*

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

【アフリカ映画研究】「母たちの村」意外とバレるかバレないかサスペンスの傑作だった件

母たちの村(2005)
Moolaadé(2005)


監督:センベーヌ・ウスマン
出演:ファトゥマタ・クリバリetc

評価:75点

アフリカ映画研究ってことで、セネガル映画の巨匠センベーヌ・ウスマンの遺作「母たちの村」を観てみた。アフリカ映画ってなかなかTSUTAYAでもみかけることが少ないのだが、本作はその中でも入手しやすい作品です。果たして…

「母たちの村」あらすじ

とあるアフリカの村には「女子割礼」という儀式がある。身を清めるために、女性器を切断する。そんな村から6人の子どもが「Moolaadé(保護)」を求め別の村に逃げてきた。村の住人コレ・アルドは家の門に縄をかけ、子どもたちを保護するが…

サスペンスとして一級品

セネガル汚職ものの大傑作「XALA」のセンベーヌ・ウスマンの遺作だが、これまた凄い作品でありました。アフリカに根強く残る宗教的文化女子割礼。宗教的文化故に、現代モラルに合わせてそう簡単に風習を消し去ることなどできない。大人たちは、いままで辛い女子割礼を受けてきた。男尊女卑な社会である上、大人の女性の中にも「私たちもつらい経験したのだから、子どもたちが女子割礼を拒絶するなど許さない」という人もいる。そんな環境の中で、いかに女子割礼から逃れるかをハラハラドキドキさせられる演出で、観客の心を鷲掴みにする。

何といっても面白いのが、冒頭子どもたちが村に逃げてくるシーン。夫に見つかったらマズイ状況だが、運悪く夫が妻の前に現れる。絶体絶命のピンチなのだが、妻たち(一夫多妻制なので何人か妻がいる)は、子どもを上手く背中に隠しその場をしのぐ。この「バレるかバレないか」描写が非常に面白い、上手い!

また、表面上は平和なんだけれども、うっかりすると噂が広がり生きにくくなってしまうムラ社会の息苦しさ、男性社会ならではの女性の息苦しさが画面からビンビンと伝わってきます。アフリカ映画って、全般的に風景や衣装は美しいのだが、その裏に宗教や文化による閉塞感を隠すのに長けているなと感じました。アフリカ映画はなかなか入手困難、視聴困難ですが、魅力あふれる領域だなと感じたブンブンでした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし解説】「エリザのために」ムンジウが裏に隠すルーマニア問題

エリザのために(2016) Bacalaureat(2016) 監督:クリスティアン・ムンジ

続きを読む

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

クールで壮絶な映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」ついに鑑賞! アメリカのカルト映画

続きを読む

【寅さんフルマラソン③】「男はつらいよ フーテンの寅」森崎東版はマドンナ推し

男はつらいよ フーテンの寅(1970) 監督:山田洋次 出演:渥美清,倍賞千恵子, 森川信

続きを読む

“Ç”【試写会】9/22公開「真田十勇士」堤幸彦は日本のエメリッヒだったw

真田十勇士(2016) 監督:堤幸彦 出演:中村勘九郎、松坂桃李、 大島優子、松平健、大竹しのぶ

続きを読む

“Ç”日本の映画館でヒップホップしようぜ!「ワイルド・スタイル」

ヒップホップ界の聖書「ワイルド・スタイル」映画が日本で巡業! 大学でヒップホップのレポートを書

続きを読む

“Ç”ミニシアター系シーズン到来!10月のイチオシ作品!

10月公開のオススメ作品 10月になると東京国際映画祭のシーズン到来、 と同時にミニシアター

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「彼方から」金獅子賞受賞のベネズエラ産ゲイ映画

彼方から(2015) Desde allá/FROM AFAR(2015) 監督:ロレンソ・

続きを読む

【若干ネタバレ】「RANMARU 神の舌を持つ男(中略)鬼灯デスロード編」堤幸彦最低駄作な10のポイント

RANMARU 神の舌を持つ男(中略) 鬼灯デスロード編(2016) 監督:堤幸彦 出演:

続きを読む

“Ç”【ネタバレ解説】「映画 遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」主人公は海馬瀬人!

映画 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS(2016) ↑

続きを読む

【ネタバレ解説】「この世界の片隅に」能年玲奈こと”のん”が覚醒!ムシ描写からみる某カルト映画との共通点

この世界の片隅に(2016) 監督:片渕須直 声の出演:のん、 細谷佳正、稲葉菜月、 小

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑