*

【ジョナサン・デミ追悼】「メルビンとハワード」PTAべた惚れの傑作

【ジョナサン・デミ追悼】「メルビンとハワード」PTAべた惚れの傑作

メルビンとハワード(1980)
Melvin and Howard(1980)


監督:ジョナサン・デミ
出演:ポール・ル・マット,
ジェイソン・ロバーズ,
メアリー・スティーンバージェンetc

評価:95点

先日、ジョナサン・デミ監督が亡くなったってことで、日本未DVD化の「メルビンとハワード」を輸入して観ました。本作は、あの鬼才ポール・トーマス・アンダーソンがべた惚れした作品。長編デビュー作「ハードエイト」のインスパイア元として使用され、以後基本的に毎作オマージュを入れる程の愛されっぷりです。ポール・トーマス・アンダーソン好きのブンブンはMUST WATCH作とのことなので味わって観ました。

「メルビンとハワード」あらすじ

大富豪ハワード・ヒューズから相続人に指名されたメルビン・デュマーの体験談を映画化。冴えないトラック運転手のメルビンは、夜な夜な道で倒れている老人を見つける。病院に連れて行くことを拒むその訳あり老人を朝まで介抱し別れる。しかし、実はその老人、あの大富豪ハワード・ヒューズで…

ステキ過ぎる人情ドラマ

本作は、まるで「男はつらいよ」を思わせる厚い人情ドラマでありながらも、タク・フジモトの超絶技巧カメラワークがカッコイイ作品でありました。

おつむは弱いが優しい男がハワード・ヒューズを助けてから、10分近くトラックの中でストーリーが進行する。今となっては「人生タクシー」や「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」など車の中だけで映画の面白さを引き出す技術が確立させれきたが、当時としてはここまで長時間車の中だけで物語を進めるのはなかっただろう。そして、この冒頭10分のやり取りあってこその「メルビンとハワード」。まるでコントのような掛け合いに爆笑と心がほっこり温まる人情の厚さに感動を覚える。

主人公メルビンはおつむが弱いが人情厚い男。老人ハワードを元気づけようと、歌を歌うのだが、これが下手すぎる。ハワードも嫌がる。ジェネレーションギャップもあり会話がとことん噛み合わない。それでもメルビンは明るくハワードの心を癒やそうとする。なんていい男なんだと感動する。

そして、ハワードと別れたあと1時間ぐらいは、ずっとメルヴィンの冴えない生活が映し出される。しょうもなさすぎて笑えると共に、あまりにしょうもなさすぎて哀しくなってくる。

だからこそ、ハワード・ヒューズから相続人に指名されたときのメルビンに切なくなり心が締め付けられる。最後の最後までメルビンは良い奴だった。良い奴過ぎてかわいそうに思えた。

一見、通俗なコメディに見えて、映像作りで真似したくなるような構図が多い(というよりも、ポール・トーマス・アンダーソン映画の構図そのもの)。そして、通常だったら映画にすらならないようなメルビンとい一人の冴えない人生に観客は没入させられる。凄い!素晴らしい!大切にしたい一本でした!

ジョナサン・デミ監督作品記事

【ジョナサン・デミ追悼】「メルビンとハワード」PTAべた惚れの傑作
【ジョナサン・デミ追悼】遺作「ジャスティン・ティンバーレイク+ザ・テネシー・キッズ」感想
【ジョナサン・デミ追悼】「ストップ・メイキング・センス」トーキング・ヘッズの凄さを100倍返し!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「ハードコア」主人公は君だ!ロシアのエクストリームFPS映画が凄かった件!

ハードコア(2016) HARDCORE HENRY(2016) 監督:イリヤ・ナイシュラー

続きを読む

“Ç”リオ五輪まであと2週間!ブラジルの桃太郎「マクナイーマ」を観る

マクナイーマ(1969) MACUNAIMA(1969) 監督:ジョアキン・ペドロ・デ・アン

続きを読む

【ネタバレ解説】「何者」2017卒就活生が激白!本作が等身大過ぎる10のポイント

何者(2016) 監督:三浦大輔 出演:佐藤健、有村架純、 二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生

続きを読む

“Ç”マーティ、イーストウッドの名誉のために奮闘BTTF PARTⅢ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPARTⅢ ↑しろたんが全力でデロリアンの出発を止める...

続きを読む

【ネタバレなし・解説】「沈黙-サイレンス-」遠藤周作の世界を完全再現!全日本人よこれを観よ!

沈黙-サイレンス-(2016) SILENCE(2016) 監督:マーティン・スコセッシ

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映画館では150本以上 観てい

続きを読む

【ラテンビート映画祭】「笑う故郷(旧題:名誉市民)」オスカル・マルティネス、ヴェネチアで男優賞受賞の帰郷コメディ

名誉市民(2016) El ciudadano ilustre(2016) 監督:ガストン・

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭を賑わせたあの作品が公開11月のオススメ映画

「さようなら」「アレノ」「FOUJITA」 東京国際映画祭が終了してしまいました! 見逃した作品

続きを読む

“Ç”出資期間終了まで1週間シュヴァンクマイエル「蟲」クラウドファンディングに挑戦してみた!

鬼才ヤンシュヴァンクマイエル 最後の作品「蟲」 クラウドファンディング開催中 近年、映画監督が

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑