*

【ネタバレ】『バーフバリ 伝説誕生』王の凱旋が如何に神作かが分かる一本

【ネタバレ】『バーフバリ 伝説誕生』王の凱旋が如何に神作かが分かる一本

バーフバリ 伝説誕生(2015)
BAAHUBALI(2015)


監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバース,ラーナー・ダッグバーティ,
アヌシュカ・シェッティ,タマンナーetc

評価:70点

今週金曜日に新宿ピカデリーでカルト映画『バーフバリ 王の凱旋』絶叫上映が開催される。ブンブンは先日、本作を鑑賞してすっかり虜になってしまい毎日のようにサントラを爆音で聴いている状況。当然ながら、この絶叫上映も行きます。ただ、未だに前作にあたる『伝説誕生』を観ていない。そんな中、この週末Amazon Videoで100円レンタルされていた。これは観るしか!と思い、早速『伝説誕生』を観てみた。すると…

『バーフバリ 伝説誕生』あらすじ

古代インド・マヒシュマティ王国のシヴァガミは刺客に狙われ、決死の逃亡を図っていた。命かながら、赤ちゃんを村人に託す。シヴドゥと名付けられたその赤ちゃんは25年後、川の上からどんぶらこどんぶらこと流れて来た謎の仮面に魅せられ、滝の上を目指す。滝上では、美しき女性アヴァンティカが革命軍と共に王国の圧政に対し謀反を起こそうとしており、シヴドゥは騒乱に巻き込まれていく…

『王の凱旋』がヤバすぎることを知った

物語自体は、『王の凱旋』を観たときのダイジェストで全部知っていた。だから、ラストにカッタッパがバーフバリを裏切ったところで終わることも知っていた。それを差し引いても、本作は意外にも普通のインド映画だった。スター・ウォーズさながらの、田舎者が自分の正体を知り覚醒する物語。そこに歌や踊りがあり、『バーフバリ』特有のぶっ飛んだギミック。例えば、布を空高く飛ばし、そこに炎の矢を放つことで、無数もの敵軍を焼殺するところなんかは見応えがある。しかしながら、『伝説誕生』はハリウッドのスペクタクルをなぞっただけの作品にとどまっていた。面白いのだが、音楽やアクションに物足りなさがあり、かといってインターナショナル版故か歌と踊りのシーンが少ない且つ物語の進行を阻害しているような印象を受けた。

それだけに、『王の凱旋』が如何に化け物かがよくわかった。唐突に、あれだけバーフバリと共に戦ったカッタッパが「俺はバーフバリを裏切った」と自白し終わる本作。あれから2年後、面白さを5億倍にして帰ってきた。歌は、物語を効率よく進行させるためのツールとして使われる。アクションのギミックも観客の予想を遥かに上回るもの。そして、前編の数々のシーンを伏線として回収する。凄い凄すぎる!まさに神業な続編だったのだ。

これはインドの民も発狂することだ。日本の映画ファンも酔いしれることだ。しかも、前編無くして後編は成り立たないことも今回本作を観て感じた。意外と普通な『伝説誕生』を観てこそ初めて、神の真の力を感じることができるのだ。

観るアーユルヴェーダこと『バーフバリ』。映画好きならWHY DON’T YOU WATCH BAAHUBALI?

P.S.それにしても、『伝説誕生』はR-15指定なのに、『王の凱旋』はG指定。これは永遠の謎だ。後編の方が暴力描写えげつないぞ…

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【寅さんフルマラソン㊳】「男はつらいよ 知床慕情」竜造入院

男はつらいよ 知床慕情(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 淡路恵子, 下條正巳

続きを読む

『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』ジョー・ライトとは相性が…

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017) DARKEST HOUR(20

続きを読む

【毎週インド映画6】『チャルラータ』踊らぬインド映画の巨匠サタジット・レイ渾身の一作

チャルラータ(1964) CHRULATA(1964) 監督:サタジット・レイ 出演:マド

続きを読む

【絶賛】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』侮るなかれ!瀬々敬久が放つ大傑作!

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017) 監督:瀬々敬久 出演:佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子

続きを読む

『犬ヶ島』日本が今最も映画化すべき内容をW.アンダーソンが愛もってお届け!

犬ヶ島(2018) Isle of Dogs(2018) 監督:ウェス・アンダーソン 出演

続きを読む

【EUフィルムデーズ2018】『ホース・マネー』コスタのWAKANDA FOREVER、刻の牢を裂く

ホース・マネー(2014) Cavalo Dinheiro(2014) 監督:ペドロ・コスタ

続きを読む

『恋は雨上がりのように』山口達也セクハラ事件後だからこそ観たい傑作!

恋は雨上がりのように(2018) 監督:永井聡 出演:小松菜奈、大泉洋、 清野菜名、磯村勇

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャル

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊵】「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」寅さん早稲田大学に通うの巻き

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 三田寛子,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑