*

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013)
POZITIA COPILULUI/
CHILD’S POSE(2013)


監督:カリン・ペーター・ネッツァー
出演:ルミニツァ・ゲオルギウ,
ボグダン・ドゥミトラケ,
イリンカ・ゴヤetc

評価:80点

2000年代以降、ルーマニア映画が国際映画祭で注目されている。「4ヶ月,3週と2日」、「エリザのために」のクリスティアン・ムンジウ、「シエラネバダ」のクリスティ・プイウ等々、いずれもほの暗い水色を基調とした色使いで陰鬱なストーリーを展開している。

今回Netflixで観た「私の、息子」はベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した作品。例に漏れず陰鬱な作品でしたぞ…

「私の、息子」あらすじ

息子が交通事故で子どもを殺してしまった!親ばかなオカンは、なんとかして息子が刑務所にいってしまうのを防ごうと、警察や目撃者を賄賂等で説得していく。しかし、息子はそんなオカンにうんざりし軋轢が軋轢を生むのだった…

親ばか映画の真骨頂!

息子が交通事故で、他人の子どもを殺してしまう。日本なら「一生償います」で色んな意味で終わるのだが、本作はなんとオカンがなんとかして息子を刑務所に入れまいと、警察に交渉したり、目撃者を買収しようとする。観客は、本作を観てドンビキするだろう。「えっどんだけ親ばかなんだ」と。

ただ、コレはもしかするとルーマニアの文化なのかもしれない。「エリザのために」もそうだったのだが、やたらと近所館系、家族の絆が重要になってくる。「困っている人は助けよう」「皆で汚職しよう」というある種、社会主義国家だった名残を感じさせる。それ故に、集団で犯罪を全力でもみ消そうとする不気味さが際立つ。

なんたって、本作のオカンは一切被害者家族に対しての謝罪の「しゃ」の字もないのだ。被害者家族に対面しようなら、慰謝料を渡すシーンがあるのだが、謝罪の気持ちは微分たりもなく、あくまで「私の心が休まるように」とベクトルが自分に向いているではありませんか。被害者家族もあまりの哀しさに泣くしかできないのだが、怒って良いんだぞといいたくなる。

どこまでクソ野郎なんだ。グーパンしたくなるオカンの愚行に唖然とさせられる一本でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【Netflix】「ゲットダウン」バズ・ラーマンはヒップホップな人だった件

ゲットダウン(2016) GET DOWN(2016) 監督:バズ・ラーマン 出演:シャミ

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家邦画部門~

1.鴛鴦歌合戦 学校の映画の授業で先生が「笑えるけど泣ける」と絶賛していた。 タイトルは厳つ

続きを読む

“Ç”【緊急特集】SMAP解散するってよ!映画で観るSMAPの歩み

まさかのSMAP解散 1988年から活動を始め、 もはや日本を代表とする アイドルであるSMAP。

続きを読む

【ベネチア国際映画祭】「苦い銭(Bitter Money)」オリゾンティ脚本賞受賞ワン・ビン新作ドキュメンタリー

苦い銭(2016) Bitter Money 苦銭 KU QIAN 監督:王兵(ワン・ビン

続きを読む

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017) 監督:ウシロシンジ 出演:上白石

続きを読む

フランス映画「まぼろし(2000)」

監督:フランソワ・オゾン 出演:シャーロット・ランブリング、ブリュノ・クレメールe

続きを読む

「Ma Loute」ブルーノ・デュモンの歪んだ観光客像

北欧旅行で観た映画7: Ma Loute(2016) 監督:ブルーノ・デュモン 出演:ファ

続きを読む

「課長 島耕作」根岸吉太郎が描く彼は無能だった…

課長 島耕作(1992) 監督:根岸吉太郎 出演:田原俊彦, 豊川悦司,坂上忍,津川雅彦

続きを読む

“Ç”ジジイコネクション「CANAILLES CONNECTION」

監督:Reshef Levi 出演:サッソン・ガーベイ、 パトリック・スチュアートetc Xメン

続きを読む

“Ç”【EUフィルムデーズ】「特捜部Qキジ殺し」続編から観ても楽しめるバディ映画

特捜部Qキジ殺し(2014) Fasandaeberne(2014) 監督:ミケル・ノルガー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑