“Ç”マッドマックス時代を予言?「落下の王国」13カ所の世界遺産について

落下の王国(2006)
THE FALL(2006)

落下の王国

監督:ターセム・シン
出演:リー・ペイス、カティンカ・ウンタルーetc

評価:80点

聴講しているゼミの
最後の授業で観た作品。
6年ぶりに観たのだが、
映画オタクには溜まらない、
そして世界遺産好きには
溜まらない作品だ。
なんたって、
2時間足らずの中で
世界24カ国以上、
世界遺産13件、
その他ウユニ湖や
スペインのラ・マンチャの
風車など様々な遺跡を
冒険できる作品なのだ。

そして、製作当時2006年に
しては未来を予見したかの
ような非常に斬新な作品でした。

「落下の王国」あらすじ

サイレント時代のスタントマンが、
大けがを負い病院暮らしをしている。
自暴自棄になり自殺しようと考えた
彼は、少女を捕まえておとぎ話を
語ることで彼女に
モルヒネを持ってこさせようとするが…

ロケーションの良さを前面に押し出す

2000年代のファンタジー映画は
コンピューターグラフィックスに
依存していた時代と言えよう。
特に2006年はその全盛期であり、
「スター・ウォーズ」アナキン3部作
や「マトリックス」3部作

なんか、全面グリーンバック
撮影が使われていた。

しかし、本作はそれに疑問を投げかける。
最先端技術はあくまで作品の
フォローに回し、しっかりロケを
することでリアリティのある
映像が作れるのではと監督は
膨大なロケにより4年をかけて製作した
作品だ。

その手法はここ数年ブームとなり、
「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」
や「レヴェナント:蘇りし者」
など
CGに頼らず過酷なロケでもって
躍動感やリアリティを膨らませ、
観客に驚きと感動を与える技法と
して使われるようになった。
「落下の王国」はある意味2006
年の時点で10年後の
映画を予想していたのかもしれない。

3大喜劇王への愛

そして本作がベースとしているのが
チャールズ・チャップリン、
バスター・キートン、
そしてハロルド・ロイド

3大喜劇王の作品だ。

この時代のサイレント映画は、
文字通り音がないため、
激しいパフォーマンスで
観客を魅了する必要があった。
劇中にも一瞬登場するが
汽車に轢かれるスリルを
演出した
「キートンの大列車追跡」や、

ジャッキー・チェンの
「プロジェクトA」の時計台の
シーンでオマージュを捧げられた
「ロイドの要心無用」
などが作られた。

本作は表向きファンタジーだが、
裏ストーリーは、
彼女に振り向いて貰おうと
必死になるあまり無茶な
スタントをし怪我、
失意から如何にして
脱却するかという話だ。
喜劇王のハロルド・ロイド
ですら親指と人差し指を
ロケで失った。
過酷なロケでの犠牲を
描いた話なのだ。

そう考えると、ラストの感動的な
オチ。「自分の力で乗り越えてなくね?」
と思ってしまうのだが、
それでも目の付け所、
作品スタイルは
今でも驚くところが多い。

登場する世界遺産

トルコ

「イスタンブル歴史地区」

チェコ

プラハ

プラハの歴史地区

イタリア

コロッセオ

「ローマ歴史地区」
「ティヴォリのハドリアヌス別荘」

インド

「タージ・マハル」
「ファテープル・シークリー」
「アーグラ城」

カンボジア

「アンコールワット」

中国

「万里の長城」

ナミビア

「トワイフェルフォンテイン」
「ナミブ砂漠」

エジプト

「メンフィスのピラミッド地帯」

フランス

パリ

「パリのセーヌ河岸」

本作では世界24カ国以上
(監督自身
あまりにも多くロケしすぎて
詳しい訪問国数はわからないらしい。
上記の国以外ではアルゼンチン、
スペイン、ボリビア、
インドネシアなどが登場)
世界遺産は上記13件が登場するわけだが、
本当に贅沢過ぎる。

なんたって、たった数十秒の為に
イタリアのハドリアヌス別荘という
マニアックな遺産を撮りに行き、
万里の長城なんて1秒しか映らない。

そして、世界遺産だけでなく
ボリビアのウユニ湖
(実は世界遺産ではない)
や中国の漓江など
秘境をメインに訪れており
良い意味でも悪い意味でも
豪勢である。

本作を観た後はきっと、
旅したくなるであろう。
ブンブンはインドに
行きたくなったぞ~

特に階段井戸のチャンド・バオリ
に行きたくなったぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です