*

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992)
L’ARBRE, LE MAIRE ET
LA MEDIATHEQUE OU LES SEPT HASARDS(1992)


監督:エリック・ロメール
出演:パスカル・グレゴリー、
アリエル・ドンバールetc

評価:60点

エリック・ロメールDVD-BOXに収録されている作品2本目の「木と市長と文化会館」に挑戦してみました。エリック・ロメールにしては珍しい政治劇で、尚且つ公開当時試写や宣伝を行わず封切ったところ、大ヒットしたユニークな作品であります。エリック・ロメールの政治劇と聞くと難解そうだが果たして…

「木と市長と文化会館」あらすじ

社会党の支持率が下がる中、ある町の市長は文化会館を作ろうとする。しかし、建設予定地には、樹齢100年を超える柳の木がある。小学校教諭はその木を守ろうと反発する…

究極の政治ディスカッション劇

本作は7つの章から成り立っているのだが、明確なストーリーはなく、ひたすらに人々の会話を撮っていく。まさに現在進行形を撮り収めるドキュメンタリーに近い作品です。いきなり、条件法の授業シーンから始まる。条件法とはフランス語の文法のひとつで、「過去の事実に反する仮定」を指し示す時に使用します。

まさに本作が、条件法を主軸にした作品で、オチこそ見えているものの、そこに向かっていくつもの話による偶然の展開が結びついてくるところがなかなか面白い。

また、本作では政治的皮肉が非常にユニークな形で浮き彫りにされています。支持率が下がると、環境やオリンピック、国際競争力などわかりやすいポイントを強調してなんとか支持率を上げようとするもの。本作の市長は環境に配慮していることを強調するが、町のエコロジストから批判され、やり込められてしまうところが面白い。

シンボルを作ろうとしたときほど、トップを疑う必要があることが本作から痛烈に読み取れる。政治なんか詳しくなくても、ロメールの軽やかな口調にノックアウトされる作品でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

地球の急ぎ方~映画資料館に行って知ったまだまだある尾道映画!~

おのみち映画資料館に行ってきた 先日、ゼミの卒業旅行で 広島・尾道に行ってきました。 その

続きを読む

「ディストラクション・ベイビーズ」柳楽優弥の狂気、和製「ファイト・クラブ」はいかに…

ディストラクション・ベイビーズ(2016) 監督:真利子哲也 出演:柳楽優弥, 菅田将暉,

続きを読む

「夏の終止符」変なロシア映画、ゲーム画面の使い方に注目!

夏の終止符(2016) KAK YA PROVYOL ETIM LETOM(2016) 監督

続きを読む

”Ç”助演男優賞&録音賞&編集賞受賞作「セッション」アカデミー賞のダークホース!

さて、ここで問題。 ココはどこでしょう? んっ日本?中国? ノンノン、パリだよフランス

続きを読む

【ネタバレ】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は実写版グラディウスだった!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017) Guardians of the Ga

続きを読む

【実話・ネタバレなし】「否定と肯定(Denial)」ドナルドトランプ、共謀罪強行採決時代に観るべき傑作

否定と肯定(2016) Denial(2016) 監督:ミック・ジャクソン 出演:レイチェ

続きを読む

【ネタバレ】「怒り」吉田修一×李相日、妻夫木聡と広瀬すずの演技がバケモノだった件

怒り(2016) 監督:李相日 出演:妻夫木聡、渡辺謙、 広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、

続きを読む

“Ç”7月のオススメ作品!ヒーローの宴会が開催されるっぽいよ~

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン 監督:ジョス・ウェドン 出演:ロバート・ダウニー・Jr

続きを読む

“Ç”「帰ってきたヒトラー」ドナルド・トランプの行動のヤバさが判る!

帰ってきたヒトラー(2015) Er ist wieder da(2015) 監督:デビッド

続きを読む

【「エルネスト」公開記念】「モーターサイクル・ダイヤリーズ」から観るチェ・ゲバラ

モーターサイクル・ダイヤリーズ(2004) Diarios de motocicleta(2004

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑