*

【東京フィルメックス】『ニッポン国VS泉南石綿村』はシン・ゴジラならずシン・カズオだ!

【東京フィルメックス】『ニッポン国VS泉南石綿村』はシン・ゴジラならずシン・カズオだ!

ニッポン国VS泉南石綿村(2017)


監督:原一男
出演:泉南石綿村の方々

評価:95点

『さようならCP』『ゆきゆきて、神軍』『極私的エロス・恋歌1974』『全身小説家』、作るドキュメンタリー皆伝説レベルの鬼才・原一男。彼は初の劇映画『またの日の知華』で映画芸術ワーストテンに選ばれてしまう黒歴史を作ってから暫く音沙汰なかった。しかし、密かに彼はドキュメンタリー映画を作っていたのだ。今回のテーマは大阪・泉南アスベストの元労働者と国との訴訟バトル。製作期間8年半に及ぶ壮絶な日々の末、遂にシネフィルの前に再び姿を現した。一般公開は2018年3月ユーロスペース他にてですが、今回ブンブンは東京フィルメックスで一足早く原一男渾身の215分を刮目してきました。果たして…

『ニッポン国VS泉南石綿村』概要

2005年、大手機械メーカー・クボタでアスベストによる健康被害が報道された。大阪・泉南地域の元アスベスト工場で働いていた人々は、国相手に国家賠償請求訴訟を起こした!原一男監督は、大阪・泉南地域の人々と国との闘いを8年間追い続ける…

原一男節全開!

東京フィルメックスで観客賞を受賞したのも納得の大傑作だった。まず、個人的に本作は自分の人生とリンクしていた。丁度、ブンブンが小学6年生の時、中学受験対策でクボタショックを習った。そして、原一男監督が本格的に本作を撮り始めた頃、ブンブンはアップリンクで『ゆきゆきて、神軍』を観て衝撃を受けた。なので、本作で描かれる時の流れと自分の人生をどうしても重ねて観てしまった。これだけで個人的に熱くなる。

さて、内容の話をしよう。本作は前半2時間はインタビュー形式で、訴訟の背景や泉南の歴史が紐解かれていく。そして後半90分は泉南の人々と国との訴訟バトルに重きが置かれている。上映時間が3時間半もあるので、ゆっくり進むのかなと思っていると、これが『この世界の片隅に』レベルでスピーディーに話が展開していく。ポンポンポンポン時代は進み、あっという間に2012,2013,2014年と進んでいく。それにより、次々と泉南の人々が病により逝去していく様子が効果的に見える。これぞ原一男の超絶演出力。国は賠償金の支払いを少しでも遅らせようと悪あがきをし、泉南のアスベスト被害者が亡くなるのを待っていることが観客に伝わってくるのだ!

Q&Aでも彼はお茶目に語っていたが、彼は正義とかそういうの云々の前に「面白い映画を作りたい!」という意志がある。だから、容赦せずに泉南の人々にカメラを向け、煽りに煽る。だからこそ、シリアスでキツイ内容にも関わらず爆笑のシーンも無数にあり、3時間半があったいう間に感じるのだ。そう、これは知られざる社会問題も学べる極上のエンターテイメント作品なのだ!

シン・ゴジラならずシン・カズオだ!

そして、なんと言っても本作が面白いのは後半の泉南と国家の訴訟バトルシーン。これは、ゴジラ目線から描いた『シン・ゴジラ』に見えます。怒りと憎悪の塊で迫ってくる泉南の人々。各省庁のドンは、下っ端の下っ端に彼らのお守りを任せ、なんとかして賠償金を最小限に抑えようとする。お守りを任された人は下っ端なもんだから、規則規則で身動きが取れず、泉南の人々にフルボッコにされる。この様子が非常に笑え、白熱するのだが、これぞ日本の役所!という強烈な風刺も観客に突きつけてくる。

泉南の人々にフルボッコにされ今にも自殺しそうな目をしている省庁の下っ端からは電通で自殺した人の面影も浮かび上がってくる。まさに、自分の持ち場でしか動けない日本のお役所の辛さが強烈に皮肉られていたと言える。

やはり、本作を観ると、『シン・ゴジラ』は単なるファンタジーではなく、現実を描いていたことがよくわかる。そして、原一男はシン・カズオとして生まれ変わり、ドキュメンタリー監督としてのSIN、国が抱えるSIN、泉南の人々のSINと徹底的に向き合い、この大傑作を産み落とした。

そんな『ニッポン国VS泉南石綿村』は来年上半期注目の作品。『ゆきゆきて、神軍』に惹かれた方は、是非、このシン・カズオに挑戦してみて下さい。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【クラシック】「カトマンズの男」はベルモンド、タンタン風ボンドガール乗せ!

カトマンズの男(1965) LES TRIBULATIONS D'UN CHINOIS EN CH

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表「こころに剣士を(THE FENCER)」

フェンサー(THE FENCER) 監督:クラウス・ハロ 出演:マート・アヴァンディ、 ウル

続きを読む

第89回アカデミー賞受賞予想⑦~作品・監督賞~

第89回アカデミー賞受賞予想7 ついに、アカデミー賞予想も大詰め! 作品賞と監督賞を予想していき

続きを読む

地球の急ぎ方~3/25寅さんのふるさと柴又にさくら像爆誕!~

さくら像完成! 本日3/25(土)11:00に、柴又駅にて「さくら像」が竣工しました。「男はつ

続きを読む

“Ç”「バードマン」の原作(?)「愛について語るとき我々の語ること」読む

愛について語るとき我々の語ること What we talk about when we talk

続きを読む

深田晃司監督「淵に立つ」の原点「歓待1.1」が怖すぎた件

歓待1.1(2010) 監督:深田晃司 出演:山内健司、 杉野希妃、古舘寛治、 ブライア

続きを読む

“Ç”岩波ホールにて公開決定!エストニア映画「みかんの丘」

EUフィルムデーズ開幕!! 今年もやって参りました、 ヨーロッパ映画大フィーバーな映画祭EU

続きを読む

【TIFF2017】『スウィート・カントリー』ヴェネチア国際映画祭審査員特別賞受賞作

スウィート・カントリー(2017) SWEET COUNTRY(2017) 監督:ワーウィッ

続きを読む

“Ç”【渋谷シネクイント休館】「シング・ストリート」楽曲の魅力に迫る

シング・ストリート 未来へのうた(2015) Sing Street(2015) 監督:ジョン・カ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「七夜待」河瀬直美、異国の文化に土足で上がり込むの巻

七夜待(2008) Nanayomachi(2008) 監督:河瀬直美 出演:長谷川京子、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【日本未公開】『サマ ZAMA』帰りたい、帰れない、、、単身赴任男の苦悩

サマ(2017) ZAMA 監督:Lucrecia Marte

『スカイスクレイパー』ロック様こそ真のロックスター!ミスターSASUKEだ!!

スカイスクレイパー(2018) Skyscraper 監督:ロ

【ネタバレ】『若おかみは小学生!』一歩違えばガチホラー!脚本家・吉田玲子またしても快進撃

若おかみは小学生!(2018) 監督:高坂希太郎 出演:小林星

『3D彼女』英勉、キモオタクまでもサイコーのコメディエンヌに…

3D彼女 リアルガール(2018) 監督:英勉 出演:中条あや

地球の急ぎ方〜うさぎしんぼる展2018に行ってきた〜

うさぎしんぼる展2018 先日、『3D彼女リアルガール』を観にい

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑