*

【エンドレス・ポエトリー公開記念】「TUSK」ホドロフスキー幻の象映画

【エンドレス・ポエトリー公開記念】「TUSK」ホドロフスキー幻の象映画

TUSK(1980)


監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演: Cyrielle Clair, Anton Diffring etc

評価:80点

11/18(土)にアップリンク他にて伝説のカルト映画監督アレハンドロ・ホドロフスキー(「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「ホドロフスキーの虹泥棒」)の新作「エンドレス・ポエトリー」が公開される。ホドロフスキーは親日家でもあり、日本でも根強い人気を持つ監督ではある。しかし、日本未公開の作品があることをご存じだろうか?1980年に作られた象映画「TUSK」です。日本ではほとんど知られていないのですが、今回観ました。凄いドープな作品でしたよ。

「TUSK」あらすじ

インド象のTUSK君と同じ日に生まれたイギリス女性エリスの数奇な人生を描く。

爆音で観たい傑作!

IMDbの評判が宜しくないので、ひょっとしてつまらないのかな?と思っていたのだが、そんなことはありませんでした。ホドロフスキーお得意のサイケデリックな映像とトランスにトランスを重ねるドープな音楽が誘うカオスな世界観にノックアウトされました。話としては至ってシンプル。象と少女の数十年の友情を描いています。

冒頭、10分近く壮大すぎる音楽をバックに、象のTUSK君と少女がこの世に産み落とされるところから始まります。
このシーンだけで5億点!これこそ爆音で観たい!立川で観たい案件です!

そして、狂人、謎の魔術師、カラーランかと思ってしまう色のついた粉を投げ合う人々が怒濤のごとく画面を飛び交う。

気づくと、観客は象のTUSK君が苛められていることに気づくでしょう。少女同様、観客は象に対し「かわいそう」だと思う。ようやく物語が進む。しかし、一筋縄ではいかない。数十年の友情を描いているにも関わらず、少女の成長をたった数枚の写真による紙芝居で済ませてしまうのです。

そして、後半戦では悪党と成長した少女の熱いバトルが繰り広げられる。

まあ、一応筋書きはあるのですが、ほとんどホドロフスキーのフェチズム全開な不思議な映画でした。

断じて言えるのは、彼の監督作の中で、一番劇場で観なければいけない案件だということ。日本の配給会社さん、是非劇場で「TUSK」を上映できるように買い付けを行ってほしい!そう願うブンブンでした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ解説】「新 感染」銃もナイフも使わずしてゾンビ映画最高傑作!ハンカチ必携だ!

新 感染 ファイナル・エクスプレス(2016) 原題:부산행、 英題:Train to Busa

続きを読む

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画2

人生スイッチ(Relatos Salvajes) 監督:ダミアン・ジフロン 出演:リカルド・

続きを読む

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカとギター弾き」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka 監督:長谷井宏紀 出演:Cydel Gabutero, Peter Milla

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

地球の急ぎ方~フィンランドの映画館Finnkino Kinopalatsi調査~

ヘルシンキの映画館: Finnkino Kinopalatsi フィンランド・ヘルシンキに行

続きを読む

【東京フィルメックス】『見えるもの、見えざるもの』インドネシアの『君の名は。』は『黄身の名は。』

見えるもの、見えざるもの(2017) The Seen and Unseen(2017) 監

続きを読む

「聖の青春」村山聖VS羽生善治の静かな闘いを疑似体験

聖の青春(2016) 監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、 東出昌大、染谷将太etc

続きを読む

【ホン・サンス特集】「ソニはご機嫌ななめ」そりゃ怒るわなぁ

ソニはご機嫌ななめ(2013) OUR SUNHI(2013) 監督:ホン・サンス 出演:

続きを読む

“Ç”池袋に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」公式カフェオープン♡

池袋アルパにバック・トゥ・ザ・フューチャー カフェオープン 10/6よりトラットリアパラディー

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだらし

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑