*

【試写会】来年2/11公開「たかが世界の終わり」ドランが犯した2つのミス

【試写会】来年2/11公開「たかが世界の終わり」ドランが犯した2つのミス

たかが世界の終わり(2016)
JUSTE LA FIN DU MONDE(2016)

%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%8c%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e7%b5%82%e3%82%8f%e3%82%8a2
監督:グザヴィエ・ドラン
出演:ギャスパー・ウリエル、
レア・セドゥー、マリオン・コティヤール、
ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ

評価:20点

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bb
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%bb2
昨日、アンスティチュ・
フランセ東京

日本公開2017年2月11日の
グザヴィエ・ドラン最新作
「たかが世界の終わり」の
試写会が行われました。

アンスティチュ・フランセの
試写会は特殊で、
アンスティチュフランセの
映画ポイントカードを持っている
人なら事前に申し込み不要で、
当日並ぶだけで試写会に
参加できるのだ。

ただし、人数に制限が
あるので早い者勝ち。
ブンブンは30分前に来たのだが、
マスコミが多かったため、
ギャスパー・ウリエル登壇の
舞台挨拶は観ることができず、
本編だけ観ましたよ。

「たかが世界の終わり」あらすじ

若手作家ルイは疎遠だった家族に
会うため、12年ぶりに故郷へと帰ってくる。
実は自分の死期が迫っているからだ。
しかし、家族と話すうちに
段々打ち明けられなくなってきて…

ドランが犯した重大な2つのミス

グザヴィエ・ドランは19才の時に
「マイ・マザー」でカンヌ国際映画祭に
出品されシネフィルの間で話題となり、
「胸騒ぎの恋人」
「わたしはロランス」
「トム・アット・ザ・ファーム」
と次々とホームラン作を放った。

そして2014年にカンヌ国際映画祭で
「MOMMY」が審査員賞
を獲り
神童としての地位を確立した
凄腕監督だ。

ドランは、
MOMMY」をオールタイム
ベストに入れるほど
ブンブンも好きな
監督なのだが、本作は
トム・アット・ザ・ファーム」の
アンチテーゼをやろうとして
大きな失敗をした。

その最たるものが、
冒頭の演出にある。
「トム・アット・ザ・ファーム」は
主人公と家族の関係を明かさぬまま
物語を進めていき、
観客に解釈させる作品であった。

しかし、「たかが世界の終わり」
では、冒頭に主人公が
長年疎遠だった家族に
自らの死を告げることで
復讐すると宣言している。
つまり、こちらは
観客に神の視点を
与えた状態で
登場人物の心理的
ゆらぎを演出するタイプの
作品だ。

しかし、映画を観ていくと、
やたらと登場人物の
クローズアップが多い。
登場人物の微妙な心の揺れを
表情に託し観客に解釈
させようとしているのだ。

どうも、冒頭の演出と
クローズアップが対立している。
既に観客は主人公ルイの心境を
知っているので、
第一印象に囚われて
ルイの表情の微妙な揺れに
集中できないのだ。

そして、本作でのルイは
なかなか本性を語らず、
どんどんと家族を
焦燥の淵に陥れる
家族関係を壊す
悪魔的存在として
描かれているため、
やはり、冒頭で
主人公の状況を
語らず、観客に
推測させた方が良いと
感じた。

このミスはあまりにも大きい。

DJ感覚鈍った?

また、ドラン映画お馴染みの
キレッキレナ音楽選出
だが、本作は絶望的なほどに
マッチしていなかった。

特にO-Zoneの「恋のマイヤヒー
(Dragostea Din Tei)」

使い方があまりにも
ダサくて驚愕でした。
確かに、主題歌
カミーユの
「Home Is Where It Hurts」

は良かったが、
いつものドラン映画のような
凄みは皆無でした。
正直、これがカンヌ国際映画祭
でグランプリとは驚きだ。
似たような一家会話劇なら、
同映画祭コンペ作である
クリスティ・プイウ監督の
シエラネバダ」に
獲らせるべきなのではと思った。

最後に…

こうもボロクソに批評した
ブンブンだが、
グザヴィエ・ドランが
ネクストステージに行くための
必要なステップだったとも
捉えられる。

いままで、感情をコントロールできない
自分を映画というアートで
表現してきたドランが、
いよいよオトナになろうとしている。
故に本作は今までの、
荒々しくも美しい描写を
かなり抑えている。

さて、ここから数作がドランに
とって勝負の時だ。
また新しい進化を魅せてくれることを
首を長くして待つとしよう。

来年
2月11日より新宿武蔵野館、
ヒューマントラストシネマ有楽町
他にて公開です。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”岩波ホールにて公開決定!エストニア映画「みかんの丘」

EUフィルムデーズ開幕!! 今年もやって参りました、 ヨーロッパ映画大フィーバーな映画祭EU

続きを読む

制作期間怒涛の12年「6才のボクが、大人になるまで。 」ザグレブのミニシアターkinoEUROPAにて

ブンブンの留学先での帰国レポート テーマは「映画館学」。 やたらと高い日本の映画料金

続きを読む

“Ç”ブルース・ダーンの若かれし頃「サイレント・ランニング」

サイレント・ランニング(1972) Silent Running(1972) 監督:ダグラス

続きを読む

“Ç”ダンスなきインド版「ヒロイン失格」、「IF ONLY」

IF ONLY(KAASH) 監督:イシャーン・ナーイル 出演:ニディ・スニール、ヴァルン・

続きを読む

“Ç”東京フィルメックスはこれを観ろ!「Taxi」「山河故人」「タルロ」etc

東京国際映画祭の次はフィルメックスだ! Processed with Moldiv[/capti

続きを読む

“Ç”正統派直球勝負「シンデレラ」

シンデレラ(CINDERELLA) 監督:ケネス・ブラナー 出演:リリー・ジェームズ、ケイト

続きを読む

“Ç”ハイテクに飼われた時代に…「ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界」

ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界(MEN,WOMEN&CHILDREN) 監督:ジ

続きを読む

“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集

大人気コラムの舞台「くらら劇場」閉館 当ブログで半年以上に 渡りBuzzっている カルト記

続きを読む

“Ç”渋川清彦が好演!「お盆の弟」

お盆の弟 監督:大崎章 出演:渋川清彦、光石研etc 評価:80点 すっかり師走なこ

続きを読む

“Ç”「シン・シティ」続編、仏語吹き替えで観るブン

先日の続き。 「シン・シティ:A DAME TO KILL FOR」 を観てきたぞ! 3D映画っ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑