*

“Ç”「アーティスト」より愛ある懐古映画「ブランカニエベス」

“Ç”「アーティスト」より愛ある懐古映画「ブランカニエベス」

ブランカニエベス(2012)
Blancanieves(2012)

ブランカニエベス2
監督:パブロ・ベルヘル
出演:マリベル・ベルドゥ、
ダニエル・ヒメネス・カチョetc

評価:80点

NetflixはAmazonプライムビデオ
とは違い、アート系映画が数多く
揃っている。
そんな中から今回紹介するのは
「ブランカニエベス」。
2012年にスペインで作られた、
サイレント映画だ。

2011年にフランスで作られた
「アーティスト」への挑戦状
果たして…

「ブランカニエベス」あらすじ

グリム童話「白雪姫」と
スペイン名物闘牛がまさかの超融合!
母を失った人気闘牛士の
娘カルメンシータは
継母にいじめられる毎日。
継母に殺されかけた彼女は
「こびと闘牛士団」に
救われ…

「アーティスト」より断然愛ある

ミシェル・アザナヴィシウス
「アーティスト」はフランス映画にも
関わらず、アカデミー賞で作品賞を
始め5冠を達成した。

しかし、「アーティスト」はトーキー映画寸前の
1920~1930年代の作品の愛をただ単に
羅列しているに過ぎず、
観終わった後、段々熱が冷めていく
作品だった。

しかし、この「ブランカニエベス」は違う。
「白雪姫」を闘牛士の女の数奇な人生に
置き換える斬新さから始まり、
ショットの一つ一つに魂がある。
昔の白黒映画って「古くさい」とか
「眠くなりそう」、「台詞ないって
面白いの?」
と思うかもしれない。
しかし1920年代の娯楽であったことに
間違いはない。人々は映画を楽しんでいた。
その当時の興奮が体験できるのだ。

特にブンブンが圧倒されたシーンは
冒頭とラストの闘牛シーン。
CGのない昔は、
人が生身で危険なスタントを
演じ人々を熱狂させていた。
絶妙なカット割りと早送りで
「あぁアブナイ!」とハラハラ
どきどきさせられる。
この闘牛シーンも
思わず目をつむりたくなる。

そして、サイレント映画特有の
異常に速いペースでの
カット割りと早回しで
どんどんテンションが
上がってくる。

そんなサイレント映画の
魅力を再発見させて
くれる本作は明らかに
「アーティスト」より
上手だと言えよう。

関連記事

【ネタバレなし】「3月のライオン 後編」はやっぱり「男はつらいよ 諏訪博編」だった件

3月のライオン 後編(2017) March goes out like a lamb(2017)

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

“Ç”ブルース・ダーンの若かれし頃「サイレント・ランニング」

サイレント・ランニング(1972) Silent Running(1972) 監督:ダグラス

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

【ネタバレなし】『探偵はBARにいる3』これぞお正月、クリスマス、大泉洋映画だ!

探偵はBARにいる3(2017) 監督:吉田照幸 出演:大泉洋、松田龍平、北川景子、 前田

続きを読む

「トゥー・ラバーズ」ホアキン・フェニックスがドストエフスキー感を醸し出す…

トゥー・ラバーズ(2008) TWO LOVERS(2008) 監督:ジェームズ・グレイ

続きを読む

“Ç”自主法政祭・Ⅱ部映画研究会の作品を観た「球形の残像」

自主法政祭終了 昨日で4日間にわたる自主法政祭 が終了しました。 我が北欧研究会NORDI

続きを読む

【TIFF2017】『マリリンヌ』A・デルミー女優賞受賞も納得のトラウマ人生劇

マリリンヌ(2017) Maryline(2017) 監督:ギヨーム・ガリエンヌ 出演:ア

続きを読む

“Ç”ブンブンのオールタイムベスト映画「MOMMY/マミー」ドラン最高傑作!

新宿武蔵野館で「MOMMY/マミー」を観る 19歳にしてカンヌを制した天才グザヴィエ・ドラン

続きを読む

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」:「ピクセル」の20倍面白いその訳とは?

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド& ゴーストwithレジェンド

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑