*

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

”Ç”87回アカデミー賞予想4:脚本&脚色賞

脚色と脚本の違いって?

よく友達に「脚色賞」と「脚本賞」の違いって何?
って訊かれる。
実は両者は似て非なるものだ。

脚色賞

所謂原作モノ。
小説や漫画を映画化する際、
台詞丸ごと使わないでしょ。
また、時と場合によっては
台詞を付け足したり、構造を変える
必要がある。如何にクールに原作を
映画化したかが求められる。

脚本賞

こちらはオリジナルの内容。
脚色とは違い、一から構想を
練るのでアイデア勝負!

脚色賞ノミネート一覧

1.「アメリカン・スナイパー」
ジェイソン・ホール
2.「LAヴァイス」
ポール・トーマス・アンダーソン
3.「博士と彼女のセオリー」
アンソニー・マッカーテン
4.「イミテーション・ゲーム」
グレアム・ムーア
5.「セッション」
デイミアン・チャゼル

予想

IMG_1098.JPG
実は、今回、読書好きには衝撃的な作品がノミネートされている。
あのポール・トーマス・アンダーソンが
クレイジーな文体で有名なトマス・ピンチョンの
「LAヴァイス」を自ら脚色して映画化したのだ!
ブンブン、一読したが、これは危険な映像化だ。
なんたって、ドラッグに溺れているヒッピーな探偵。
ホームズを実在すると思い込んでいる探偵が、
勘とノリで事件を解決する。
しかも、展開はよくあるミステリー
という、普通に映画化したらタダの支離滅裂ドラマ
になりかねないネタを見事に映画化したようだ。
しかも、これはピンチョン最大の迷作「重力の虹」
映画化の練習にあたる。
これは是非とも獲って、登場人物が無数に出まくり
電球やゴキブリまでが物語を語る「重力の虹」
を映画化して欲しい。

脚本賞ノミネート一覧

1.「バードマン」
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥetc
2.「グランド・ブダペスト・ホテル」
ウェス・アンダーソンetc
3.「6才のボクが、大人になるまで。」
リチャード・リンクレイター
4.「フォックスキャッチャー」
E・マックス・フライetc
5.「ナイトクローラー」
ダン・ギルロイ

予想

IMG_0991-0.JPG
今回は、相手が悪かった。
作品賞と監督賞に強敵
「6才のボクが、大人になるまで。」
がいるため、不遇の状態に
陥っている「バードマン」。
ここは是非、こいつに獲って頂きたい。
しかも、脚本なら賞賛がある。

何故なら「6才のボクが、大人になるまで。」はそもそも
脚本なんて言葉悪いが行き当たりばったりで作っている。
故に主人公の反抗期のシーンが欠如している欠点を
持ち合わせているのだ。
「グランド・ブダペスト・ホテル」は、
謎解きを内輪でやっている感じが強く、
観客放置プレイ型。

「フォックスキャッチャー」は
まあまあ心情描写が上手いが、
「バードマン」の多重構成には
及ばないであろう。

「ナイトクローラー」は
かなり良い意味でも悪い意味でも
「盛りすぎ」「やり過ぎ」な脚本。
名言は多いが、攻撃力は微妙だぞ。

予告編リスト

・「6才のボクが、大人になるまで。
・「バードマン
・「アメリカン・スナイパー
・「イミテーション・ゲーム
・「博士と彼女のセオリー
・「セッション
・「フォックスキャッチャー
・「グランド・ブダペスト・ホテル
・「UNBROKEN
・「LAヴァイス
・「ナイトクローラー

関連レビュー

1.「フォックスキャッチャー
2.「イミテーション・ゲーム
3.「博士と彼女のセオリー
4.「ナイトクローラー
5.「6才のボクが、大人になるまで。
6.「セッション
7.「UNBROKEN

関連記事

“Ç”明日!第87回アカデミー賞受賞発表! ブンブンの予想MATOME

アカデミー賞発表間際! ついに明日2/23(月)の9時からアカデミー賞 授賞式が始まりますね~

続きを読む

“Ç”【駄話】「死ぬまでに観たい映画1001本」、一生で観るの不可能説

映画好きは一家に一冊! 「死ぬまでに観たい映画1001本」 皆さん、「死ぬまでに観たい映

続きを読む

“Ç”「ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃」、シン・ゴジラを超える殺戮

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001) 監督(本編)金子修介(特撮)神谷誠

続きを読む

【NETFLIX】「キャッチボール屋」伝説的大崎章を観てみた…

キャッチボール屋(2006) 監督:大崎章 出演:大森南朋、 庵野秀明、内田春菊etc

続きを読む

“Ç”7月のオススメ作品!ヒーローの宴会が開催されるっぽいよ~

アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン 監督:ジョス・ウェドン 出演:ロバート・ダウニー・Jr

続きを読む

「壊れた心」浅野忠信、フィリピンで台詞なしバイオレント作品に出る

壊れた心(2014) Pusong wazak! Isa na namang kwento

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

“Ç”ドローン映画と思いきや格闘技映画「フル・コンタクト」東京国際映画祭にて

フル・コンタクト(FULL CONTACT) 監督:ダビッド・フェルベーク 出演:グレゴワー

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)コンペティション出品作品発表

第66回ベルリン国際映画祭 開催期間:2016/2/11~2016/2/21 コーエン兄

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「キング・オブ・エスケープ」アラン・ギロディによるゲイの新世界

キング・オブ・エスケープ(2010) LE ROI DE L'EVASION(2010) 監

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【『若おかみは小学生!』絶賛記念】『たまこラブストーリー』から観る、吉田玲子の脚本術

たまこラブストーリー(2014) 監督:山田尚子 出演:洲崎綾

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑