーの『イカロス』が長編ドキュメンタリー賞を受賞してから、尚更今後積極的に追っていかないといけないなーと思っている。そんな中、先日『テイク・ユア・ピル』という面白そうな作品が配信された。『イカロス』や『ヘロイン×ヘロイン』とNetflixが結構力を入れているドラッグ系ドキュメンタリーだ。町山智浩の話で時折小耳に挟む、ドラッグ依存のアメリカ社会。その真相に迫るドキュメンタリーだ。ありきたりな内容だと思ってみたら、非常に深い次元まで掘り下げられている傑作であった。

『テイク・ユア・ピル スマートドラッグの真実』概要

アデロール。アメリカではスマートドラッグとして、学生からスポーツ選手、プログラマーから大手金融会社の社員まで服用する薬物だ。何故アメリカがこうもドラッグ依存社会になったのか?過度に行きすぎた競争社会によるものであることが明らかになる一方、ADHDと密接な関わりがあった…

スマートドラッグ史とADHD史の深い関わり

本作は一見、「ドラッグがアメリカで蔓延した理由は競争社会です」というユニークな切り口に欠けるドキュメンタリーに見える。しかし、本作はアデロールというスマートドラッグの蔓延からADD(注意欠陥障害)、ADHD(注意欠陥/多動性障害)との関係性が見えてくるとてつもなく不気味でユニークな見解が展開されていた。

アメリカの過度な競争社会は今や幼少期の時代から始まっている。親は子どもに英才教育と称して習い事をさせたりする。一流の大学、一流の企業に入るために猛烈に勉強しないといけない。しかし、貧しい人にとって裕福層の環境は羨ましくてしょうがない。貧困層出身の学生はこう語る。

「アデロールはたった2ドルで、富裕層と並ぶことができる。アデロールは均等を生む。でも富裕層がアデロールを使ったら…もっと差が広がっちゃう。」

ジャブのような、貧富の格差、競争社会を映し出し、ひょっとスポーツ選手にフォーカスがあたる。彼はADHDと認定され、アデロールが正式に処方される。スポーツの世界において、ドラッグは禁止のはずでは?と思う。しかし、どうやら抜け道があるらしく、ADDやADHDの治療としてドラッグを使用するのは許されているのだ。そしてそのスポーツ選手と家族は「ADHDと認定されたぞ!!」と喜ぶ。ただ、これをみてゾッとした。君はADHDではないんじゃないのか?几帳面に写真とか並べているが、これは演技なのでは?と。

そしてだんだん明らかになってくる医療業界のADHD稼業が明らかになる。次々と患者をADHDと認定し、薬を処方することで儲かる仕組みがアメリカで構築されていたのだ。なので、確かに本当にADHDやADDだと思われる人も出てくるのだが、薬を貰う為だけにADHDになるという人もいるということに不快感を覚える。しかも厄介なことに、ADHDと偽る人は、家族ぐるみでADHDであろうとする。本人はADHDであることを信じているのだ。

ただ、ドキュメンタリーが進むと、もはや社会全体がADDやADHDなんだということに気づかされる。今やスマホ社会で、隙あらば皆SNSをいじってしまう。電車の中、食事中、友達との会話中でさえも。人々は膨大な情報の洪水に流されてしまうのだ。私も、最近、スマホはドラッグだと思い、週に何日かは会社にスマホを持っていかないようにしている。人々はスマホという便利なツールで持って集中力を失ったということが分かってくるのだ。

こうなってくると、ADHDやADDは自分が「何者」であるのかを示すものでしかなくなる。本当に、ADHDやADDで苦しんでいる人にとってたまったもんじゃないなと感じた。と同時に、ひょっとすると『男はつらいよ』の寅さんのように、何者であるのかをしらずに、多少の価値観の違いに戸惑いつつも生きた方が幸せなのかもしれない。

これは必見のドキュメンタリーだ。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ノン、あるいは支配の空しい栄光(1990) 原題:NON', OU A VA GLORIA DE

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018) THE CLOVERFIELD PARADOX(2

続きを読む

『レディ・バード』6/1日本公開グレタ・ガーウィグの受験映画

レディ・バード(2017) Lady Bird(2017) 監督:グレタ・ガーウィグ 出演

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マッテオ・ガローネ 出演:アニ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊾】「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別編」真の最終回

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花  特別編(1997) 監督:山田洋次 出演:渥美清、

続きを読む

【アテネフランセ特集】『どん底(2008)』メンドーサの荒ぶるマニラ世界

どん底(2008) 原題:Tirador 英題:Slingshot 監督:ブリランテ・メン

続きを読む

『ザ・シークレットマン』はリーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

ザ・シークレットマン(2017) Mark Felt: The Man Who Brought

続きを読む

【ネタバレ解説】『マザー!』日本の配給会社が公開を諦めた!アロノフスキーが描く”アレ”

マザー(2017) MOTHER!(2017) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ジェ

続きを読む

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012) REALITY(2012) 監督:マ

【ネタバレ解説】『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』には我々が観たかった『カンフー・ヨガ』がある

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱(2018)

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『悪魔』監督2作目にしてFPS視点を発明!

悪魔(1972) Le Diable(1972) 監督:アンジ

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(19

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

アレッポ 最後の男(2017) 原題:آخر الرجال في ح

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑