*

「マジック・マイク XXL」続編だからって侮るなかれ!貴方は立/勃たずにはいられない!

「マジック・マイク XXL」続編だからって侮るなかれ!貴方は立/勃たずにはいられない!

マジック・マイクXXL(2015)
MAGIC MIKE XXL(2015)


監督:グレゴリー・ジェイコブズ
出演:チャニング・テイタム、
マット・ボマー、
ジョー・マンガニエロetc

評価:85点

今まで観ず嫌いしてきた作品がある。それは「マジック・マイク XXL」だ。2012年に巨匠スティーヴン・ソダーバーグが手がけた男性ストリッパー映画、いやチャニング・テイタム実録ドラマ「マジック・マイク」。日本でもBunkamuraル・シネマ等で上映され、女性客を発狂させるほどのクールでドープな演出でカルト的に話題となった。ブンブンも嵌まった一人で、劇中座っているのがキツい。スクリーンに飛び込んで、チャニング・テイタムたちにおひねりを投げつけたくなるような傑作だった。

そんな傑作「マジック・マイク」の続編、しかも監督はソダーバーグの右腕なものの監督経験は浅いグレゴリー・ジェイコブズと聞いて、また予告編が微妙だったのも受け、「これって地雷作では?」とずっと毛嫌いしていました。今回Netflixにアップされていたので意を決して観たのだが、これが大傑作であった…

「マジック・マイクXXL」あらすじ

ストリッパーを引退したマイクは念願の家具ビジネスで生計を立てていた。そんな彼の元にターザンから連絡がある。マートル・ビーチで開催されるストリップ大会に出場するため、彼を必要としていたのだった。しかし、マイク達に立ちふさがる壁。それは「若さ」。彼らはもう年。レディ達を魅了するためには新たな「強み」を必要としていた。いままで通り「消防士」や「KISS」の音楽で盛り上げるだけで良いのか?彼らは旅を通じて、老いを、今までの自分を乗り越えていく…

マッチョ版「ラ・ラ・ランド」だ!

ネット上を観ると、微妙な反応で包まれているのだが、ブンブンにとっては場外ホームラン級にステキなマッチョ映画でした。確かに、本作は前作のように、わかりやすいクールでドープなダンスシーンはありません。後半30分まで、非常に地味で地味だ。しかし、これぞ正しい続編だ!前作で華やかすぎる。青春の終わりを遂げたチャニング・テイタムに同じようなことをさせては二番煎じなのだから。

本作は、クリエーターとして、エンターテイナーとしてどうあるべきかを突き詰めることで、前作からの成長を辛辣に描いている。まず、全編通して辛いムードが立ちこめます。ストリッパー時代の仲間との再会。大会出場という新たな夢。きらびやかな描写に包まれている。なんだけれども、「俺たちはもう若くない」「これまでの演目で良いのか」とずっと苦悩している。今まで通り「消防士」や「KISS」の音楽で盛り上げれば、お客さんにウケる。しかし、本当に自分がやりたい演目ではない。もっと斬新で、フレッシュで若々しい何かをやってみせたい!そういうクリエイターとしての「悩み」が描かれているのだ。

そう、これはマッチョ版「ラ・ラ・ランド」。「ラ・ラ・ランド」も全編クリエイターとしての苦悩を華やかな描写の中にねじ込んだ作風で、賛否両論真っ二つに分かれた。本作もそうだ。ものづくり、クリエイターとして活動したことがある者にとって涙なくして観ることができない作品。前半からブンブンは座っていられなくなり、立ちながらこの「マジック・マイクXXL」を観た。

そして、最初の見せ場でブンブンは号泣。そしてラスト30分の、「えーーーー!」と驚きの連続連続にこれまたおひねりを投げつけたくなった。マッチョ達の徹底したサービス精神、甘美な言葉でレディ達を魅了する。俳優達は、映画俳優としてではなくエンターテイナーとしてやってのける。なんて贅沢な時間なんだろう。これを劇場で観ることのできなかったブンブンは非常に後悔した。

「マジック・マイク」「マジック・マイクXXL」スタンディング強制上映、絶叫上映があったら是非行ってみたい。新文芸坐よ是非企画してくれ!

もうこの記事を読んで、興味を持った方は、本作を立/勃たずに観ることはできないであろう。

全力でオススメする一本です。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”留学前に留学映画「スパニッシュ・アパートメント」

留学前にどうしても観たかった映画があった。中2の時に留学したくなるきっかけを作った作品だ。 その

続きを読む

“Ç”明日!第87回アカデミー賞受賞発表! ブンブンの予想MATOME

アカデミー賞発表間際! ついに明日2/23(月)の9時からアカデミー賞 授賞式が始まりますね~

続きを読む

“Ç”しゃべる爆弾君に、ビーチボール型えいりあん…「ダーク・スター」

ダーク・スター(DARK STAR) 監督:ジョン・カーペンター 出演:ダン・オバノン、ブラ

続きを読む

“Ç”暑苦しい檀一雄の半生「火宅の人」

火宅の人 監督:深作欣二 出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子etc 学校の授業で、

続きを読む

「ZOO(ピーター・グリーナウェイ)」食事中にゼッタイに観ないでください!

ZOO(1985) 監督:ピーター・グリーナウェイ 出演:アンドレア・フェレオル、 ブライ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】「ヒメアノ~ル」濱田岳以外キチガイ!V6森田剛がぁぁぁあああ!

ヒメアノ~ル(2016) 監督:吉田恵輔 出演:濱田岳、森田剛、ムロツヨシ、 佐津川愛美e

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想8:長編ドキュメンタリー賞

短編賞は割愛 今日で予想を最後にします。 というのも、残された短編映画 どれも観ていないし、

続きを読む

“Ç”「ロブスター」リア充or非リア充?カンヌを制したエクストリーム婚活ムービー

ロブスター(2015) THE LOBSTER(2015) 監督:ヨルゴス・ランティモス

続きを読む

“Ç”竹内力現る「ターナー、光に愛を求めて」

「MR.TURNER」 監督:マイク・リー 出演:ティモシー・スポール、 ドロシー・アトキ

続きを読む

“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集

大人気コラムの舞台「くらら劇場」閉館 当ブログで半年以上に 渡りBuzzっている カルト記

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑