*

【クラウドファンディング】『PSYCHOMAGIC』ホドロフスキー新作に出資してみよう!

【クラウドファンディング】『PSYCHOMAGIC』ホドロフスキー新作に出資してみよう!

A.ホドロフスキー新作クラウドファンディング始動


昨日3/15(木)より、フランスのクラウドファンディング・プラットフォームulule(ウルル)でアレハンド・ロホドロフスキーの新作PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS(サイコマジック~癒しのアート~)』のクラウドファンディングが始動しました。

『PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS』クラウドファンディングに参加してみる?

アレハンドロ・ホドロフスキーとは?

アレハンドロ・ホドロフスキーとは、チリを代表とする映画監督。1969年に発表した『エル・トポ』でカルト人気となり、あのジョン・レノンが映画配給権を買い、次回作の『ホーリー・マウンテン』の配給権まで独占するほど熱狂させたことで有名な監督だ。そんな彼は1970年代にSF超大作『DUNE』の制作を企画。バンド・デシネの巨匠メビウスに『エイリアン』の造形を手がけたH.R.ギーガー、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー、映画史の長オーソン・ウェルズ等あらゆるジャンルの鬼才・巨匠を集めた超大スペクタクルを作ろうとするものの頓挫。しかし、本プロジェクトで完成した絵コンテやアイデアが『スター・ウォーズ』、『エイリアン』、『マトリックス』等、後のSF作品に多大な影響を与えた。80歳を超えても尚、『リアリティのダンス』、『エンドレス・ポエトリー』といった作品を発表している。

ブンブンのホドロフスキー映画記事

・【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!
【エンドレス・ポエトリー公開記念】「TUSK」ホドロフスキー幻の象映画
“Ç”【エンドレス・ポエトリー完成記念】「ホーリー・マウンテン」を観る
「ホドロフスキーの虹泥棒」アラビアのロレンスの2人が28年後ゲテモノ映画で再会ww

『PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS』とは?

そんなキング・オブ・カルトなアレハンドロ・ホドロフスキーの新作は、『リアリティのダンス』、『エンドレス・ポエトリー』に次ぐこれまたホドロフスキー自身の映画だ。
彼は映画監督の顔の他に、セラピストとしての顔を持っている。毎週水曜日にパリのカフェでタロットカード等を使った独自のセラピー《サイコマジック》を行なっている。彼は今回、この《サイコマジック》の世界を映画にまで広げ、映画というジャンルを超えた癒しのアートを作り出そうとしています。故に、タイトルも監督の気持ちがストレートに表れた『PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS(サイコマジック~癒しのアート~)』となっています。

参加すると何がもらえるの?

クラウドファンディングとは、応援したいプロジェクトに出資するとREWARD(褒賞)がもらえたりする。もちろん、プロジェクトは成功して欲しいが、やはりREWARDは気になるもの。今回のプロジェクトでは次のようなREWARDが用意されています。

※1ユーロ≒130円(2018年3月時点)

5ユーロ以上コース:デジタルマニフェスト

本プロジェクトに関する声明文。電子配布。

10ユーロ以上コース:モザイク

『エンドレス・ポエトリー』を観た方ならご存知でしょう。エンドロールのモザイクに貴方の名前が載ります。

21ユーロ以上コース:Dinero Poetico

ホドロフスキー考案のお札(10×1、2×10)。なんと仮想通貨としても使えるようですw

25ユーロ以上コース:Perk

以下の中から褒賞を選べます。
・トートバック
・ポスター(A3)
・T-シャツ(S,M,L)
・マニフェスト(A4)
・Dinero Poetico (5×1, 2×10)

30ユーロ以上コース:DVD+詩的通貨

本作のDVDとDinero Poetico (10×1, 2×10)

45ユーロ以上コース:デジタルブック+Dinero Poetico

ホドロフスキーのサイコマジックを擬似体験できるデジタルブックとDinero Poetico (5×1, 4×10)

61ユーロ以上コース:DVD+新札+アルファ

・DVD
・Dinero Poetico(1×50, 1×10, 1×1)
と下記の中から1点褒賞を受け取れます。
・トートバック
・ポスター(A3)
・T-シャツ(S,M,L)
・マニフェスト(A4)

71ユーロ以上コース:ブックパック

・デジタルブック
・Dinero Poetico(1×50, 1×10, 1×1)
と下記の中から1点褒賞を受け取れます。
・トートバック
・ポスター(A3)
・T-シャツ(S,M,L)
・マニフェスト(A4)

100ユーロ以上コース:シナリオパック

・デジタルブック
と下記の中から1点PDF形式で脚本が受け取れます。
・King Shot(英語)
・エル・トポの息子(英語、フランス語、スペイン語)
・PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS(フランス語、スペイン語)

130ユーロ以上コース:サイコマジックパック

・デジタルブック
・Dinero Poetico(1×100,1×50, 1×10, 1×1)
・トートバック
・ポスター(A3)
・T-シャツ(S,M,L)
・マニフェスト(A4)

150ユーロ以上コース:EXCLUSIVE

下記のホドロフスキーサイン入りグッズを褒賞として受け取れます。
・ポスター(A3)
・マルセイユのタロット
・サイコマジックのマニュアル
・サイコマジックの本

200ユーロ以上コース:プレミア上映入場券

パリで行われるプレミアに参加できるチケット1枚。
50枚限定。

300ユーロ以上コース:DUNEの脚本

未完の作品DUNEのサイン入り脚本

その他

これ以上の褒賞も用意されているが、一般ピーポーには到底手が出せないような額になってくるので、ここでやめておきます。詳しくは『PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS』クラウドファンディング特設サイトにて確認してください。

どうやって申し込むの?

さて、気になるのは出資方法。近年Kickstarterのように海外のクラウドファンディング・プラットフォームが日本上陸するケースもあるが、本プロジェクトのプラットフォームであるululeは日本未上陸。残念ながら日本語未対応です。英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、カタラン(カタルーニャの言葉)、オランダ語のいずれか得意な言語で出資を申請してください。ここでは英語で申し込み方法を紹介します。

1.褒賞を選ぼう



画面に表示されている褒賞の中から受け取りたいものをクリックしましょう。尚、《25ユーロ以上コース:Perk》のように選択式の褒賞の場合、自分が受け取りたい商品をしっかり選択しましょう。

2.ログインしよう

ululeのアカウントを作ってもいいのだが、本プロジェクトの為に個人情報を1から登録していくのって面倒くさいですよね?そんなことも考えてか、ululeではFacebook,Twitter,Messengerのアカウントからログインすることができます。ブンブンはFacebookからログインしました。

3.輸送国を選ぼう



輸送先を選ぶようメッセージが出ます。Japanを選択しましょう。プランにもよるが、20ユーロ程輸送料がかかります。

尚、ululeの場合、どうやら1件毎に輸送料が発生するので、
《130ユーロ以上コース:サイコマジックパック》+《61ユーロ以上コース:DVD+新札+アルファ》という組み合わせで申請しようとすると、20ユーロ+19.5ユーロ=39.5ユーロかかります。意外と輸送料高いです(しょうがないのだが)。

4.送り先を書こう



さて、ようやく送り先を書く場面にやってきました。

今回、個人での出資なので、《Individual》を選択しましょう。
そして送り先を書きましょう。

・First name(例:Taro)
・Last name(例:Yamada)
・Address:英語で住所を書く場合、逆から書きます

詳しくは、weblio「英語の住所(宛先)の正しい書き方・言い方・伝え方」を参照してください。

・Postal code:郵便番号、ハイフンも〒もなくて問題ありません
・City:○○市、○○区みたいなもの。○○-kuと書こうが○○と書こうがどちらでも届きます(ブンブン実体験)。
・State:都道府県。 〜kenみたいなのは要らない。例えば、Tokyo-toと書くよりもTokyoとした方が紛らわしくない。

ちなみにクレジットカードの請求書の送り先を別にしたい場合は、《Billing adress》も記入しましょう。

5.その他情報を記入しよう


国籍(Nationality)、居住国(Country of resedence)、生年月日(Birthday date)を記入しましょう。

6.クレジットカード情報を入力しよう


最後にクレジットカード情報を記入して完了。

支払い可能なカードはCarte Bleue、マスターカード、VISAカード、postepayの4つです。

支払いが終了すると、企画者(この場合ホドロフスキー監督及び関係者)にメッセージが送れます。

あとは、次の3つのことを行い、プロジェクトが成功することを祈りましょう!
1.支払いがきちんと行われているのかの確認
(海外のサイトは、クレジット決済が遅い場合もあり直ぐに決済メールが来ないことがあります。
数日様子をみましょう。また今回、支払いが発生するのは出資応募が終了する4/23以降のようです)。

2.定期的にクラウドファンディングの進捗を確認
(メールや、クラウドファンディングサイトで進捗が発表されます)

3.SNSで積極的に応援する
(成功する為には民衆の声っていうのが意外と重要だったりする)

最後に…

いかがでしたでしょうか?
映画のクラウドファンディングは、結構出資したいときにしないと後悔します。それこそ、ブンブンはホドロフスキーの前作『エンドレス・ポエトリー』に出資しなかったことは悔しく思っています。それ以上に、『この世界の片隅に』と『犬ヶ島』に出資しなかったことは今でも後悔しています。

なので、もし貯金があり、好きな映画監督がクラウドファンディングをしていたら是非出資してみてください。きっとかけがえのない経験となることでしょう。

ちなみに今回、ブンブンは《130ユーロ以上コース:サイコマジックパック》+《61ユーロ以上コース:DVD+新札+アルファ》を申し込みました(えっ、T-シャツやお札そんなに要らないだろって?そんなことないさ!)。本当はDUNEの脚本も欲しかったのだが、思いの外輸送費が高かったのと、来月にはズラウスキーDVD-BOXの出費で1万近く飛ぶことを考え自粛しましたw

『PSYCHOMAGIC AN ART THAT HEALS』クラウドファンディングに参加してみる?

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ解説】『デッドプール2』続編として100点満点!そして、ドミノという大発明

デッドプール2(2018) DEADPOOL 2(2018) 監督:デビッド・リーチ 出演

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~脚本・脚色賞~「スポットライト」&「マネー・ショート」

脚本賞 ・マット・チャーマン&コーエン兄弟「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・ジョナサン・ヘルマン

続きを読む

『さらば冬のかもめ』リチャード・リンクレイターが続編作ったらしいぞ!

さらば冬のかもめ(1973) The Last Detail(1973) 監督:ハル・アシュ

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画、長編ドキュメンタリー、長編アニメーション~

第89回アカデミー賞受賞予想① 今年もアカデミー賞のシーズンが やってきましたので、 順次予想

続きを読む

【TAAF2018】『パジャマを着た男の記憶』日本公開希望!自分を切り売りするということ

パジャマを着た男の記憶(2017) MEMORIES OF A MAN IN PAJAMA(201

続きを読む

【速報】第71回カンヌ国際映画祭パルムドールは『万引き家族』!21年ぶりに日本映画が受賞

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:万引き家族 監督:是枝裕和 すげええ

続きを読む

【速報】第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルムドールは「THE SQUARE(広場)」スウェーデンのゲテモノ映画

第70回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:THE SQUARE (リューベン・オストルン

続きを読む

2017年度チェ・ブンブンの極私的アカデミー賞&総括 ハイローまさかの5冠!

2017年度チェ・ブンブンの極私的アカデミー賞 1週間近くに渡って語ってきた、部門別ベストテン20

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『ネッド・ライフル』ベタなエディプス・コンプレックスなのだが…

ネッド・ライフル(2014) NED RIFLE(2014) 監督:ハル・ハートリー 出演

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録5「ミスター・ノー・プロブレム」ロウ・イエ映画の脚本家初監督作品!

ミスター・ノー・プロブレム(2016) Mr.No Problem(2016) 監督:メイ・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

【デプレシャン特集2】『そして、僕は恋をする』フランスのヰタ・セクスアリス

そして、僕は恋をする(1996) Comment je me sui

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑