*

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

【キミにきめた!公開記念】「幻のポケモン ルギア爆誕」ロケット団の純愛映画だった!

劇場版 ポケットモンスター
幻のポケモン ルギア爆誕(1999)


監督:湯山邦彦
出演:松本梨香、
大谷育江、飯塚雅弓、
関智一、山寺宏一、
浜田雅功etc

評価:70点

今週末に劇場版ポケットモンスター第20作目「キミにきめた!」が公開されます(「劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「白き英雄 レシラム」は2作で1作品扱い)。今回の「キミにきめた!」は何といっても、ポケモン好きなら誰しもが知っている、サトシとピカチュウの出会いが描かれるというもの。まるで「STAND BY ME ドラえもん」さながらの原点回帰が伺えます。

Netflixにポケモン映画がアップされていたので、今回は2作目「幻のポケモン ルギア爆誕」を観てみました。これが、非常に切ない物語でしたよw

「幻のポケモン ルギア爆誕」あらすじ

ポケモンコレクターであるジラルダンは幻のポケモンことルギアを捕まえようとしていた。ルギアを捕まえるためにはルギアを呼ぶには火の神ファイヤー、氷の神フリーザー、雷の神サンダーを捕らえる必要がありラピュタさながらの空飛ぶ要塞から、ハンティングをしていた。そんな野望を抱えるジラルダンの前に、サトシが立ちはだかり…

ロケット団の純愛映画

ポケモン映画と言えば、悪役が2組現れる。一組はロケット団。もう一組は真のボスキャラです。ロケット団は「珍しいポケモンや強いポケモンを集めて最強のポケモン軍団を作り、世界征服をする」という目標を立てている。こう聞くと悪の集団だと思うのだが、サトシの前に立ちはだかるムサシ・コジロウ・ニャースは結構良いやつだったりする。「セレビィ 時を超えた遭遇」の時は、暴走したセレビィを鎮め平和を取り戻そうとサトシに協力しようとしている。そんなムサシ・コジロウ・ニャースの良い側面が堪能できる作品が本作と言えよう。

その前に、一つ説を唱えておきたい。それは「ムサシ・コジロウ・ニャースはサトシのことが好きなのでは?」という説です。
本作で、ムサシ・コジロウ・ニャースはひっきりなしにサトシとピカチュウのストーカーをしている。特に野望の邪魔になるからサトシを消すとか、組織からの命令とか、そういう理由ではなく、単純にサトシたちの動向が気になってついていくのです。

そしてロケット団と同じ志を持つジラルダンがサトシの前に立ちはばかると、サトシになんとか振り向いてもらおうと支援をしまくります。サンダーとピカチュウの会話をニャースが翻訳してあげたり、サトシがピンチになると、「俺たちに任せろ!大災害を前に悪も正義もないんだ!」と熱い言葉を投げかけ、全力でフォローするのです。しかも、観ていると、別にムサシ・コジロウ・ニャースはルギアがほしいわけでもないのです。

もうこれは「愛」の物語にしか見えません。サトシは、ピカチュウないしポケモンに愛を捧げているムツゴロウさんもビックリなポケモン愛好家。カスミやフルーラの微かな恋心や好意なんかガン無視するぐらい鈍感な男。そんな彼に、少しでも振り向いてもらおう、自分たちの愛に気づいてもらおうとするムサシ・コジロウ・ニャースの行動に切なくなりました。

正直、本作の悪役ジラルダンが地味過ぎるので、作品としては微妙だったりするのですが、ロケット団の純愛物語として観ると胸熱な物語と言えよう。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”ドローン映画と思いきや格闘技映画「フル・コンタクト」東京国際映画祭にて

フル・コンタクト(FULL CONTACT) 監督:ダビッド・フェルベーク 出演:グレゴワー

続きを読む

【夏休み映画特集】「荒野の千鳥足」誰も襲ってこないのに…怖い

荒野の千鳥足(1971) WAKE IN FRIGHT(1971) 監督:テッド・コッチェフ

続きを読む

【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想

ジャスティン・ティンバーレイク+ ザ・テネシー・キッズ(2016) JUSTIN TIMBERL

続きを読む

“Ç”【ゴーストバスターズ特集】緑のおばけアグリー・リトル・スパッドの変遷

8/11(木)~8/14(日)先行公開 「ゴーストバスターズ」 今月8/11(木)より 先

続きを読む

#15 【業界研究】映画業界~趣味と仕事は一緒にしない方がいいぞ~

業界研究:映画編 当ブログを見ている方なら、 ブンブンが相当な映画ファンだと いうことにお

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ちゃんと推理します「プティ・カンカン(後編)」

プティ・カンカン(2014) P'TIT QUINQUIN(2014) 監督:ブルーノ・デュモン

続きを読む

“Ç”「American Honey」審査員賞受賞記念「フィッシュ・タンク」感想

フィッシュ・タンク(2009) FISH TANK(2009) 監督:アンドレア・アーノルド

続きを読む

【ネタバレ解説】「ぼくとアールと彼女のさよなら」映画ファン必見のサンダンス国際映画祭グランプリ作

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015) Me and Earl and the Dying Gi

続きを読む

“Ç”ミッション:インポww「MISSION IMPOSSIBLE:ROGUE NATION」

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション MISSION:IMPOSSIBLE-ROGU

続きを読む

“Ç”「グッド・ストライプス」一番気になるのは妊婦問題

グッド・ストライプス(2015) 監督:岨手由貴子 出演:菊池亜希子,中島歩 評価:3

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑