*

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

パラダイス:神(PARADIES: GLAUBE)

パラダイス 神
監督:ウルリヒ・ザイドル
出演:マリア・ホーフスタッタ、ナビル・サレーetc

評価:80点

「パラダイス」三部作もいよいよ最後!
今回は、ヴェネチアで審査員特別賞を受賞し
三部作の中で最高傑作との呼び声高い
「神」に挑戦なり!

あらすじ~キリスト教徒の偽善に迫る~

unnamed (33)
まず、読者に訴えたいのが、
この作品が三部作の中で最もきついテーマだということ。
なんたって、熱心なキリスト教徒を揶揄しまくる話なのだ!!

レントゲン技師のおばちゃんは夏休みを貰うと、
移民の家に聖母マリア像を抱え
押し入り、布教活動する毎日を送り始める。

おばちゃんを論破する者や、一緒に祈ってくる者
様々いて、おばちゃんは神に仕えていることを
生きがいにしていた。

しかし、ある日エジプト人でイスラム教徒の夫が
車いすで帰還してきて日常は変わる。

夫は妻からの「愛」を求めるが、
妻はキリスト教への愛が強く
構ってくれない。
昔からのキリスト教徒である夫どん引きで
どんどん家庭が崩壊していくのだった…

日本人が観るとよくわかる??

キリスト教の偽善について語る、
恐ろしいテーマの作品だ。

主人公のおばちゃんは、キリスト教を
愛しているが理解をしていない。
自分の好きなものを相手に押しつけようとする
傲慢に支配されている。
インテリな家庭から論破されたり、
夫から忠告を受けても欺瞞に満ちあふれた
態度でキリスト教にしがみつこうとする
有様はまるで失楽園にいかないように
あがいているようにしか見えない。

無宗教(実際には多宗教社会と言った方がよかろう)
社会の日本が観ると、非常に滑稽で笑えてくる。
と同時に宗教が持つ問題も浮かび上がってくる。

敬虔なキリスト教徒であるはずの夫が、
妻の狂信的行為に嫌気が差し
アンチクライストに陥っていくところ
強烈な皮肉がきいている。
それがラストの妻の描写にも利いているところが
エグい。笑えるが恐ろしい。

宗教は、豊かな人間性を養うのに役に立つ。
昔の人が、社会秩序を保つ為に開発した
最大の発明だと思う。

しかし、一度狂信的になると、
他を拒絶しはじめ、戦争が勃発する。
また、宗教を押しつけることで
人々から反動を生み
孤立していく。

故に、「ライフ・オブ・パイ」の主人公のように
状況に応じて宗教を使い分ける。
他宗教のいいところを適宜使いこなす
能力が必要だなーとブンブンは感じた。
そう考えると、お正月からクリスマスまで
柔軟に取り入れる日本人の脳ってすげー!

ともかく、主人公のおばちゃんの
ウザさが半端なく、それで生じる
宗教というパラダイスが崩壊していく
過程をここまでブラックに笑い飛ばした
ウルリヒ・ザイドル監督すげーなと思う。

ブンブンは個人的に「愛」を激推しするが、
宗教問題に興味があれば是非コイツも
挑戦して欲しい。

すっかりザイドル好きになったので…

すっかり、ウルリヒ・ザイドルの世界観に嵌まってしまいました。
彼はパラダイス三部作の他に映画作っているそうですよー

インポート・エクスポート

ウクライナとオーストリア労働者の過酷な現状を
描いた作品だそうです。

ドッグ・デイズ

ウルリヒ・ザイドル監督長編劇映画デビュー作。
欲望が暴走する夏休みを描いた、
パラダイス三部作の原点とも言える作品。

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】「七夜待」河瀬直美、異国の文化に土足で上がり込むの巻

七夜待(2008) Nanayomachi(2008) 監督:河瀬直美 出演:長谷川京子、

続きを読む

“Ç”北斎の女もエロマンガを書く?「百日紅~Miss HOKUSAI~」

百日紅~Miss HOKUSAI~ 監督:原恵一 出演:杏、松重豊etc 最近、日本で

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解釈】「善き人のためのソナタ」シュタージの心情について

善き人のためのソナタ(2006) DAS LEBEN DER ANDEREN(2006) 監

続きを読む

“Ç”フランス映画を観て仏検に備えよう「天才スピヴェット」

仏検リスニング対策どうする? 仏検準2級以上になると、 リスニング対策で苦労することになる。 留学す

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】アフリカ映画「ひかり」はFFでありSWだった件

ひかり(1987) YEELEN(1987) 監督:スレイマン・シセ 出演:イシアカ・カネ

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ノン、あるいは支配の空しい栄光(1990) 原題:NON', OU A VA GLORIA DE

続きを読む

“Ç”死人ゼロだが猛毒・園子温ワールド「ラブ&ピース」

ラブ&ピース 監督:園子温 出演:長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、西田敏行etc 評

続きを読む

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Comes at Night(201

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~長編アニメーション賞&美術賞~

長編アニメーション賞 思い出のマーニー インサイド・ヘッド [su_youtube u

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑