*

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!!
世界はボクらの手の中に(2016)
Everybody Wants Some!!(2016)

%e3%82%a8%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%b5%e3%83%a0
監督:リチャード・リンクレイター
出演:ウィル・ブリテン、
ゾーイ・ドゥイッチ、
ライアン・グスマンetc

評価:70点

%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a8
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a82
春頃からずっと改装工事中だった
新宿武蔵野館がリニューアル
オープンしました!

新宿武蔵野館とは縁が深く、
それこそ中学二年生の時に、
初めて「ザ・ローリング・ストーンズ
シャイン・ア・ライト」

観に行ったときから通い詰めている
映画館。
高校3年生の時には、
大学聴講行った帰りに
「ムカデ人間2」を観た
思い出もある。

いやー中はオシャレになっていましたよ!
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a83
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a85
相変わらず、凝った宣伝ボードも
置いてあり、映画を観る人の
好奇心をくすぐる。
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a86
座席に関しては、正直あまり変わっていません。
確かに、椅子は前の人の頭が邪魔にならない
ように互い違いにし、
傘入れも各座席に置いてはいるものの、
肝心な座り心地は硬め。
3時間クラスの超大作には少し厳しいかも。
また、映写窓の高さが低いため、
途中入場のお客さんがいると、
画面が暗くなることもあります。

まあご愛敬ね。
ってことで、今回観た
「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」
について書いていくぞ!

「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」あらすじ

高校を卒業したジェイクは、
大学入学3日前に野球部の
寮に引っ越してくる。
第一にナオン、第二にオンナ、第三に女
と脳内1割ぐらいしか野球のことを
考えていない野獣且つ個性的な
先輩にしごかれながら
ジェイクは大学デビューの
準備をする…

その手があったか!
ありそうでなかった新入生「輝ける青春」映画!

本作は、お話しらしいお話しは…ありません!
どうやったらオンナを落とせるかしか
考えていないやんちゃな男の駄話が
9割の作品だ。

しかし….コレが今までの青春モノに
なかった画期的な「ある視点」を描いている。
それは「入学直前」である。

この手の青春にありがちなのは、
「終わりゆく『輝ける青春』への郷愁」だ。
それこそ「アメリカン・グラフィティ」
「青春デンデケデケデケ」、
「横道世之介」、

当ブログでも紹介した
スプリング・ブレイカーズ
がその代表格。

また独身最後のバカ騒ぎをテーマにした
バチェラーパーティーものでも、
「サイドウェイ」を始め、
どこかしら結婚すると失われる
「青春」に対する切なさが描かれている。

しかし、本作は
「これから待ち受ける『輝ける青春』に対する希望」
が描かれている。切なさを一切排除しているのだ!

野球部同士のいじりあい、
就活とかそういったものとは無縁の
状態で純粋に育まれていく友情、
それが”My Sharona”や”Pop Muzik”などといった
Dopeな音楽とくだらないボーイズトーク
で包まれていて男子は熱くならない訳がない。

まるで高校時代、大学1年生時代に
舞い戻ったかのようにどこか懐かしく、
そしてやがてやってくるであろう
社会人という名の『青春の終わり』に
対して勝手に泣けてくるのだ。

そう、リチャード・リンクエイター監督は
「別れ」を描かずに郷愁と切なさを
滲ませるという凄技を魅せてくれたのだ!

実は脚本も上手い!オ・ン・ナの描き方

本作は基本男の駄話なんだけれども、
オンナの使い方が非常に上手いのだ。

主人公ジェイクは右も左も
分からぬまま入寮1日目は
周りに合わせ「ナオン欲しいわ~」
と言っていたのが、
2日目ディスコに行ったり、
なんだかんだいってオンナと
触れ合う。大学のオンナを知る。
そして3日目に好きな子ができて
オンナから女へと実態を持つようになる。

映画の前半では、女子大生は
風景でしかなかったのが、
段々と実態を持って主人公達と
関係を持っていくあたりは「お見事!」
でした。

なので、軽い青春モノに
見えて凄い精密なのだ!!!

なので、男性諸君は
是非新宿武蔵野館でこの
ノスタルジーを体感
してみてください!

「サバービア(原題)」ザ・シネマにて放映!

そんなリチャード・リンクエイター監督の
日本未公開作品「サバービア(SubUrbia)」が
ケーブルテレビ「ザ・シネマ」で放送されます。
11/26(土)1:15~3:45にて放送なので、
青春映画好きは要チェックだぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”悩める就活生よコレを観よ「はじまりのうた」

3年生の熱い就活に贈る「はじまりのうた」 昨日から、ルール変更後初の就活シーズンが幕を 明けまし

続きを読む

“Ç”祝・2014カンヌコンペものコンプ「ジミー、野を駆ける伝説」

Jimmy’s Hall 監督:ケン・ローチ 出演:バリー・ウォード, シモーヌ・カービーetc

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016) Elle(2016) 監督:ポール・バーホーベン 出演:イザベル・ユペール、 ク

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉒】「男はつらいよ 噂の寅次郎」寅さん今昔物語に嵌まるの巻き

男はつらいよ 噂の寅次郎(1978) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,前田吟,

続きを読む

“Ç”アカデミー賞主演女優賞受賞作「ルーム」ブリー・ラーソンも凄いが…

ルーム(2015) ROOM(2015) 監督:レニー・エイブラハムソン 出演:ブリー・ラーソン、

続きを読む

「ホドロフスキーの虹泥棒」アラビアのロレンスの2人が28年後ゲテモノ映画で再会ww

ホドロフスキーの虹泥棒(1990) The Rainbow Thief(1990) 監督:ア

続きを読む

“Ç”【夏休み】伝説の映画館、立川シネマシティで極上音響上映体感レポート

夏休みなので遠出してみた 先日、から夏休みが始まった チェ・ブンブン。 長い就職活動中

続きを読む

“Ç”ミケルセンの哀愁すげーデンマーク産西部劇「悪党に粛清を」

悪党に粛清を(THE SALVATION) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:マッツ・ミ

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~外邦画部門~

1.野のなななのか 日本が誇るカルト監督大林宣彦が、遺作にする気満々の超シュールなプロパガンダ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑