*

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

【ネタバレ】『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』と『最後のジェダイ』の意外な関係性

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017)


監督:ウシロシンジ
出演:上白石萌音、千葉雄大、
田村睦心、関智一、野沢雅子etc

評価:70点

毎年恒例の『妖怪ウォッチ』今年も観てきました。妖怪ウォッチはシリーズものキッズ映画にしては毎回かなり歪な作品となっており、大人になってしまって気づくイマジナリー・フレンドとしての「妖怪」像を描いたり、実写とアニメを合成して『妖怪ウォッチ』とは何なのかを考察したり子ども向けにしてはトンデモない魔法をしかけてくる。今回はケイタたちが活躍していた時代から30年後が舞台とのこと。果たして…

『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』あらすじ

少年は大人になると妖怪が見えなくなる。かつて妖怪ウォッチの使い手として活躍していたケイタは大人になり、妖怪との縁が切れた。その中、新たな危機が地球に迫りつつあった。地球外から人々の怒りや憎悪に取り憑くウイルス鬼まろが人々を乗っ取り始めていた。人類を救う妖怪ウォッチの使い手を探していたウィスパーは一人の女の子に目を付ける…

妖怪ウォッチが考えるハリウッド大作論

今回の妖怪ウォッチは、『スター・ウォーズ』でありマーベル映画であった。なんと言っても、ストーリー構成はまさに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』だ。伝説の妖怪ウォッチ使いケイタが大人になってしまった世界。妖怪は新たな妖怪ウォッチ使いを探していた。そんな中、平凡な少女がフォースに目覚め、妖怪ウォッチ使いとして目覚めていく。一方、別の妖怪にそそのかされて、ダークサイドに陥り、全人類を支配しようしようとする…って話がまんま『スター・ウォーズ』じゃありませんか。そして、えんま大王の歴史を知っているが故に一見チャラチャラしているがどんと構えているあたりは、ハン・ソロを彷彿させられる。

そして、この映画は従来の妖怪ウォッチファンへの挑戦状でもある。『ポケモン』や『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』といった大御所シリーズ映画が「永遠の小学生(サトシは中学生だっけ?)」でシリーズを続けているのに対し、本作ではホントウに時代を30年後に映している。画面に映るのは違和感の塊であるウィスパーでありジバニャンであり、コマさんだ。明らかに狂ったヴィジュアルの妖怪たちに、ウシロシンジ監督の反骨精神むき出しな様子がうかがえる。『最後のジェダイ』も従来ファンの接待映画になろうとはせず、新しいスター・ウォーズを語ろうとした映画。フィンに強引に付いてくるアジア人整備士ローズや、どもりのならず者DJなど観客を煽る登場人物配置に、フォースとライトセーバーのトリッキーすぎる使い方などから新たなるスター・ウォーズ像が見えた。本作も、まさに観客を挑発する作りでもって『妖怪ウォッチ』映画として新しい道筋を開拓しようとしたと言える。

それでもって、本作ではトンデモない隠し味をねじ込んで来た。それはゲゲゲの鬼太郎の世界観との融合だ。近年、マーベルを筆頭にDCコミックスや、さらにはシャマランの『スプリット』など、様々な作品の登場人物を一堂に会する「ユニバース」スタイルの作品が増えている。映画作品を一本の作品として終わらせるのではなく、フランチャイズ化していく映画会社の戦略だが、まさかの『妖怪ウォッチ』も便乗している。流石は流行に敏感だ。

中二病心をくすぐる佳作

さて、いよいよ中身の感想といこう。これはかつて中二病だった者、これから中二病になろう者にとってインスピレーションがかき立てられる作品だ。なんといっても今回ダークサイドに墜ちる月浪トウマがこれまた良い味を出している。裕福な家庭で育っているが、親は毎日研究で帰ってこず、孤独に悩まされている彼は妖怪の魔の手に誘われ、驚異的な力を手にする。マッチョな手にトランスフォームし、腕には鬼眼ウォッチ(そんな名前だった)というど派手なものを装備している。そんな彼がヤンキーを叩きのめしたり警察を壊滅させるところには妙に熱くなってしまう。そして、彼が可愛いヒロイン・天野ナツメとゲゲゲの鬼太郎の手によってダークサイドから解脱した後、聖剣エクスカリバーの如く剣を抜き、巨大な敵に対し妖怪と超融合しながら決死の戦いに挑むところはもう心の中で「ファイト—-!」と応援してしまいました。

そう、これは学生時代いじめに遭っていた大人が観ると非常に心が温まる映画だったのだ。確かにあの頃のジバニャンやウィスパー、コマさんはいない。主人公達もケイタのようなカリスマ性がない。ただ、自分の期待通りのものがなくてもどこか憎めないところがある本作はまさに『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』であろう。

鬼太郎周りについて言わせてくれ!

本作は、かなり甘めの評価になっているが(中二病描写に大満足したためw)、一つ言わせて欲しい。それはゲゲゲの鬼太郎を映画が使いこなせていないということだ。折角ねずみ男やぬらりひょん、ねこ娘なんかを登場させているのだから、敵と戦わせてもよかったのではないだろうか。ただ鬼太郎が天野ナツメを月浪トウマの心へ潜入させる手伝いをだけという出オチこれはあんまりだよなーと思ってしまった。ユニバースをやるんだったらしっかりやってほしい。

妖怪ウォッチレビュー

「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」メタ発言多し実験映画
“Ç”「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」…世にも奇妙な物語だねw

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”TAMA NEW WAVEの審査員してきた

TAMA NEW WAVEに行ってきた 日本における、ゴールデングローブ賞にあたる TAMA

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

“Ç”新キャラ登場!「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」

アナと雪の女王まだまだキテル! 昨年、「LET IT GO」が世界的に大ブーム。 よくよく考

続きを読む

【ネタバレなし解説】「レゴ バットマン ザ・ムービー」今年暫定ベストな5つの理由 バットマンの腹筋で腹筋崩壊

レゴ バットマン ザ・ムービー(2017) THE LEGO BATMAN MOVIE(2017)

続きを読む

“Ç”「セッション」の監督脚本作「グランドピアノ 狙われた黒鍵」

グランドピアノ 狙われた黒鍵(GRAND PIANO) 監督:エウヘニオ・ミラ 出演:イライ

続きを読む

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fin 英題:Endless P

続きを読む

”Ç”【ヤバすぎ】すべての洋画ファンに捧ぐ「マッドマックス/怒りのデス・ロード」

マッドマックス/怒りのデス・ロード(MAD MAX:FURY ROAD) 監督:ジョージ・ミラ

続きを読む

“Ç”「ヤコペッティの残酷大陸」あの映画にも引用された怪作

ヤコペッティの残酷大陸(1971) Addio zio Tom(1971) 監督:グァルティ

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「ミュージアム」大友啓史監督、暴力描写は良いけどよ…(ネタバレなし)

ミュージアム(2016) 監督:大友啓史 出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平 カエル男(妻

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑