*

【ネタバレ/解説】ブンブンが語る「ラ・ラ・ランド」が傑作な5つの理由(おまけ:ラジオに出演した件)

【ネタバレ/解説】ブンブンが語る「ラ・ラ・ランド」が傑作な5つの理由(おまけ:ラジオに出演した件)

「ラ・ラ・ランド IMAX版」観てきた



↑テンション上がりすぎて、
絵を描いたり、
けものフレンズ 
ロゴジェネレーター

タイトルデザインしたりと
荒ぶる程傑作でしたw


試写会で観ていたものの、
あまりの傑作で、
「ラ・ラ・ランド IMAX版」を
109シネマズ木場で観てきました♪

109シネマズ木場なんて、
「スター・ウォーズ エピソードⅡ」
以来なのでかれこれ10年ぶりだ。

今回は、ようやく日本公開した
ってことで、今まで語れなかった
「ラ・ラ・ランド」の凄さを
10のポイントから語っていくぞ!

全力ネタバレ記事なので、
未見の方は
ネタバレなし『ラ・ラ・ランド』評
を読むか、こんなページ閉じて
ソッコー映画館へ行ってくださいw


↑IMAX版の特典のポスター。
City of Starsの楽譜が載ってるよ♪

傑作ポイント1.
万人向けミュージカル!

本作は、シネマズby松竹
シネマトゥデイを始め
様々な場所でオマージュが
指摘されている程、
多くのミュージカル映画等からの
引用でできている映画です。

そう聞くと、
「格式高そう!」
「映画マニア向け映画なんでしょ?」
「そもそもミュージカル映画なんて
古くさい!」

と思ってしまうかも知れません。

ただ、この「ラ・ラ・ランド」、
全くミュージカル映画について
知らなくても豪華で美しく、
ノリノリな夢の世界に
のめり込み、楽しめる
ようになっています。

実は、本作で使われる
オマージュはどれも
デイミアン・チャゼル監督風に
アレンジされており、
まるでタランティーノ映画のような
新鮮さを持ったオマージュに
なっている。

無論、今となっては
タランティーノ映画の
オマージュはオタク向け

というイメージがついてしまった
以上、ダミアン・チャゼル
の方が上手です。

そうこのバランス感覚が凄い!

傑作ポイント2.
たった31歳で成し遂げた偉業

従来の
ハリウッドミュージカルの再生
を目指して

フランシス・フォード・コッポラが
「ワン・フロム・ザ・ハート」、
マーティン・スコセッシは
ニューヨーク・ニューヨーク」。
ウディ・アレンは
「世界中がアイ・ラヴ・ユー」を
作った。

しかし、総て興行収入面で
大失敗をしている。
それをたった31歳の
デイミアン・チャゼル監督。
それもまだ、脚本含め2作ほど
しか手がけてない若手監督が
成功させたことにある。
この偉業はアカデミー賞
監督賞に値する凄みです。

傑作ポイント3.
ミュージカル映画史を
冷静に分析した作品

傑作ポイント2でも
語ったように、
マーティン・スコセッシや
フランシス・フォード・コッポラ、
ウディ・アレンが
かつて1950年代ハリウッド
ミュージカルの再生を
行おうとして
興行的に失敗している。

ダミアン・チャゼル監督は、
しっかりとこれらの作品が失敗した
原因を分析し、
ハリウッドミュージカル史を
語る。それも、後に
ハリウッド式を真似して
大成功した
フレンチ・ミュージカルや
和製ミュージカル
の要素を引用することで
説得力を持たせている。

町山智浩が
たまむすびの中で
1950年代ハリウッド
ミュージカルの
再生と語っている

せいもあり、
結構そこにフォーカスが
当たっているのだが、
2回目IMAX版で観ると
実は本作の視点は
もっとマクロなもの
ではないかと思いました。
というのも、
「ラ・ラ・ランド」は
1930年代から現代までの
事情をしっかり批評しています。
元々ハリウッドミュージカルは
「現実逃避」の娯楽
です。
↑バズビー・バークレーが演出を手がけた
「Gold Diggers of 1933(1933)」
より

↑フレッド・アステア主演
「トップ・ハット(1935)」より

1930年代、世界恐慌の最中、
バズビー・バークレーや
フレッド・アステア

ミュージカルが
大当たりし大量生産された。

↑戦意高揚向けに作られた
「ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ
(1942)」より
↑水兵ミュージカル
「錨を上げて(1945)」より

1940年代になると、
戦意向上の為にミュージカルが使われた。

↑ブンブン大学時代の
レポート課題で解説したことがある
紳士は金髪がお好き(1953)

↑フレッド・アステアと
シド・チャリースの伝説的ダンスが
特徴的な「バンド・ワゴン(1953)」より

1950年代は、第二次世界大戦後、
本国に帰還した兵士が相次いでPTSDにかかり、
麻薬やアルコール中毒になり、
まともに働けない人が増えていた時代。
そこでも、ミュージカルが流行った。
つまり、インドのミュージカル事情同様、
ハリウッドもかつては市民の
現実逃避の娯楽だった。

※インドのミュージカルは
沢木耕太郎の「深夜特急」でも
語られているとおり、
貧しい人が夢を見るための
娯楽として存在します。
インドにインターン中の
知人曰く、インドの映画館の
前では今上映している
インドミュージカル映画の
海賊版DVDが販売されているとのこと。
また、3時間クラスの作品が
多いせいもあり、
途中で出たり入ったり
外から飯を持ち込んだり
自由奔放に楽しんでいるとのこと
つまり、インドにおいて
映画はどうやら映画の内容を
楽しむというよりも
遊園地のように
劇場の高揚感を楽しむ
娯楽として昨日している
とのことです。

↑ジャック・ドゥミの
フレンチミュージカル
「シェルブールの雨傘(1964)」

↑クレイジー映画「ニッポン無責任時代(1962)」

1960年代になると
そのあまりにも華やかで、
最先端の技術が導入された
ミュージカルを
フランスや日本が真似し、
「シェルブールの雨傘」とか
クレイジーキャッツ映画
などが
作られ、これまた大当たりした。

故にハリウッドミュージカルの再生を
描くにはノスタルジーなんて
女々しいものに頼ってはいけない。
「過去の映画表現を振り返る」なんて
描写はいらない。
今風にしなきゃいけない。

デイミアン・チャゼル監督は、
予告編でも確認できるのだが
豪華で美しい美術・
衣裳演出を施している。

しかし、テクニックは
それだけではなかった。
従来、暗くなりすぎて撮れなかった
ロケでの長回しを長回しの
カメラで行っています。

1950年代の技術では、
夜外で役者が踊っても、
見えないものだった。
頑張ってもアスファルトの
地面に水をまいて光を
得る方法しかなかったので、
どうしても「雨に唄えば」
ように屋内で撮らざる
得なかった。

だからこそ、今回の映像は
35mmカメラで撮られているにも
関わらず一切古さを感じさせない
作品になっている。

つまり、老若男女楽しめる
万人向け
ミュージカル
にも関わらず、
裏ではハリウッドミュージカル
映画史を分析し、
それを踏まえ
デイミアン・チャゼル
監督の考える
ミュージカル論を提示する
言わば論文になっている
ところが凄い!

→NEXT:傑作ポイント4.古典傾倒への批判

ページ: 1 2

関連記事

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013) POZITIA COPILULUI/ CHILD’S POSE(2013

続きを読む

”Ç”ピエロって怖いよねー「クラウン」フェイク予告編がまさかの映画化!

クラウン(CLOWN) 監督:ジョン・ワッツ 出演:アンディ・パワーズ、ローラ・アレンetc

続きを読む

“Ç”川端康成の名作を映像で!「雪国(1957)」

雪国(1957) 監督:豊田四郎 出演:池部良、岸惠子 大学のゼミで実は日本文学研究し

続きを読む

“Ç”明日!第87回アカデミー賞受賞発表! ブンブンの予想MATOME

アカデミー賞発表間際! ついに明日2/23(月)の9時からアカデミー賞 授賞式が始まりますね~

続きを読む

【酷評/ネタバレ解説】「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が劣化版「君の名は。」ですらなかった10の理由

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017) 監督:武内宣之 声の出演:広瀬す

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

【ベネチア国際映画祭】「苦い銭(Bitter Money)」オリゾンティ脚本賞受賞ワン・ビン新作ドキュメンタリー

苦い銭(2016) Bitter Money 苦銭 KU QIAN 監督:王兵(ワン・ビン

続きを読む

【東京フィルメックス】『ニッポン国VS泉南石綿村』はシン・ゴジラならずシン・カズオだ!

ニッポン国VS泉南石綿村(2017) 監督:原一男 出演:泉南石綿村の方々 評価:95

続きを読む

“Ç”三船敏郎をテーマにしたデンマーク映画?「ミフネ」

ミフネ(MIFUNE) 監督:ソーレン・クラーク=ヤコブセン 出演:アナス・ベアテルセン、イ

続きを読む

“Ç”【生誕70周年】実写版マスオさんがイケメン「続・サザエさん」

続・サザエさん(1957) 監督:青柳信雄 出演:江利チエミ、小泉博、 藤原釜足、清川虹子

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑