*

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017)
Baahubali 2: The Conclusion


監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバースシヴドゥ、
アヌシュカ・シェッティ、
ラーナー・ダッグバーティetc

評価:バーフバリ!!!!!!(5億点)

今、映画ファンの間で密かに大ブームを巻き起こしている作品がある。その名も『バーフバリ』。昨年の上半期に1作目『伝説誕生』がひっそりと公開されるや否や口コミで「『バーフバリ』やべぇ」という評判が伝播していった。そして年末に、第二弾『王の凱旋』が公開されると猛烈な勢いでファンを増やしていった。
ブンブンの周りでも、どいらじを始め様々なところで絶賛され、先日ライムスター宇多丸も「昨年のシネマランキングに入れるとすれば…1位です」と語っていたほどの熱狂ぶりだ。

ってことで、ブンブン前作未見ですが、映画仲間と観てきました。新宿ピカデリーで2日前予約して正解でした。当日朝、劇場に行ったところ、既に13:05の回は満席でしたよ。

『バーフバリ 王の凱旋』あらすじ

マヒシュマティ王国の王になったアマレンドラ・バーフバリは旅先のクンタラ王国の王女デーバセーナと恋に落ちる。バーフバリに嫉妬を抱くバラーラデーバは、裏工作で二人の恋を引き裂き、バーフバリを王座から引きずり落とそうとしていた。

バーフバリでバーフバリな映画だった!

本作を観終えた私は猛烈な禁断症状に見舞われた。『バーフバリ 王の凱旋』もう一度観たい!サイコー!だと。そして、ここ1ヶ月の映画の記憶が吹き飛んでしまいました。丁度、この日午前中に観てこれまた大傑作であった『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』の記憶が失われる程のディープインパクト、ビッグバンが私に降りかかってきたのだ。

ただ、多くの映画ファンが本作についてまともに語れないの同様、私も上手く言語化できなかった。何度Filmarksを開いても、全く文字が進まないのだ。ただただ、この世のものとは思えない映画体験をしたとしか言えなかった。

そこで1日かけて頑張って言語化してみた。

本作は、まず映画として破綻しまくっていると言っても過言ではない。CGは雑だし、バーフバリが3本矢でアクションをしているのだが、何故か背中に背負っている矢のストックは減っていない。寧ろ増えていたりする。

また本作は、前作未見の方の為、ハイロー方式であらすじ解説を5分かけて行ってくれるのだが、後半の展開が、本作のクライマックスと酷似している、というよりか使いまわしているのだ。ストーリーもいくらバラーラデーバの囁きに嵌められたからとはいえ、シヴァガミのやっていることは鬼畜すぎてドン引きレベルだ。しまいには、戦争のさなか火鉢を頭に乗せて要塞を闊歩するという衝撃のシーンまである。もう脳内パニック。何が自分の中で起きているのかがわからなくなる。

しかし、本作はすべての否定的意見を無にする。いや、一つあたり5億点の描写へと変える力がある。ラーメン二郎も真っ青な程、アクションとDopeな音楽に全身鳥肌立ちまくり。観終わった後、シブドゥのように両手を広げて「バーフバリーーーーーーーーーー!!!!」と叫びたくなりました。そもそも、観ている間、地獄であったことを告白しないといけない。あまりに楽しい音楽、面白すぎるアクションを前にじっとしているのが本当に辛かった。


これぞ、爆音上映、絶叫上映、マサラ上映に向いている。というよりか、それ以外の鑑賞をオススメできない作品と言えよう。もはや、これは映画でもない。これは「体験」だ。

あなたの世界観が180度変わるそんな傑作『バーフバリ 王の凱旋』は前作未見でも一切問題ないので、地を這ってでも、劇場で、「劇場」でウォッチしてください。

バーフバリサイコーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”玉森 裕太好きの妹のに「レインツリーの国」前売りを買う兄ブンブン

帰国したら妹が... 留学から帰国して、色んなものが変わった。 ブンブンの通う大学近くに、サ

続きを読む

“Ç”200頭の犬に追いかけられたら…「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソティ)」

「WHITE GOD」 監督:Kornel Mundruczó 出演:Zsófia Psot

続きを読む

【PFFアワード2016】「ツケモノの子」「福島桜紀行」「食卓」ブンブンのレビュー

ぴあフィルムフェスティバルに 行ってきた! 先日、東京都フィルムセンターで 開催されている

続きを読む

“Ç”追い込まれママと教育ママ「Mommy/マミー」:新宿武蔵野館4/25公開

フランスにはAVANT PREMIÈRE という文化がある。 ロードショーの一日前の夜に

続きを読む

“Ç”出資期間終了まで1週間シュヴァンクマイエル「蟲」クラウドファンディングに挑戦してみた!

鬼才ヤンシュヴァンクマイエル 最後の作品「蟲」 クラウドファンディング開催中 近年、映画監督が

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」が凄い!

コーヒー&シガレッツ(2003) COFFEE AND CIGARETTES(2003) 監

続きを読む

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題:STAYING VERTIC

続きを読む

“Ç”ソレンティーノに影響与えた??「シシリーの黒い霧」

シシリーの黒い霧(1961) Salvatore Giuliano(1961) 監督:フラン

続きを読む

“Ç”「ヤコペッティの残酷大陸」あの映画にも引用された怪作

ヤコペッティの残酷大陸(1971) Addio zio Tom(1971) 監督:グァルティ

続きを読む

“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」

海街diary 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずetc 今年のカ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑