*

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

オリエント急行殺人事件(2017)
Murder on the Orient Express(2017)


監督:ケネス・ブラナー
出演:ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、
ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、
セルゲイ・ポールニン

評価:40点

名探偵コナンのゲームでも露骨に真似されたアガサ・クリスティの名作ミステリー『オリエント急行殺人事件』をケネス・ブラナーの手で映画化。ジョニー・デップやペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、さらにはバレエダンサーのセルゲイ・ポールニンまで出演しているオールスター映画だ。ミステリー映画は苦手だが、フリーパスポートを発動して観てきました。

※【ネタバレ注意】本記事はオチについて書かれています。未見の方はゼッタイに読まないで下さい。

『オリエント急行殺人事件』あらすじ

名探偵エルキュール・ポアロは休暇のためオリエント急行に乗り、ディケンズを読みふけっていた。すると殺人事件が勃発。しかも、雪崩によりオリエント急行は脱線してしまう。あまり気乗りがしないポアロだったが、オリエント急行が復旧するまでの間、暇つぶしにこの殺人事件の真相を解き明かそうとするが…

ポアロがねぇ薄いんだよねぇ

映画好きなら誰しもシドニー・ルメット版と比較したくなる案件だ。残念ながら、私は中学時代に観ているもののほとんど記憶がないので、シンプルに一つの映画として観てみた。すると、どうもよろしくない映画に見えた。映画の衣裳や美術は確かに美しく観るものを魅了する。私はこの画作りは好きだ。しかし、どうもポワロの推理が後出しじゃんけんにしか見えなかった。というよりか、ミステリー映画を描くつもりがうっかり007をやってしまっているように見えた。

冒頭、軽いジャブがてらエルサレムでね推理が始まる。しかし、観客に推理させようとはせず、勝手に自己解決されていく。しかも、コメディタッチで描いているのだが、これが滑っている。絶望的な程に。

そして、本題のオリエント急行での推理が始まるのだが、ポワロは非常に感情的で、とても探偵には見えない。ただ、気まぐれに、気休めに推理しているようにしか見えない。まだ『探偵はBARにいる3』の大泉洋の方が証拠集めしている。いつしか、本作は推理を忘れて『ロシアより愛をこめて』の真似事を展開し始めて頭を抱えた。こんなのミステリーじゃない。茶番だと。

何よりも致命的なのは、ポアロがどう考えても中国の民族衣装なのに、「キモノ、キモノ(字幕では書かれていない)!」と言っている点。ポアロは語学知識が豊富で英語、フランス語、ドイツ語が話せ、さらにはロシア語に関する知識もある。そんな博識にも関わらず、あれをキモノと呼んでしまうことで、彼のキャラクター像がぶれてしまった。シドニー・ルメット版やアガサ・クリスティの原作がもし同様のことを行っているのなら、ここは改編してもよかったんじゃないだろうか。

ポアロ、推理放棄

そして、ラスト、「この列車には、名優が必要だった。」という日本の宣伝通り、乗客全員グルで一人の男を殺そうとしていたことが分かる。ポアロは大げさに、事件のネタばらしをした後、「正義について考えさせられた。本来だったら警察に明け渡すところだが、君たちは殺人者じゃない。」といって列車を去るのだ。確かにこの殺人事件は、多くの人の人生を不幸にした奴に対する復讐劇。1殺して10救うタイプの殺人だ。だが、いくらなんでも警察に「あっ犯人逃げましたよーんじゃ俺は去るわ!」と言うポアロは軽すぎるんじゃないかと思ってしまった。これって事実から目を背けた。ただ面倒ごとから逃げた奴じゃん!とブンブンは不満を抱きました。

お前そんなんで良いのかい!とブチ切れそうになった。シドニー・ルメット版もこんなんだったっけ?と改めて思ってしまった。

続編あるぞ!

最近のハリウッド映画は、何でもパンくずをラストに残して、続編を作るぞアピールをしているが、本作も同様の事が行われていました。なんと次回、『ナイル殺人事件』を映画化するそうです。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・ガーデン」が客4人&上映中止に

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 渡瀬恒彦,

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

“Ç”TOHOシネマズ新宿でMX4D体感したぜ!

映画館は「体感」の時代へ... 飲食もそうだが、 最近は安さを求める経営戦略よりも 高く、

続きを読む

“Ç”何故ギャルにウケて映画人に不評なのか?「ギャラクシー街道」

ギャラクシー街道 監督:三谷幸喜 出演:香取慎吾,綾瀬はるか,遠藤憲一etc 評価:1

続きを読む

“Ç”【実写版予習】鬼退治をしない桃太郎「ジャングル・ブック」

ジャングル・ブック(1967) THE JUNGLE BOOK 監督:ウォルフガング・ライザ

続きを読む

“Ç”ハリウッドに対抗して…「脳内ポイズンベリー」

脳内ポイズンベリー 監督:佐藤祐一 出演:真木よう子、西島秀俊、神木隆之介etc 今年

続きを読む

『見出された時-「失われた時を求めて」より-』チリの巨匠がプルーストに挑む

見出された時-「失われた時を求めて」より-(1999) LE TEMPS RETROUVÉ(199

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「ミュージアム」大友啓史監督、暴力描写は良いけどよ…(ネタバレなし)

ミュージアム(2016) 監督:大友啓史 出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平 カエル男(妻

続きを読む

“Ç”今観ると酷いジョン・フォード映画「捜索者」、しかし映像は…凄すぎる!

捜索者(1956) THE SEARCHERS(1956) 監督:ジョン・フォード 出演:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑