*

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO)

unnamed (78)
監督:エウヘニオ・ミラ
出演:イライジャ・ウッド、ジョン・キューザックetc

評価:70点

本年度アカデミー賞を荒らしまくった
ダークホース「セッション」。
その監督デミアン・チャゼルが
初脚本で挑んだ作品
グランドピアノ 狙われた黒鍵
を観てきた。

これが、もう「セッション」に通じること
通じること。狂気の音楽劇であった。

天才ピアニスト脅迫に遭う

5年ぶりの公演をする、天才ピアニストは
演奏ホールで脅迫される。
渡された楽譜に「一音でも間違えたら、お前を殺す」
と書いてあり、胸にはレーザーポインターが
当てられている。謎の人物に命を狙われて
しまった天才ピアニストは、
犯人の要求である最難曲「ラ・シンケッテ」を
ミスなしで弾けるのだろうか…

ってこんな話観たことない!
ぶっとんでますw
そして、こいつは
「セッション」以上に
音楽をいじめる。デミアン・チャゼル
高校時代にジャズバンド部で経験した
壮絶な思い出に対する復讐に
溢れる作品になっている。

普通の、コンサートじゃあり得ない。
演目中に、演奏者が逃走したり、
神業とも呼べる腕裁きで
ピアノを弾きながら、
スマホいじくったりと
様々な曲芸を魅せてくれる。
明らかに、観客苦情言わないのは
おかしいし、音楽映画として
あり得ない描写なのだが、
これが魅せるんです(*^_^*)

ブライアン・デパルマ
作品を思わせる、カメラワーク
2画面構成素早いカメラ移動
息をつく暇がない。
映画とは違い一回性のものである
コンサート故の緊張感が
ヒシヒシと伝わってくる。

それなのに、天才ピアニストが
次々と危険な茨道を選択するから
本当にハラハラする。

吹奏楽部とかやっていた、
音楽ガチ勢には胸の奥から
怒りがこみ上げてきそうな
ストーリー運びではあるが、
マッド・マックス/怒りのデス・ロード
好きにはマジでたまらん作品と言えよう。

音楽は監督手製

なんと、この作品で登場する
最難のピアノ曲「ラ・シンケッテ」
はエウヘニオ・ミラ手製の曲だそうだ。

それにしても、この曲、
最初はゆっくりで「あれっ?」
となるのだが、段々人間には
できないレベルの音の弾幕が
暴れ始める。

↑メイキング

こんな曲、ブンブン弾けたらなーと
思いましたw

関連項目

「セッション」レビュー

関連記事

“Ç”任天堂映画、事業参入するってよ記念「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」

スーパーマリオ 魔界帝国の女神(1993) Super Mario Bros.(1993) 監督:

続きを読む

”Ç”映画で辿るユダヤ人迫害の真相「イーダ」

イーダ(IDA) 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ 出演:アガタ・クレシャ、アガタ・チュシェブ

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

“Ç”「グランドフィナーレ」公開記念「きっとここが帰る場所」

きっとここが帰る場所(2011) THIS MUST BE THE PLACE(2011)

続きを読む

“Ç”【朗報】今年の”したこめ”ラインナップが凄い

今年も映画の街浅草で映画祭! 今年も、浅草・上野でブンブンが応援する 「したまちコメディ

続きを読む

“Ç”新歓祭目前!北欧研究会NORDICオススメ動画

新歓の季節 桜がキレイなこの季節、 新入生のみなさん、 入りたいサークルは決まったかな? 大学生

続きを読む

“Ç”フランスから追悼・高倉健~_~;

今朝、ショッキングなニュースを フランスから...あの徹子を黙らせた ジャパニーズ・セガール

続きを読む

【クラシック】「ひまわり」あのひまわり畑はウクライナ撮影

ひまわり(1970) I GIRASOLI(1970) 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出

続きを読む

【解説】「スパイダーマン ホームカミング」ネタバレ地雷原を回避した者だけが得る至福

スパイダーマン ホームカミング(2017) SPIDER-MAN HOMECOMING(2017)

続きを読む

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

スウェーデンの映画館に行ってきた 今回の北欧旅行は、阪急交通社の ツアーで行きました。 こ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑