*

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017)
原題:方繡英
英題:Mrs. Fang


監督:ワン・ビン
出演:ファンさんとその家族

評価:65点

東京フィルメックスに行ってきました。私のお目当は何と言っても王兵(ワン・ビン)の『ファンさん』だ!王兵といえば、基本的に2時間半コースが当たり前で海外のジャーナリストが潜入出来ないディープな中国のアンダーグラウンドを映し出すことで有名だ。ブンブンは昔NHKで9時間中国の廃墟を追った『鉄西区』を観てから、彼の作品に嵌まり、昨年Festival Scopeで観た2時間半も中国の服製造現場を追った『苦い銭』(日本公開は2018年1月)はその年のベストテンに選んだほどだ。

しかし、今回は90分を切っている。内容はアルツハイマーのおばちゃんが他界するまでの数日。王兵監督にしては、ありきたりなテーマかつ、果たして90分で描ききれるの?と不安でした。

『ファンさん』概要

ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞作品。アルツハイマーで亡くなるファンさん最期の数週間をワン・ビンが追ったドキュメンタリー

睡魔との闘い

相変わらずガツンとくる一本。そして、王兵映画にしては珍しく寝る損マンデラしてしまった作品でもあった。

いきなり強烈なシーンから開幕。2015年、アルツハイマー歴8年のファンさんが家の中で訳も分からず立っているところから始まる。家族にも無視されているような扱いが映し出される。

そしていきなり、舞台は1年後の2016年に!なんとファンさんは寝たきり植物人間状態になっているではないか!この変わり様に唖然とした。

私の祖父がアルツハイマーで昨年亡くなっただけに尚更、哀しくなった。

ファンさんが危篤になり、ようやく家族が集まる、ダルそうにする者、熱心に介抱する者、山田洋次や小津安二郎映画のような人間ドラマが等身大で迫ってくる。

それを、全く語らないファンの眼は喜怒哀楽走馬灯のように見ている。ファンさんのHPは1。眠ったらこの世とバイバイな状態でファンさんが必死にカメラを家族を凝視する様子はアクション映画のようだった。

と共に、長回しのリズムに睡魔が襲ってきて、ウトウトしてしまいました。寝る損マンデラ!ファンさん、王兵監督すまない(泣

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”祝・2014カンヌコンペものコンプ「ジミー、野を駆ける伝説」

Jimmy’s Hall 監督:ケン・ローチ 出演:バリー・ウォード, シモーヌ・カービーetc

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

“Ç”ベルリン国際映画祭金熊賞受賞パナヒ最新作「人生タクシー」東京フィルメックスにて

タクシー(TAXI) 監督:ジャファル・パナヒ 出演:ジャファル・パナヒetc 評価:

続きを読む

“Ç”カザフスタンのホラー映画「The Plague at the Karatas Village」

The Plague at the Karatas Village(2016) 監督:Adil

続きを読む

“Ç”【実写版予習】鬼退治をしない桃太郎「ジャングル・ブック」

ジャングル・ブック(1967) THE JUNGLE BOOK 監督:ウォルフガング・ライザ

続きを読む

第90回アカデミー賞受賞予想⑨全部門まとめ

第90回アカデミー賞受賞予想⑨全部門まとめ ブンブンの予想は下記の通りです。詳しい予想概要は、一番

続きを読む

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート  去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが 出土した

続きを読む

2017年度チェ・ブンブンの極私的アカデミー賞&総括 ハイローまさかの5冠!

2017年度チェ・ブンブンの極私的アカデミー賞 1週間近くに渡って語ってきた、部門別ベストテン20

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方〜激動東欧編3:ミュシャの少女に萌えろ!燃えろ!〜

チャラーララー、チャラーラー、 チャラらラーラらーと NHKの某番組のように散策してみる チェ・ブ

続きを読む

“Ç”リオ五輪まであと2週間!ブラジルの桃太郎「マクナイーマ」を観る

マクナイーマ(1969) MACUNAIMA(1969) 監督:ジョアキン・ペドロ・デ・アン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑