*

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014)
原題:DUKHTAR
英題:Daughter


監督:アフィア・ナサニエル
出演:サミア・ムムターズ、
サレア・アーレフetc

評価:80点

今週末3/25より
岩波ホールで
日本初のパキスタン映画が
公開される。

女性監督である
アフィア・ナサニエルが
デビュー作として撮った本作は、
パキスタンで起きた実話を基に、
10年の準備期間を経て製作し、
アカデミー賞パキスタン代表にも
選ばれた作品。

これが、なななんと
マッド・マックス/怒りのデス・ロード
そのものでした…

「娘よ」あらすじ

パキスタン、インド、中国国境に立つ
カラコルム山脈では、様々な民族が
微妙な均衡を保っていた。
ある日、とある部族が
トラブル解決のために、
少女を差し出すことになった。

母親は、娘に厭な思いをさせまいと
部族を脱出し、道中で見つけた
トラック運転手を利用し
逃亡を図る…

そこには、マックスが、
フュリオサがいた

あらすじを読むと、あれっつ
どこかで聞いたことのある
ストーリーだと思う。

しかし、実際に観てみると、
まさしくあの映画だった。

そう、「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」だ!
しかし、本作が凄いところは、
「怒りのデス・ロード」以前に
製作された作品だということだ。
さらに言うならば、女性監督が、
それもデビュー作で撮っている
ことにある。

Twitter上で今、
「モアナと伝説の海」
「怒りのデス・ロード」だと
騒がれている。
あちらは実際に確信犯として
「怒りのデス・ロード」要素を
入れているのだが、
演出上、冗長に感じてしまう。

しかし、この「娘よ」は全く
失踪することなく93分を駆け抜ける

村の掟に従うと、悲惨な目に遭うこと
を知っている母親は、
娘を連れて狭い路地を駆け抜けていく。
敵の数は多く、「こりゃ無理だ!」
と思わせられる。そんな絶望の
淵の淵を華麗に駆け抜けていく
サスペンスとしての演出、
アクションとしての演出が
「本当に監督1作目?」と
思う程美しい。

↑逃走車のど派手さは
「怒りのデス・ロード」そのもの。

さらに「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」同様、
キャラクターから車まで
個性的で、そのキャラクター
描写が人間味溢れるのだ。

村の長の武器商人感。
極悪なんだけれども、
どこか憎めない感じ、
トラック運転手の
やる気なさげだが、
やるときは女を守る
その心意気。あっつマックスじゃん!
力強く逃げる母親…フュリオサじゃん!
画面に引き込まれない
訳がない。

おまけに、音楽が
パキスタンの民族音楽で、
太鼓による絶妙な高揚感が
観客のボルテージをさらに上げる。

まさに、
2015年
初めて「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」を
観たあの時の興奮が
舞い戻ってきました!

V8もやり、絶叫上映にも参加し、
モノクロ版も観て、飽きてきた
そこのあなたにオススメしたい
一本。格式高い岩波ホール公開
ですが、是非このパキスタン映画で
ヒャッハーしてください!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭に先越されたw「ワイルド・ライフ」

「ワイルド・ライフ」 原題:VIE SAUVAGE 監督:セドリック・カーン 出演:マチュー・

続きを読む

“Ç”SW公開間際予習②「スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲」

スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲 (STAR WARS EPISODE V:THE EM

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

【ネタバレなし】「希望のかなた」ベルリンで監督賞受賞!これはアキカウリスマキの怒りだ!

希望のかなた(2017) Toivon tuolla puolen(2017) 監督:アキ・

続きを読む

“Ç”バレンタインに彼女と観てはいけない映画5選

バレンタイン!映画観る? もうすぐ、バレンタイン! 彼氏、彼女持ちは何するか 決めたかな?

続きを読む

“Ç”【ネタバレ/続編】「ファインディング・ドリー」重度の認知症への神対応を観る

ファインディング・ドリー(2016) FINDING DORY(2016) 監督:アンドリュー・ス

続きを読む

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭⑤「Wednesday,May 9」お金をあげます広告が…

Wednesday,May 9 監督:Vahid Jalilvand 出演: Niki Ka

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~ベトナムの映画館CGV Liverty Citypoint~

CGV Liverty Citypoint ブンブンは近年、海外旅行先で 必ず映画館をチェッ

続きを読む

【酷評/ネタバレなし】ジブリ「メアリと魔女の花」が失敗作だった5つの理由

メアリと魔女の花(2017) Mary and The Witch's Flower(2017)

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017) THOR:RAGNARO

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑