*

【カンヌ国際映画祭特集】「パターソン」ジャームッシュ版深夜食堂※ネタバレなし

【カンヌ国際映画祭特集】「パターソン」ジャームッシュ版深夜食堂※ネタバレなし

パターソン(2016)
PATERSON(2016)


監督:ジム・ジャームッシュ
出演:アダム・ドライバー、永瀬正敏etc

評価:65点

昨年の第69回カンヌ国際映画祭でシネフィルを驚かせたことは、ジム・ジャームッシュが2本も出品していたことにあります。ひとつはイギー・ポップのドキュメンタリー「ギミー・デンジャー(GIMME DANGER)」。そして、もう一つはアダム・ドライバー主演の「パターソン」です。後者に関しては、批評家の星表で「ありがとう、トニ・エルドマン」や「エル ELLE」に匹敵する程の高評価にも関わらず無冠に終わりました。

今回、「パターソン」のDVDを入手したのでウォッチしてみました。果たして…

「パターソン」あらすじ

バスドライバーは毎日通勤時間に詩を考え、そして勤務が終わったらバーに繰り出す。そんな彼の一週間を見てみよう!

ジャームッシュらしくない作品

本作は、いつものジャームッシュ映画のような濃く、ユニークな演出を楽しみにして観ると肩すかしを食らうかもしれません。ジャームッシュ映画と言われなきゃ、分からないほど今回はいままでとは違った作風をしています。非常に地味で、正直ブンブン、ユニークな傑作の多い今年において本作をベストテンに入れるかと聞かれたら微妙なところがあります。

でも!本作は普通の監督がゼッタイ出来ない凄まじい映画です。
なんたって、あらすじが一行で終わるほど、何も起きません。ただただ、バスドライバーの一週間を映すだけという、他の監督が撮ったら間違いなく退屈してしまう内容なのです。

創作の過程が美しい!

そんなミニマムな作品「パターソン」は、人間の細かい気づきを重層的に描くことで深みと楽しみを与えています。

バスドライバーは毎朝、通勤途中に脳内で詩を考えます。

When you’re child
you learn there are three dimentions.
Heght, width, and depts.
Like a shoe box.

あなたが子供だった頃
あなたは3次元があることを学ぶ。
高さ、幅、そして奥行き。
靴箱のように。

隠微ながらも、どこか心に残る詩が、勤務開始直前、勤務中、歩いている時にドンドン紡がれていく。その様子に心地よさを感じます。しかも、詩が生まれる瞬間をジム・ジャームッシュは超絶技巧な脚本で描き出す。しっかりと、妻との会話、道で遭遇した人、さらにバスの車内で乗客が繰り広げる会話が複線となって詩に影響を与えているところが素晴らしい。

確かに、人がモノを創作する際、無意識・意識関わらず、過去の記憶から生み出されますよね。ジャームッシュの洞察力に感銘を受けました。

実は深夜食堂だった!!

そして、この「パターソン」。意外にも「映画 深夜食堂」に近い癒やしも与えてくれます。「映画 深夜食堂」は、その名の通り深夜営業の食堂に集まる人々を描いた作品。相当綿密な脚本でないと退屈してしまいそうな「日常系」映画です。「パターソン」では主人公のバスドライバーが、毎晩ペットの犬を行き連れ(この犬がメチャクチャ可愛い♡)バーに繰り出し世間話をするのだが、このノリが「深夜食堂」に似ている。自称俳優、黒人の双子、そしてセクシーねぇちゃん等。個性的なメンバー達が織りなすタランティーノもびっくり痴話話に癒やされました。そう、これはジャームッシュ版「映画 深夜食堂」だったのです。

永瀬正敏出現!

本作では、「ミステリー・トレイン」で主役を務めた永瀬正敏が謎の日本人詩人役として登場し、バスドライバーに語りかけます。この会話がウィットに富んでいて痺れます。きっと観終わった後、「A ha~」と永瀬正敏のモノマネをしたくなるでしょう。

日本公開は?

そんな「パターソン」、日本公開は8/26(土)です。ちなみにイギー・ポップのドキュメンタリーは9/2(土)及びカリコレ2017にて上映されるので、是非ウォッチしてみてください!!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「デスノート Light up the NEW world」みんな、叩き過ぎよ!ハリウッドに負けない傑作なり!

デスノート Light up the NEW world(2016) 監督:佐藤信介 出

続きを読む

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE) 監督:エドワード・ズウィック 出演:

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

“Ç”ハンガーゲームの次はコレだ!「メイズ・ランナー」

メイズ・ランナー(THE MAZE RUNNER) 監督:ウェス・ボール 出演:ディラン・オ

続きを読む

“Ç”フランスのミニシアターles 400 coups

学校の街探検で、噂に聞いていた ミニシアターles 400 coupsを 発見しました(≧∇

続きを読む

“Ç”「わたしはマララ」ノーベル平和賞最年少受賞者のアカデミー賞有力ドキュメンタリー

わたしはマララ(He named me Malala) 監督:デイビス・グッゲンハイム 出演

続きを読む

“Ç”【訃報】イラン映画の巨匠アッバス・キアロスタミ死去 追悼で観たい映画3選

7/4(月)、キアロスタミ癌に敗れる カンヌ映画祭、ヴェネチア映画祭を 受賞し、イラン映画にニュ

続きを読む

「バイオハザード:ザ・ファイナル」発声上映希望な程ギャグ映画、ミラ・ジョヴォヴィッチ強すぎww

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016) Resident Evil: Final Chapte

続きを読む

“Ç”【したこめ】坂本頼光による「子宝騒動」日本のドタバタコメディは凄い!

子宝騒動(1935) 監督:斎藤寅次郎 出演:小倉繁、出雲八重子etc 評価:75点

続きを読む

“Ç”カンヌ映画祭2015開幕!コンペ予告編も公開!

カンヌ映画祭2015開幕! どこの映画祭よりも変な映画、 未来の巨匠を生み出すと ブンブンは感

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【酷評】『GODZILLA 怪獣惑星』が実質『パシフィック・リム:アップライジング』の続編だった件

GODZILLA 怪獣惑星(2017) 監督:静野孔文,瀬下寛之

【解説】『エンドレス・ポエトリー』はホドロフスキー版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』だ!

エンドレス・ポエトリー(2016) 原題:Poesia Sin Fi

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑