*

【アフリカ映画研究】「Samba Traoré」ブルキナファソ映画を観てみた

【アフリカ映画研究】「Samba Traoré」ブルキナファソ映画を観てみた

Samba Traoré(1993)


監督:イドリッサ・ウエドラオゴ
出演:Bakary Sangaré,
Mariam Kaba,
Abdoulaye Komboudri etc

評価:80点

今年はアフリカ映画を攻めようと決めているチェ・ブンブン。そんなブンブンは「」に引き続き、ブルキナファソのイドリッサ・ウエドラオゴ監督作「Samba Traoré」を観ました。本作はベルリン国際映画祭で特別銀熊賞を受賞した作品。果たして…

「Samba Traoré」あらすじ

街で強盗を働き、大金を手にしたサンバは村へ凱旋。好きな女の子と結婚式の準備を始める。しかし、村人の詮索に段々心が耐えきれなくなっていく…

小津安二郎のような作品

小津安二郎映画には殺人みたいな物騒なネタはほとんどないものの、この「Samba Traoré」は小津安二郎映画を彷彿させる人情物語がありました。強盗すれど、殺した人に対し後ろめたさがある。しかし、村人に真実は語れないので笑顔を振りまく。村人も表向きは笑顔だが、「あいつどうやって大金を手にしたんだ」と意地悪に詮索する。笑顔から滲み出る不気味さは「東京物語」に通じるものがあります。

「掟」もそうだったが、イドリッサ・ウエドラオゴ監督作は村社会の窮屈さを描くのが上手い。表向きは平和なんだけれども、常にただならぬ不気味なオーラが流れている。本作の場合、それが顕著に表れていて、音楽も陽気だし、後半の後半になるまで明るいトーンで物語が進むのだが、常時緊張感がビンビンと伝わってきます。

観客は総て知っている。神の目線だからか、スリリング。このスリルさはヒッチコックの「ロープ」さながらでもあります。

アフリカ映画の都市性

発展途上国の映画が世界で権威を振るっている映画祭で勝つジンクスとして、その国の文化を押し出しているかにあります。アフリカ映画の場合、宗教や部族の争いを描いている作品が賞を獲る傾向にある。しかし、ブンブンは果たしてそれでいいのかと思ってしまう。アフリカが都市部で現代劇を撮り、それで賞を獲ってこそ始めてその国の映画技術が認められる、世界に通用することを証明したことになるのではと考えてしまう。

そう考えると、本作は都市部での現代的な活動も描かれており、都市部と田舎のコントラストを利かせていたので、「掟」よりレベルの高い作品だと思いました。是非、機会があれば挑戦してみてください。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

スウェーデン映画「さよなら、人類」:動く絵画から滲め出る笑いレイキャビックBíó Paradísにて

本年度ヴェネチア国際映画祭で 金獅子賞を獲ったのは、 とてもシュールな作品だ。 イニャ

続きを読む

【ネタバレ】「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は実写版グラディウスだった!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017) Guardians of the Ga

続きを読む

【寅さんフルマラソン コラム①】「男はつらいよ」人間関係をまとめてみた

「男はつらいよ」人間関係をまとめてみた ここまで10作紹介してきた「男はつらいよ」シリーズ。こ

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「秘密 THE TOP SECRET」大友啓史、原作はBLのようですよ…

秘密 THE TOP SECRET(2016) 監督:大友啓史 出演:生田斗真、岡田将生、松

続きを読む

【ネタバレ酷評】「トランスフォーマー/最後の騎士王」全米が飽きた!ラジー賞シード権獲得案件

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017) Transformer The Last Knight

続きを読む

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016) CENTRAL INTELLIGENCE(2016)

続きを読む

「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」ショーン・エリスが放つ銃撃戦の美学

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016) ANTHROPOID(2016) 監督

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭に先越されたw「ワイルド・ライフ」

「ワイルド・ライフ」 原題:VIE SAUVAGE 監督:セドリック・カーン 出演:マチュー・

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」サードインパクト発生w

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生(2016) BATMAN v SUPERMAN:D

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ピンクとグレー」NEWS加藤シゲアキの小説×行定勲 実は中島裕翔は…

ピンクとグレー(2016) 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、マキタス

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑