*

【夏休み映画特集 ネタバレ】「江ノ島プリズム」こっこれは!「時をかける少女」のぱくりやん!

【夏休み映画特集 ネタバレ】「江ノ島プリズム」こっこれは!「時をかける少女」のぱくりやん!

江ノ島プリズム(2013)

江ノ島プリズム
監督:吉田康弘
出演:福士蒼汰、野村周平、
本田翼etc

評価:20点

先日、Netflixを観ようとしたら、
妹と母親にテレビ権を奪われて、
やむを得ず「江ノ島プリズム」
という作品を観た。
福士蒼汰が出ているとのことだが、
果たして…

「江ノ島プリズム」あらすじ

親友が死に、幼なじみの
女の子の手紙をしっかり
届けることができず悶々としている
修太だったが、ある日
タイムスリップ能力を
身につけたことから
過去を買えようとする…

こっこれは!

ティーンエイジャーにとって、
タイムリープ×恋愛モノは
王道で心を鷲掴みにする。

それこそ、細田守の「時をかける少女」
君の名は。」は大ヒットし、
中高生のボルテージをマックス
レベルにまで押し上げた。

本作は、なななんと!
「時をかける少女」の
ぱくり。オマージュ云々ではなく、
完全なるぱくりとしかいいようのない
作品だったのだ!

まず、男二人と女一人、
それ以外の世界は消えてしまったかの
ような希薄さの中、
みずみずしい青春が紡ぎ出される。

そして、
理科室が重要な「場所」として
描かれるが、
その理科室シーンが、
アニメ版や大林宣彦版と
ソックリなのだ。
カメラワークといい、
セットの構図といい。

そして、
タイムリープを使って過去を変える
代償として記憶を失う
あたりも完全に「時をかける少女」だ。

では、「江ノ島プリズム」が
「時をかける少女」の焼き増し
と考えて観ると、どうも中途半端。

まず、タイトルに江ノ島と
ついているのだが、
江ノ島が完全風景として
使われており、
全然生きてないのだ。
最近流行のご当地映画としても
これは一番あってはならない
ものだ。

そして、今となっては
日本を代表とする役者となった
福士蒼汰や野村周平、
本田翼の演技だが、
これがビミョーなんだ。

特に本田翼の演技が、
女子高生ではなく、
完全女子大生になってしまい、
高校という空間の中で浮いて
しまっているのがよろしくない。

そして、本作はいくら
ファンタジーでも
あまりにもよろしくない場面がある。
それは学校での花火シーンだ。
江ノ島プリズム
夜の学校に忍び込んで、火薬で
導線作って大団円の
ファイヤーイルミネーションって
おい!これは事件だよ!
警察沙汰だよ!
さすがに線香花火ぐらいならまだしも、
ここまで大げさにやっては
ドンビキだw

福士蒼汰のサービスシーンに注目!

江ノ島プリズム
本作は、よっぽど福士蒼汰を
推したかったのだろう。
何かにつけて、
福士蒼汰のヌードシーンがある。
そう、結局「江ノ島プリズム」は
福士蒼汰ファンの欲求を
満たすだけに作られたような
作品でした。

妹よ…私にもっとまともな
作品を観させてくれ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【寅さんフルマラソン㊷】「男はつらいよ ぼくの伯父さん」満男編始まる

男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 吉岡秀隆, 尾

続きを読む

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”「64-ロクヨン-前編」佐藤浩市映画史上最も地獄…

64-ロクヨン-前編(2016) 監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、 榮倉奈々、夏川

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「ELLE エル」バーホーベン×ユペールのレイプ・トラウマ講座

エル(2016) Elle(2016) 監督:ポール・バーホーベン 出演:イザベル・ユペール、 ク

続きを読む

“Ç”あの山崎貴の会心の一撃作「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子etc

続きを読む

【ネタバレ解説】「光りの墓」アピチャッポン監督に質問してみた

光りの墓(2015) Cemetery of Splendour(2016) 監督:アピチャ

続きを読む

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由里子, 池松壮亮,綾野剛et

続きを読む

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

火花(2017) 監督:板尾創路 出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃etc 評価:80

続きを読む

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

万引き家族(2018) 仏題:Une affaire de famille 英題:Shopl

続きを読む

【金熊賞】「私の、息子」ルーマニアのこの親ばか映画がヤバイ!

私の、息子(2013) POZITIA COPILULUI/ CHILD’S POSE(2013

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑