*

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

【カンヌ国際映画祭特集】「湖の見知らぬ男」日本公開不可能な濃密LGBTサスペンス!

湖の見知らぬ男(2013)
L’inconnu du lac(2013)


監督:アラン・ギロディ
出演:ピエール・ドゥラドンシャン、
クリストフ・パウ、
パトリック・ダスマサオ、
ジェローム・シャパット、
マチュー・ベルビッシュetc

評価:75点

カイエ・ドゥ・シネマ週間で観られなかったので、購入しました。東京国際映画祭の矢田部ディレクターが激推しするものの、映画祭上映を諦めた曰くつきの作品。残念ながら、アラン・ギロディ監督が日本公開する条件としてモザイクなしを提示しているので、アンスティチュフランセ以外で観るのは不可能に近い作品となっている。今回紹介する「湖の見知らぬ男」は第66回カンヌ国際映画祭のある視点部門で監督賞を受賞し、その年のカイエ・ドゥ・シネマベストテンでも1位の座を仕留めている。先日行った、シネフィル集まる呑み会で凄い作品だよと言われただけに期待度高まるが果たして…

「湖の見知らぬ男」あらすじ

同性愛者のハッテンバである湖のほとりで殺人事件が発生。とある男に恋したフランクは、ひょっとしてその男が殺人したのではないかと猜疑心を抱く…

三島由紀夫小説のような美しさ

閑話休題、本作はLGBT映画で激しく、人によっては気持ち悪くなるような性交シーンがある。しかし、非常に美しい。まるで、三島由紀夫の小説を読んでいるかのような、特に湖の描写は「午後の曳航」を読んでいるかのような、「美」に溢れた作品だった。

まず、面白いのはアラン・ギロディ自身が同性愛者ということもあり、目線と空間を使った愛表現が非常に上手い。私も大学時代に今はなき、ピンク映画館・くらら劇場で男がハッテンしている状況を見ている。私自身、男に狙われたこともある。空間を詰めたり、熱い目線を送ったりする様子は等身大であった。
(※くらら劇場潜入記事)

次に、森と湖の対比が素晴らしい。男が情事に励む際、人目を逃れるかのように森という闇に消える。森はブラックボックスで、人の欲望が蠢いている。湖が光り輝く美しさを放っているだけに、森が強調され、人間の心の暗部、大事な人以外には知られてはいけない心を見事に象徴させていた。

キング・オブ・エスケープ(LE ROI DE L’EVASION)」の時もそうだったが、アラン・ギロディ監督は醜悪且つ美しい男性同士の愛表現を描く過程で、人間の本質を突いている。元々、猿と同類、そこら辺の獣と変わらなかった人間本来の姿を思い出させてくれる。本能に任せるまま、「愛」を求め会う様子にあなたの愛の価値観が揺れ動かされること間違いなし。

実はアラン・ギロディファンの評価に対し、私は「キング・オブ・エスケープ」派なのだが、それでも美しいきサスペンス、美しきラブストーリーでした。

彼の去年の作品「垂直のままに(RESTER VERTICAL)」は5月にDVDが発売(もちろん海外版)されるらしいので、これは買いたいところです。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「ボーダーライン」公開直前!メキシコ麻薬戦争ドキュメント「皆殺しのバラッド」

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇(2013) NARCO CULTURA(2013)

続きを読む

“Ç”マーティ、イーストウッドの名誉のために奮闘BTTF PARTⅢ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ ↑しろたんが全力でデロリアンの出発を止める...

続きを読む

“Ç”日本公開決定!?「きっと、星のせいじゃない。」

異色の難病もの「きっと、星のせいじゃない。」 監督:ジョシュ・ボーン 出演:シェレン・ウッドレイ

続きを読む

“Ç”フランス映画「穴 Le Trou(1960)」危険過ぎて冷や汗脱獄映画

穴(1960) Le Trou(1960) 監督:ジャック・ベッケル 出演:ジャン=ケロデ

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって? よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何? って訊かれる。 実は両

続きを読む

“Ç”【解説】「栄光のランナー1936ベルリン」リーフェンシュタールを語る

栄光のランナー1936ベルリン(2016) RACE(2016) 監督:スティーブン・ホプキ

続きを読む

【Netflix】「最初に父が殺された」アンジェリーナ・ジョリーが描く歪んだ社会主義

最初に父が殺された(2017) First They Killed My Father(2017)

続きを読む

【TIFF2017】『スヴェタ』カザフスタン製凶悪聾唖者犯罪劇『ザ・トライブ』のトラウマ再び

スヴェタ(2017) SVETA(2017) 監督:ジェンナ・イサバエヴァ 出演:ラウラ・

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉙】「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」白組参入!

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 柄本明,

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)受賞結果! 「ローマ環状線」のロージ監督新作ドキュメンタリー「海は燃えている」が金熊賞!

第66回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞: 海は燃えている(Fuocoammare)

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作問題について考えてみた

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

【エリック・ロメール特集】『海辺のポーリーヌ』夏だ!このテラスハウスを観よう♩

海辺のポーリーヌ(1983) PAULINE A LA PLAGE(

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑