*

【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・ガーデン」が客4人&上映中止になった件

【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・ガーデン」が客4人&上映中止になった件

10/21(土)ココマルシアター再オープン


2017/10/21(土)大雨。台風前夜とも言えよう、外は2月のように寒く、引きこもりたくなる日。そんなレイニーデーである本日、Twitter界を騒がす衝撃的なイベントが吉祥寺で開催された。そのイベントとは「ココマルシアター再オープン」だ!

ココマルシアター(正式名称:ココロヲ・動かす・映画館○)とは、ゲーム会社株式会社デジタルワークスエンタテインメントの代表取締役・樋口義男(芸名:イクゾ気合)が、今は亡き伝説の映画館バウスシアターの魂を引き継ぎ作りあげたミニシアターだ。アップリンクのワークショップで培ったノウハウもとい、ゲーム会社を運営する中で培ってきたノウハウを活かして映画の配給から上映、更にはイクゾ気合自らが監督し「奇跡のゾウ ゾウのはな子が星になった(仮題)」を製作する意欲っぷりから世の中の映画ファンを熱狂させました。

実際に、このプロジェクトを成功させるためにイクゾ気合がクラウドファンディングを実施し、目標額の10倍以上にあたる約650万円を調達することに成功しています。サポーター数は498人、ブンブンの映画祭仲間も出資するほど(今朝その方からメッセージが来ていて出資していないとのことでした)映画界では注目されていました。

そんなココマルシアターですが、蓋を開けてみると大惨事で4/15(土)のプレオープンに訪れたお客さんのレポートを観ると、完全に工事中。数年前に流行った廃墟で映画上映会か?と思うほどシュールな光景が広がっていました。これにはアップリンクの浅井隆さんもお口アングリーバード。Twitterでの炎上を受けて、翌日以降の上映が中止になり再工事となりました。
※4月の様子を書いたレポート記事「【朝→夜まで完全レポート】吉祥寺ココマルシアターのお客第1号になってきた!」

さて、あれからどうなったのだろうか?実は延期を10回近く繰り返していたのです。詳しくは下記に貼りましたtogetter記事「【再々々々々々々々々延期】ココマルシアター(ココロヲ・動かす・映画館○)時系列順まとめ【完全版】」がわかりやすいので読んで下さい。

さて、いよいよ本題になりますが、10回近くオープンを延期しており、すっかり吉祥寺のサグラダファミリアと呼ばれてしまったココマルシアターがオープンするとのことなので行ってきました。


数日前に公式サイトに正式搭載されていたはずのチケット販売システムが停止している不安はあれど、果たして…

ココマルシアターってどこにあるの?


1.吉祥寺駅北口へ出ます。吉祥寺はなにげに複雑な駅なので、寄り道せず「北口」から行きましょう。

2.吉祥寺の看板SUNROADを通っていきます。

3.一つ目の曲がり角を左に曲がり、コピス吉祥寺を目指します。

4.コピス吉祥寺の中央を突っ切ります。突き当たりに着きましたら左に曲がりLOFTを目指して下さい。

5.左手に見えますのが、ここまる~ココマルシアターで御座います。




6.チェ・ブンブン、オープン10:30にも関わらず、うっかり8:30に来てしまいました。2時間前なので、流石に誰も並んでいません。

早く来すぎたのでバウスシアターの跡地に行ってみた。ラウンドワンになっていました…

※バウスシアターの様子は「“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集」にて紹介しています。

10分前にして客5人、そして始まる電話線工事


1時間前、30分前とLOFT前で張り込みを行っていたが、一向にお客さんが並ばない。雨だからか。時折、Twitterでココマルシアターの知られざる裏世界を教えてくれるココマルウォッチメンらしき方々が写真を撮っているのを確認するものの、閑古鳥が酷い。そう思っていた矢先、ココマルシアター横に車が入ってきて、何やら工事を始めているではありませんか。この時の時刻10:10分オープン20分前だ。なにやら工事の様子を見ると、電話線工事か電気工事らしい。確かに、看板の発色が悪いしね…そしてお客さんも並び始める。しかし、残念なことに、オープン10分前にしてブンブン含め5人しか並んでいません。

こんな到底、お客さんを入れる環境じゃない様子だが、皆さん本家サグラダファミリアを思い出してほしい。



外見は工事中だが、中は凄かったじゃありませんか!ひょっとすると、中は、そしてコンテンツは素晴らしいのでは?そんな1%の期待に胸を膨らませ、チェ・ブンブンはオープンを待つのでありました。

驚異の内装


「いらっしゃいませー」とお姉さんの声と共に、ココマルシアターの内部へ潜入。早速1,2組目のお客さんからもめていて大草原不可避ですwとはいえ、ブンブンは世界の映画館に潜入しまくった猛者、これぐらいは秒で買えました。お目当ては12:00~の「マイ・ビューティフル・ガーデン」。公開当時シネスイッチで大ヒットしていた作品だが、会社の外部研修で忙しく観逃した一本だ。チケット代は900円。試しにスタッフのスキルを確かめるべく5000円札で渡してみた。特に動じず、4100円を返して来ました。笑顔もステキでグッドな接客だと元TOHOシネマズアルバイトのチェ・ブンブンは思ったのでした。それにしても、折角レジが2台あるのに、片方の男子アルバイトは全然レジにお客さんを長そうとしないではありませんか。どうやら、チケットに作品名と整理番号を書いているのだが手際が悪いようだ。そんなに作品名を書くのに手間取るのであれば、アンスティチュフランセ方式を採用し、あらかじめチケットに番号振っておけばいいのに…と思ったりもしました。

あと、なんか入場特典でエコバッグ?を頂きました。



チケットカウンターを抜けると、直ぐ左手が劇場で、その前に待合スポットがあるのだが、扉を開けようとすると椅子に当たってしまう残念設計。劇場にやってきた人もココマルウォッチメンが多いらしく、周囲ココマルシアター関係者だらけだと言うのに、堂々と毒を吐いている方がいらっしゃいました。アルバイトの方が皆、キラキラした目で働いているのを見て、申し訳なくなりました。

気になるトイレは…




さて、ココマルシアターの公式Twitterで度々内装写真がアップされてきたが、何故かトイレの写真が多くて我々を驚かせたのを覚えているだろうか。当然ながらブンブンもチェックしてきました。さすがは拘りのトイレ、入り口近くに貼られているチープな映画ポスターの切り貼りとは180度違い、「ニーゼと光のアトリエ」や「マイ・ビューティフル・ガーデン」のポスターがメチャクチャ格好良く飾ってあります。

→THIS PAGE:ココマルシアターに行ってみた

→NEXT1:問題のハンバーガーを食レポ!

→NEXT2:地獄過ぎたオープニングイベント

→NEXT3:初回上映中止事件

→NEXT4:イクゾ気合、ココマルシアターから学ぶ10の教訓

ページ: 1 2 3 4 5

関連記事

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

#44【情報科教育】新入社員のIT研修から見る情報科教育

新入社員のIT研修から見る情報科教育 社会人になり早3ヶ月が経ちました。機械メーカーのソフトウェア

続きを読む

【東京国際映画祭】「プールサイドマン」は日本版「スイス・アーミー・マン」だ!

プールサイドマン(2016) POOLSIDEMAN(2016) 監督:渡辺紘文 出演:今

続きを読む

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992) L'ARBRE, LE MAIRE ET LA MEDIATH

続きを読む

【TIFF2017】『グレイン』東京グランプリ受賞!トルコ版「ストーカー」は世界の環境問題に雷放つ

グレイン(2017) GRAIN(2017) 監督:セミフ・カプランオール 出演:ジャン=

続きを読む

【ネタバレなし】「愚行録」えっつ初長編作?バケモノ監督石川慶爆誕!妻夫木聡と満島ひかりがヤバイ汗

愚行録(2017) 監督:石川慶 出演:妻夫木聡、 満島ひかり、 小出恵介etc

続きを読む

「LA LA LAND」に備えろ!「巴里のアメリカ人」実はぶっ飛んだミュージカルだった!

巴里のアメリカ人(1951) An American In Paris(1951) 監督:ヴィンセ

続きを読む

【ベルリン国際映画祭特集】「グロリアの青春」熟女のみずみずしいラブストーリー

グロリアの青春(2013) Gloria(2013) 監督:セバスティアン・レリオ 出演:

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

家宝(2002) O PRINCIPIO DA INCERTEZA(2002) 監督:マノエ

続きを読む

「光をくれた人」鬱映画のD.シアフランス作品!ファスベンダーの顔が綺麗すぎじゃね?

光をくれた人(2016) The Light Between Oceans(2016) 監督

続きを読む

Comment

  1. まとめ守り より:

    デジタルワークスが初の自社制作と銘打った、2010年の東京ゲームショーで発表した「死神鬼」と「ZAOO」、樋口社長がイクゾ気合名義でプロデューサーを務め2015年には出す予定だった「ボコスカガールズ タツノコ学園クライマックス(仮)」、どちらも出ずじまいの人がやる映画館ということでゲーム業界内では前より評判でした。
    もちろん、あまりよくない方向でしたが。
    そして4月からのご存知のグダグダ具合は社内のゲーム開発とまるで同じ。本日のグランドオープンもこのていたらく。
    しかし、こんなでも応援してくださる人たちがいてぐださるのはありがたいことですね。
    出して終わりのゲームと違うのは、これからもココマルシアターは続くということ。少しずつ建て直していくことでみんな、ココマルウォッチメンと呼ばれる人たちも気持ちを変えて味方になっていってくれると思います。一番のアンチは一番のファンになるものですから。
    ただし、このままの運営だと味方だった人も離れていくでしょうね。
    そんなわけでココマルシアターの今後にも目が離せません。
    がんばれ、ココマルシアター。

    …とはいうものの、人ってそう変われないと思うんですよね。。。
    ちゃんとわかってないんじゃないかなぁ、あの社長…。

    • chebunbun より:

      まとめ守りさん、熱いメッセージと解説ありがとうございます!映画業界でも評判が悪いとは聞いていましたが、そこまで凄惨なんですね…一度失った信頼を取り戻すのはえらく時間がかかるというのに…

  2. shige より:

    本当にオープンするのか不安な物件でしたが、大変詳細なレポートありがとうございました。
    ただ読んでいて気になるのですが「えっ」を「えっつ」と表記されるのは何故ですか?

    • chebunbun より:

      shigeさん、読んでくれて有難う御座います!

      「えっ」の件は完全に誤字です。指摘していただき有難う御座います。今直しました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑