*

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!!
世界はボクらの手の中に(2016)
Everybody Wants Some!!(2016)

%e3%82%a8%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%83%84%e3%82%b5%e3%83%a0
監督:リチャード・リンクレイター
出演:ウィル・ブリテン、
ゾーイ・ドゥイッチ、
ライアン・グスマンetc

評価:70点

%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a8
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a82
春頃からずっと改装工事中だった
新宿武蔵野館がリニューアル
オープンしました!

新宿武蔵野館とは縁が深く、
それこそ中学二年生の時に、
初めて「ザ・ローリング・ストーンズ
シャイン・ア・ライト」

観に行ったときから通い詰めている
映画館。
高校3年生の時には、
大学聴講行った帰りに
「ムカデ人間2」を観た
思い出もある。

いやー中はオシャレになっていましたよ!
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a83
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a85
相変わらず、凝った宣伝ボードも
置いてあり、映画を観る人の
好奇心をくすぐる。
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e%e9%a4%a86
座席に関しては、正直あまり変わっていません。
確かに、椅子は前の人の頭が邪魔にならない
ように互い違いにし、
傘入れも各座席に置いてはいるものの、
肝心な座り心地は硬め。
3時間クラスの超大作には少し厳しいかも。
また、映写窓の高さが低いため、
途中入場のお客さんがいると、
画面が暗くなることもあります。

まあご愛敬ね。
ってことで、今回観た
「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」
について書いていくぞ!

「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」あらすじ

高校を卒業したジェイクは、
大学入学3日前に野球部の
寮に引っ越してくる。
第一にナオン、第二にオンナ、第三に女
と脳内1割ぐらいしか野球のことを
考えていない野獣且つ個性的な
先輩にしごかれながら
ジェイクは大学デビューの
準備をする…

その手があったか!
ありそうでなかった新入生「輝ける青春」映画!

本作は、お話しらしいお話しは…ありません!
どうやったらオンナを落とせるかしか
考えていないやんちゃな男の駄話が
9割の作品だ。

しかし….コレが今までの青春モノに
なかった画期的な「ある視点」を描いている。
それは「入学直前」である。

この手の青春にありがちなのは、
「終わりゆく『輝ける青春』への郷愁」だ。
それこそ「アメリカン・グラフィティ」
「青春デンデケデケデケ」、
「横道世之介」、

当ブログでも紹介した
スプリング・ブレイカーズ
がその代表格。

また独身最後のバカ騒ぎをテーマにした
バチェラーパーティーものでも、
「サイドウェイ」を始め、
どこかしら結婚すると失われる
「青春」に対する切なさが描かれている。

しかし、本作は
「これから待ち受ける『輝ける青春』に対する希望」
が描かれている。切なさを一切排除しているのだ!

野球部同士のいじりあい、
就活とかそういったものとは無縁の
状態で純粋に育まれていく友情、
それが”My Sharona”や”Pop Muzik”などといった
Dopeな音楽とくだらないボーイズトーク
で包まれていて男子は熱くならない訳がない。

まるで高校時代、大学1年生時代に
舞い戻ったかのようにどこか懐かしく、
そしてやがてやってくるであろう
社会人という名の『青春の終わり』に
対して勝手に泣けてくるのだ。

そう、リチャード・リンクエイター監督は
「別れ」を描かずに郷愁と切なさを
滲ませるという凄技を魅せてくれたのだ!

実は脚本も上手い!オ・ン・ナの描き方

本作は基本男の駄話なんだけれども、
オンナの使い方が非常に上手いのだ。

主人公ジェイクは右も左も
分からぬまま入寮1日目は
周りに合わせ「ナオン欲しいわ~」
と言っていたのが、
2日目ディスコに行ったり、
なんだかんだいってオンナと
触れ合う。大学のオンナを知る。
そして3日目に好きな子ができて
オンナから女へと実態を持つようになる。

映画の前半では、女子大生は
風景でしかなかったのが、
段々と実態を持って主人公達と
関係を持っていくあたりは「お見事!」
でした。

なので、軽い青春モノに
見えて凄い精密なのだ!!!

なので、男性諸君は
是非新宿武蔵野館でこの
ノスタルジーを体感
してみてください!

「サバービア(原題)」ザ・シネマにて放映!

そんなリチャード・リンクエイター監督の
日本未公開作品「サバービア(SubUrbia)」が
ケーブルテレビ「ザ・シネマ」で放送されます。
11/26(土)1:15~3:45にて放送なので、
青春映画好きは要チェックだぞ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ユーロスペース1週間限定上映】「SHARING」が究極トラウマ映画だった件

SHARING ロングver.(2014) 監督:篠崎誠 出演:山田キヌヲ、樋井明日香、

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家洋画部門、1位はベルイマンの幻カルト作品

ブンブン映画ベストテン2015家洋画 今年はあんまり洋画の旧作を 観られなかったと感じている

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録5「ミスター・ノー・プロブレム」ロウ・イエ映画の脚本家初監督作品!

ミスター・ノー・プロブレム(2016) Mr.No Problem(2016) 監督:メイ・

続きを読む

【夏休み映画特集 ネタバレ】「江ノ島プリズム」こっこれは!「時をかける少女」のぱくりやん!

江ノ島プリズム(2013) 監督:吉田康弘 出演:福士蒼汰、野村周平、 本田翼etc 評

続きを読む

“Ç”もしかしてだけど~同窓会じゃないの~♪「騒音」

騒音 監督:関根勤 出演:温水洋一、飯尾和樹、YOU、関根麻里etc コメディアン、司

続きを読む

“Ç”11/13(金)にこれを観たよ「13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ」

13日の金曜日PART8ジェイソンN.Y.へ Friday the 13th Part VIII

続きを読む

“Ç”自主法政祭・Ⅱ部映画研究会の作品を観た「球形の残像」

自主法政祭終了 昨日で4日間にわたる自主法政祭 が終了しました。 我が北欧研究会NORDI

続きを読む

「サンタクロースの眼は青い」リア充爆発しろ男子にオススメなクリスマス映画

サンタクロースの眼は青い(1963) Le Pere Noel a les yeux bleu

続きを読む

フランス映画「ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972)」

監督:ルイス・ブニュエル 出演:ジャン=ピエール・カッセル、フェルナンド・レイetc

続きを読む

“Ç”ボンドより愛をこめて「キングスマン」

キングスマン(KINGSMAN THE SECRET SERVICE) 監督:マシュー・ヴォー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑