*

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

公開日: : 最終更新日:2017/10/28 2017映画, 映画 , , , , , , , , , ,

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

家宝(2002)
O PRINCIPIO DA INCERTEZA(2002)


監督:マノエル・ド・オリヴェイラ
出演:レオノール・バルダック、
レオノール・シルヴェイラ、
リカルド・トレバetc

評価:65点

オリヴェイラDVD-BOXに収録されている作品「家宝」を観た。原題は直訳すると「不確定性原理」。なんと物理用語だ。不確定性原理は解説すると非常に厄介かつ、物理が苦手だったブンブンが正確に解説できる自身がないので興味ある人はググって欲しい。ただ、一つ言えるのは、不確定性原理の「粒子を観測しようとしても、光がその粒子の動きに影響を与えるため、性格に観測することは困難」という理論と、ファムファタールものが結びついていることだ。

果たしてどういった話なのだろうか。

「家宝」あらすじ

聖母マリア荘を舞台に、美女に惑わされ怪しい仕事を始める青年と、その青年に恋心を寄せていたが、富豪と結婚してしまった女性の四角関係が描かれていく…

歯車の乱れは測定不能

魔性の女によって、崩れていく聖母マリア荘の家族達を描いた本作は、いつ歯車が乱れたのかが分かりにくいほど行間多い作品。流石原題が「不確定性原理」だけある。

非常に難解でブンブンも完全に理解したと言い切れない本作だが、「アブラハム渓谷」の姉妹作だと思って観ると面白い。どちらもドウロ河を舞台に物語が進み、時と場所の隔たりを列車の車窓から見える圧巻な景色で描写している。そして「アブラハム渓谷」では女性の悲劇が描かれていたが、本作では男性の悲劇が描かれる。

青年は、怪しい女の仕事に乗りさえしなければ、幼なじみの女の子と結婚し平和な暮らしが出来たにもかかわらず、闇の仕事に手を付けてしまう。その天罰が、非常に滑稽ながらも凄惨な形でジェットコースターのように観客に押し寄せてくる。

オリヴェイラ監督は、オラキオ体操クラブの「思わぬエンディングを迎えるB級インド映画」かと突っ込みを入れたくなるような唐突で衝撃的な終わり方をする。それこそ「永久の語らい」のアレや「ブロンド少女は過激に美しく」のアレなんか観る者全員スッテンコロリン椅子から転げ落ちそうなエンディングだったが、この「家宝」も、原作がポルトガルの娼館火災事件から着想を得て書かれたと知った状態で観ても、あまりにびっくりするエンディングなのだから、つくづくオリヴェイラ監督のマジックは凄いと思う。個人的に消化不良だったのでまた観てみたい作品だ。

オリヴェイラ監督作品感想記事

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」
“Ç”新藤兼人より長生き!マノエル・ド・オリヴェイラ映画「アンジェリカの微笑み」
「ブロンド少女は過激に美しく」官能映画ではない!もう一つの「裏窓」だ!
【映画遠足】「アブラハム渓谷」3時間で成長を魅せるエマ
【オリヴェイラ特集】「神曲」オリヴェイラが解説する宗教と人間の関係
【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係
【オリヴェイラ特集】「繻子の靴」オリヴェイラが描く7時間のクローデル劇

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”クリスマス、子どもを映画に連れて行くなら…「I LOVE スヌーピー」

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(吹替) (THE PEANUTS M

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)コンペティション出品作品発表

第66回ベルリン国際映画祭 開催期間:2016/2/11~2016/2/21 コーエン兄

続きを読む

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭⑤「Wednesday,May 9」お金をあげます広告が…

Wednesday,May 9 監督:Vahid Jalilvand 出演: Niki Ka

続きを読む

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭①「Baby Bump」

Baby Bump 監督:Kuba Czekaj 出演:Kacper Olszewski, Agn

続きを読む

“Ç”アカデミー賞史上最も異色な受賞作「バードマン」

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpec

続きを読む

“Ç”日本を超えた映画館で「アクトレス~女たちの舞台~」:日本2015年秋公開予定

皆さん、 あけましておめでとうございます! 2014年、どんなステキな映画に 巡り会えたか

続きを読む

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER2049(2017) 監督:ド

続きを読む

“Ç”これはアダム・サンドラー映画だ気をつけろ!「ピクセル」

ピクセル(PIXEL) 監督:クリス・コロンバス 出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016) 原題:Hymyilevä Mies 英題:The

続きを読む

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑