*

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ノン、あるいは支配の空しい栄光(1990)
原題:NON’, OU A VA GLORIA DE MANDAR
英題:NO, OR THE VAIN GLORY OF COMMAND


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:ルイス・ミゲル・シントラ、
ディエゴ・ドリアetc

評価:80点


ブンブンが今嵌まっている映画監督にマノエル・ド・オリヴェイラがいます。彼はポルトガル映画界の巨匠で、100歳を超えても映画をコンスタントに撮り続けた超人です。昨年、彼の作品群が名画座で公開されていたのだが、金をケチって幾つか見そびれてしまいました。この度、社会人になったので、社会人マネーの力でオリヴェイラDVD-BOXを購入しました。約3万円…プレミア価格って恐ろしいですねw

早速、1本目「ノン、あるいは支配の空しい栄光」を観てみました。本作はカンヌ国際映画祭で審査員特別賞、国際批評家連盟賞を受賞し、その年のカイエ・ドゥ・シネマ ベストテンでも5位に輝いた作品。果たして…

1990年度カイエ・ドゥ・シネマ ベストテン

1.ピストルと少年(J.ドワイヨン)
1.動くな、死ね、甦れ!(V.カネフスキー)
3.ヌーヴェルヴァーグ(J-L.ゴダール)
3.グッドフェローズ(M.スコセッシ)
5.Alexanndria Encore Et Tojours(Y.シャヒン)
5.ノン、あるいは支配の空しい栄光(M.D.オリヴェイラ)
5.Hidden Star (R.ガタク)
8.夢(黒澤明)
8.デザンシャンテ(B.ジャコ)
8.ウ ディ・アレンの 重罪と軽罪(W.アレン)

「ノン、あるいは支配の空しい栄光」あらすじ

1974年、アフリカのとあるポルトガル領。長引く独立戦争に疲弊した兵士達は、トラックの上でポルトガルの歴史が語られていく…

オリヴェイラが描く人類と戦争の関係

現在ブンブンは、ジャレド・ダイアモンドの「昨日までの世界」を読んでいる。パプアニューギニアの部族紛争と、現代の国家間の戦争を比較することで、人類史における「争い」の特徴を解き明かしていく内容の本です。オリヴェイラの「ノン、あるいは支配の空しい栄光」を観ると、まさにジャレット・ダイヤモンドの本を読んでいるような壮大なロマンを感じました。

まず、冒頭エキゾチックナ音楽に合わせ、長回しにセネガルの森を映し出す。そして、5分以上台詞なく、自然、トラックに揺られる疲弊した兵士が映し出される。オリヴェイラの画で魅せる心情描写がシャープに決まっている。

そして、そこからまるでギリシャ神話、千夜一夜物語のように、兵士同士のディスカッションから大昔の敗北の物語が語られていく。

4つの敗北の話はどれも、絵画のようなタッチで描かれる。Don’t think, feelと画面が訴えかけてくるようだ。なので、ポルトガル史に疎い私にとっても非常に惹き込まれる。中でも、2つの軍がにらみ合っており、片方が宣戦布告の演説をしているのに、演説を聴かずにもう一つの軍が砲撃をするシーンがブンブンの心に突き刺さった。

まるで、元寇が日本に侵略した際、日本側が演説をしているのに、無視して元寇が攻撃したあの事件を彷彿とさせられる。

4つの敗北の話が重厚に重なり観客はハッとさせられる。剣だろうが、大砲だろうが、銃だろうが、戦争は戦争だ。2000年経っても変わらない。そういうことをオリヴェイラ監督は気づかせてくれた。現代的な話なのに、ギリシャ神話のように神秘的で古風な作りにブンブン大満足な一本でした。

オリヴェイラ監督作品感想記事

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」
“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」
「ブロンド少女は過激に美しく」官能映画ではない!もう一つの「裏窓」だ!
【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ
【オリヴェイラ特集】「神曲」オリヴェイラが解説する宗教と人間の関係
【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”日本のアクションもここまでがんばれる…が「劇場版MOZU」

劇場版MOZU 監督:羽住英一郎 出演:西島秀俊、香川照之、ビートたけしetc 評価:

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

“Ç”モーリタニア映画観ます?TIMBUKTU「禁じられた歌声」で12月日本公開

TIMBUKTU(2014) 監督:アブデラマン・シサコ 出演:Ibrahim Ahmed,

続きを読む

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

劇場版 ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(1999) 監督:湯山邦彦 出演:松

続きを読む

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992) L'ARBRE, LE MAIRE ET LA MEDIATH

続きを読む

【尾道映画特集】「あの、夏の日 – とんでろ じいちゃん」子供映画に見えて…ドラッグ映画だ(汗

あの、夏の日 - とんでろ じいちゃん(1999) 監督:大林宣彦 出演:小林桂樹, 厚木

続きを読む

“Ç”世にも奇妙なエストニア映画「ルクリ」TIFFにて

ルクリ(ROUKLI) 監督:ヴェイコ・オウンプー 出演:ユハン・ウルフサク、ミルテル・ポフ

続きを読む

“Ç”フランス版キネマ旬報「カイエ・デュ・シネマ」を読もう

映画オタク必読カイエ・デュ・シネマとは? フランス代表の老舗映画批評誌である。 エリック・ロ

続きを読む

“Ç”え~~~~そんな結末?!「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

ソロモンの偽証 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc  先日、ブンブ

続きを読む

【尾道映画特集】「ふたり」この親子の会話気持ち悪い…大林宣彦フェチズム全開!

ふたり(1991) 監督:大林宣彦 出演:石田ひかり、中嶋朋子、 富司純子、岸部一徳、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑